求償権

連帯保証問題について 次の【事例】において、Xは、Yに対して、どの...求償権

急いでいます。
旦那の不倫相手についてです。
この度、旦那がダブル不倫していることがわかりました。
相手の旦那さんはこの事を知らないようです。
私達は離婚はしませんが、相手にもダメージを負ってほしいので慰謝料請求を考えています。
ここで質問なのですが、相手が旦那さんにも知られたくない、慰謝料も通帳は旦那さんに管理されているので払えないと言われた場合どう対応したらいいのでしょうか?相手の旦那さんに連絡して相談するしかないですか?その相手も仕事をしているのに自分名義の口座が無いなんて有り得ないですよね?

弁護士の先生に頼むのが1番です。
必ず和解案に、求償権の放棄をする条項を入れ、これは弁護士を通すと難しくなりますが、夫を含む第三者に口外しないと言う条項を入れ、違反した時の罰則を入れておくと安心かと思います。
ウチは複数いましたが、全員、旦那に相談しないと…と言っていましたが、結局旦那に内緒で弁護士に依頼して来ましたょ。
それでも100??150万ずつの慰謝料を取りました。
私の交渉相手の1人が、似たような事を言って来たので、毎月の分割払いで纏まる所です。
絶対自分名義の口座はあると思うので、旦那さんにバレても、積み立てしてる等と言えば済む事。
分割払いにするなら、強制執行約款認諾付きの公正証書を作成する事をお勧めします。

2017/12/5 01:52:22

回答ありがとうございます。
とても参考になりました。
公正証書の作成の仕方がイマイチわからないのですが、今回たまたま話し合いの場のすぐ近くに公証人役場?があるので相手とそちらへ向かえばいいのでしょうか?>

以前ローン延滞で競売(建物土地)に掛けると銀行から連絡がありました。
購入者は弟ですが、購入後父が(事情は分からず)20分の3の権利で、登記しました。
父が亡くなってこの20分の3を、母、私、弟で相続しました。
弟がだらしがなく、毎月支払っていなくて、延滞が発生しました。
とうとう競売に掛けられ他人様に渡ったのですが、1.争続でもらった権利も、ローン滞納されていれば権利主張することできませんか。
2.ローン残債が多くて、競売金だけでは足りなくて、まだ残債があるから支払ってもらいたいと弟の所に封書が来ていて(以前から来ていたらしく、来ると捨てていた)、この場合、母や私にも、持ち分登記されていますので連帯責任はあるのでしょうか。
3.弟には支払いの能力がありません。
このような場合どうしたらいいでしょうか。
詳しい方よろしくお願いします。

1.は、抵当権設定登記以降に設定した登記事項はすべて抹消されますので、なんの権利主張もできません。
ただし弟に対しては、弟のせいで、大事な財産を奪われることになった所有権者は、失った財産を償えと求めることができる求償権があります。
支払い能力の無い弟に対しては、なんの意味も無い権利ですが。
2.は残債の支払い義務があるのは債務者当人(と保証人)だけです。
登記名義人にはなんの関わりもありませんから銀行は何も言ってきません。
3.は、払いたくても払う金がないなら、どうすることもできないではありませんか。
なにか法的な対処をすると、お金のない人の財布からお金がわいて出てくるなんて魔法の法律はないのですから、銀行も抵当物件を換金して回収しただけで、残りは泣き寝入りです。
弟さんは命まで取られることはありませんし、タイホされて牢にいれられることもありません。
いままで通りのだらしない生活が、こんどは賃貸アパートで続くだけです。

2015/4/27 12:23:44

ありがとうございます。破産させるしかないですか。>

求償権確保の具体例を教えて下さい。

具体例を聞くなら具体的に聞かないといけません。

2013/11/15 10:16:21

スーパーで車のガラスを割られ保険で直す手続きをしました。
そのあと割った日人がみつかり弁償することになりました。
保険は、取り下げるのですか両方支払ってもらえるのですか?

両方から支払いを受けることはできません。
もし、保険会社が支払いをすれば求償権は保険会社に移ります。

2011/7/29 03:36:12

金銭の借り受け人と連帯保証人の契約は出来るのでしょうか?また可能であればどの様な契約書の様式で作成すれば良いでしょうか?

保証委託契約と呼ばれる契約類型でしょう。
連帯保証をすること、求償権や通知事項などについて定めるのが一般的です。
様式はご自由に。

2016/2/18 19:50:55

有り難うございます。形式例を教えて下さい。>

不倫で発生した慰謝料の求償権行使の手順について。
.A男-A嫁(不倫) B男(不倫)A男がB男(不倫)に慰謝料を請求して実際にお金を受け取った後の、B男(不倫)からA嫁(不倫)に対する求償権行使の手順について詳しく教えていただけると助かります。
特に、弁護士は必要か、裁判は必要か、について。
WEB検索もしたのですが、求償権の制度の説明が多く手順はわかりませんでした。
よろしくお願いします。

A夫とA妻が夫婦で、B男がA妻と不貞関係になり、A夫からBが慰謝料請求されたという事案ですね。
A夫からみるならば、A妻とB男の共同不法行為です。
A妻とB男は共同不法行為者同士であり、本件不貞関係の内容について負担部分があるとなれば、求償は可能です。
この場合、B男が実際A妻に求償できるかですが、微妙な点はあります。
A妻が積極的に誘ったとか、A夫がいたとは当初A妻から聞いていなかった等の事情があれば求償も可能かもしれません。
私自身このような求償訴訟をしたことがないので不明な点も多いですが、50%も回収できないように思います。
裁判所もB男には厳しい姿勢で臨むと思われます。

2015/3/11 12:38:24

代位弁済日と時効についてお聞きします。
保証会社が銀行に対して代位弁済をした時点で時効日がきまるのか、銀行が請求し、保証会社が書類を受理した日から始まるのか教えてください。
複数の債務のなかで(住宅ローン)破産で債権者によって代位弁済を受けた日がまちまちです。
平成20年9月競売開始により期限の利益喪失。
銀行より系列保証会社に21年7月9日代位弁済請求書(受理)、保証会社代位弁済7月21日弁済。
この場合、時効開始は7月9日なのか7月21日なのか教えてください。
一般に代位弁済は期限の利益喪失から早い時点での請求だと理解していますが、そのことも教えてください。

何の時効の話かといえば、代位弁済をした保証会社の債務者に対する求償権の消滅時効の話ですよね?であれば代位弁済日がスタートです。

2014/9/3 10:18:33

連帯保証人の求償権ですが、連帯保証人が数名いる場合、主債務者にも対して求償できますか?

>連帯保証人が数名いる場合、主債務者にも対して求償できますか? 求償できます。
債権者A、主債務者B(債務額100万円)、委託を受けた連帯保証人C、Dがいた場合、CがAに100万円弁済したとします。
このとき、CはBに対して100万円全額を求償できます(459条)。
また、Dとの負担部分が平等なら、Dに対しては50万円求償できます(465条1項)。

2013/10/21 20:59:58

連帯債務における「負担部分」と「内部求償しているか、していないか」の負担部分への影響について 再確認 ※求償権が生じても求償しなかった場合には他の連帯債務者の負担部分へは影響を与えない旨ご回答いただいたため ※900万円について3名が連帯債務 ※負担部分は特約なく平等 ①連帯債務者の一人が400万円を履行したが、求償していない場合 ※求償していないので負担部分はA=0、BCはそのまま300ずつと思っていましたが違うのですか? 求償していないのにA=0、BC=250ずつとご回答いただきました ②連帯債務者の一人が200万円を履行したが、求償していない場合 ※求償していないので負担部分はA=100、BCはそのまま300ずつと思っていましたら、求償していないでA=0、BC=300ずつのままと私と同じ回答の旨ご回答いただきました 双方で「内部求償していないのだから他の連帯債務者の負担部分へは影響しない」理念が①・②ご回答で違います ご教示お願い致します。

① 債務額がどうなったか考えてください。
900万円の債務があったのに400万円の弁済があったんだから、債務額は500万円になりますよね。
それをBCが等しい割合で負担しているのですから250万円ずつです。
それから、求償前なので、BCはAに対して50万円ずつ求償債務を負っています。
② そんな回答はしてませんがね。
↓detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013226121...「 A100万円、BとC300万円ずつ、です。
」と明記しています。
質問があったので、この機会に逆質問しますが。



さっきからBAを連続していただいていますが、BAコメントにおいて、どちらが正しいかといえば判例はつど清算型である、とありますよね。
判例が言っているのは、つど清算してもいいと言っているのであって、つど清算しなければならないとは言っていないのですが・・・。
一番簡単なのは、Aが自己の負担部分(債務額の3分の1)である300万円を弁済した場合です。
こんな場合、Aが求償すると本当に思いますか?「俺の分は払ったから、後はよろしく」というのが普通でしょ?この点、どのようにお考えでしょうか。

2014/7/27 19:27:24

連帯保証問題について次の【事例】において、Xは、Yに対して、どのような権利について、どのような契約に基づき、どのような請求をすることができるか。
40字程度で記述しなさい。
【事例】 A(会社)は、B(銀行)より消費貸借契約に基づき金銭を借り受け、その際に、X(信用保証協会)との間でBに対する信用保証委託契約を締結し、Xは、同契約に基づき、AのBに対する債務につき信用保証をした。
Xは、それと同時に、Yとの間で、Aが信用保証委託契約に基づきXに対して負担する求償債務についてYが連帯保証する旨の連帯保証契約を締結した。
AがBに対する上記借入債務の弁済を怠り、期限の利益を失ったので、Xは、Bに対して代位弁済をした。
回答は、Aへの求償権を確保するために、連帯保証契約において保証債務を履行するとなっています。
1、信用保証委託契約とありますが、これは主債務者と保証会社の委任契約ということですか?2、Xは、それと同時に、Yとの間で、Aが信用保証委託契約に基づきXに対して負担する求償債務についてYが連帯保証する旨の連帯保証契約を締結したとあるのに何で、回答では保証債務を履行となってるんですか?連帯保証債務ではないのですか?

1.保証委託契約です。
第459条 保証人が主たる債務者の委託を受けて保証をした場合において、過失なく債権者に弁済をすべき旨の裁判の言渡しを受け、又は主たる債務者に代わって弁済をし、その他自己の財産をもって債務を消滅させるべき行為をしたときは、その保証人は、主たる債務者に対して求償権を有する。
2.履行するのは保証債務です。
連帯保証は保証債務の形態に過ぎず、履行する内容に違いがあるわけではありません。
第454条 保証人は、主たる債務者と連帯して債務を負担したときは、前二条の権利を有しない。
つまり、催告の抗弁権、検索の抗弁権がないだけの話です。

2014/7/18 07:34:01

-求償権

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ