求償権

連帯保証人について教えてください。 仮に5千万円を取り扱う契約など...求償権

東京海上日動火災保険は濫訴を行って存在しない求償権の取立てを行うブラック企業なのでしょうか?何があったかというと、私が自動車で左折中に、対向して右折待ちで完全に停止をしていた、当該保険会社の車両保険に入っていた顧客の自動車がなにをトチ狂ったか右折を始め、左折中の私側の右側面に突っ込んだ事故につき、当該保険会社は当該顧客の修理にかかった全額を私側の不法行為(民法709条)を根拠として請求する訴訟を起こしました。
当該顧客側の道路交通法37条違反(右折者は対向する直進または左折車の進行を妨げてはいけない)には一切触れることなくです。
受け取った訴状yahoo.jp/box/O2akjdyahoo.jp/box/KEvNqVyahoo.jp/box/AY06Y0yahoo.jp/box/TS4yvd補足ちょっと訴訟が不鮮明でしたので、より鮮明なものを載せますtwitter.com/O_H_T_A/status/684603995017510912

既にあなたが加入している保険会社に事故報告して、対応して貰っている案件であれば、保険会社に任せておけばいいことです。
訴えられたからと言って何も慌てる必要はありません。

2016/1/15 18:09:26

民法 398条の3について最判61.7.15で求償債権は譲渡担保によって担保される債権の範囲に含まれないとしていますが何故でしょうか?求償債権を含むことによって得するのは譲渡担保権者か譲渡担保権設定者なのかもよく分かりません。
どうぞよろしくお願いします。

最判61.7.15の具体例で見てみましょう。
事例は、YがXに対して土地の譲渡担保を設定しました。
この土地には根抵当権がついていました。
そこで、Xはこの根抵当権について代位弁済し、Yへの求償権を獲得しました(500条)。
この求償権は、譲渡担保によって担保される債権の範囲に含むか、という問題です。
結論:最高裁はこの求償権は譲渡担保に含まれない、としました。
理由:簡単に言えば、求償権は元々債権者が付けていた根抵当権で担保されているから、譲渡担保の範囲外だ、ということです。
解説:まあ、この代位弁済の求償権は、法定で最初からついていた抵当権で担保されるべきものですよね(501条)。
裁判所は次のように説明しています。
(かっこ書きは補足)「抵当権(根抵当権を含む。
以下同じ。
)の負担のある不動産に譲渡担保権の設定を受けた債権者(Xのことです)は、目的不動産の価格から先順位抵当権によつて担保される債権額を控除した価額についてのみ優先弁済権を有するにすぎず、そのような地位に立つことを承認し、右価額を引き当てにして譲渡担保権の設定を受けたのであるから、先順位の抵当債務を弁済し、これによつて取得すべき求償債権をも当然に譲渡担保の被担保債権に含ませることまでは予定していないのが譲渡担保設定当事者の通常の意思であると解されるからである。
」つまり、最初から抵当権あること知ってたでしょと言ってます。
だから「求償権者としての利益はこれによつて十分保護されるというべきである」として譲渡担保の債権ではなく、元の債権者の抵当権で担保しなさい、と言っているのです。

2016/9/27 19:40:29

お答えありがとうございます!非常に分かりやすく解説してくださったおかげで理解できました!失礼ながらもう1つ質問よろしいでしょうか?ここでは求償債権と譲渡担保によって担保される債権の2つの債権が存在する、ということですよね?ではこのような場合、譲渡担保の債権に求償債権を含まないことによってXは損をしているのか得をしているのかを教えて頂きたいです。>

夫の不倫相手に慰謝料請求するつもりです。
弁護士を雇います。
弁護士から不倫相手に内容証明を送ってもらい慰謝料120万円で慰謝料請求しようと思ってます。
こちらは子供の為に離婚しません。
相手方が夫に対して求償権放棄で半額の60万円で慰謝料納得した場合 最終的に弁護士に払う費用は 決着金額の60万円に対しての報酬金20%ですか?それとも求償権使う前の120万円の20%ですか?着手金は15万円の報酬金20%みたいですが相場でしょうか?弁護士に依頼出来るのがGW明けになりそうでおおまかな費用が知りたいです。
詳しい方宜しくお願い致します。

着手金、報酬金は相場だと思います。
後は着手金無料などの所もあります。
それは事務所によってですね!相手方が求償権を使わないような交渉を弁護士にしてもらえばいいのではないでしょうか?

2017/4/30 09:31:02

保証人の求償権について。
「求償権につき、保証人・主たる債務者間で特約をなすことも可能である。
この特約は弁済による代位により債権者の担保権を行使する際には、抵当権者・後順位担保権者に対して対抗できる。
」とありました。
これは特約が抵当権の登記よりも先であれば担保権を行使する際、抵当権よりも優先して弁済を受けれるという意味でしょうか?

お前,質問をどんどこやっていってるが,せっかく回答してくれた人たちに何も返信しないままやな。
このカテで質問を連投する連中は,大抵が礼儀を知らんが,お前もその一人か?

2017/7/18 17:40:30

申し訳ありません。できるだけ多くの意見をいただきたく、しばらくはベストアンサーを選んでおりません。>

不倫の慰謝料について詳しい方、ご回答願います。
妹(22・独身)が職場の既婚男性(28)と不倫しました。
不倫期間は約半年です。
詳しい経緯は省略します。
相手夫婦(婚姻期間1年3ヶ月、28歳、子無し)は離婚予定で、男性が示談での慰謝料300万を払ったのち、離婚手続きをするようです。
相手の奥さんと妹はそれぞれ弁護士を立てているのですが、奥さんは妹に、弁護士を通して慰謝料を請求するようです。
以上が現状なのですが、ここから質問です。
①奥さんが300万という大きい金額を男性に支払わせ、さらに妹に対して弁護士を通して慰謝料を請求することは可能なのですか?②男性が支払う300万とさらに妹が慰謝料を支払うことは、婚姻期間と不倫期間を見ても妥当な額とは思えないのですが、どうでしょうか?

妹さんへの慰謝料請求は可能です。
でも応じる必要はありません。
裁判まで行けば、判決としては妹さんには支払い義務がないとされるかと思います。
すでに充分に夫から受け取っているからです。
彼は妹さんに求償権を行使して、300万の40パーセント返してよ、と言えますが、多分そんなことをその彼は言わないでしょうね。
彼が離婚したなら、彼と結婚しては?また浮気するかな?

2018/4/26 23:15:26

相手女性が、少しでも妹さんの風評にまで及ぶことをするならば、即弁護士経由で、名誉毀損の訴えを起こすことを通達するようにしましょう。
一度キチンと弁護士に相談したらいいと思います。
ここには多分不倫された回答者が多いのね?不倫に厳しい。
でも日本の民放や判例は不倫に甘い。
私は不倫がそんなに悪くないなんて全く思いません。
事実を書いているだけ。
事実として、妹さんは一文も支払わないでいい。
相手は弁護士料を払って提訴しても、一円も慰謝料を取れないことは、過去の判例から明らかなので、脅すだけで提訴はしないはずです。
気の毒だけど、不倫された側の権利なんてそんなもの、と日本の民法が扱っているのです。
奥様は本当に気の毒です。>

不動産ローンについての質問です。
ローン契約者(債務者)と、その連帯保証人(身内など)がいる場合に、本来なら契約者が毎月の返済をするところですが、実際には連帯保証人が"自主的"に毎月支払っていたとします。
後に、両者の間で何らかのトラブルで権利争いとなった場合、持分はやはり100%契約者となるのでしょうか。
或いは支払い口座への定期的な振込みなど、実質負担していたことが証明できる場合はその限りではないのでしょうか。
よろしくお願い致します。

連帯保証人は債務者本人と同等に債務を履行する義務があります。
抗弁権はありません。
しかし、連帯保証人が本人の為に支払いをしたことで、本人への求償権をもちます。
(立て替えたのだから支払え)この求償権を行使、申し立てし判決を取れば債権の確定がなされますので、それをもって物件の差押えをすればいいのです。
差押え~競売申し立てが可能です。
ただ、名義変更は強制には出来ません。
落札後に配当か、あなたが競落したなら職権で登記されます。

2014/9/9 01:52:45

A は、B に対して 500 万円を貸し付けるとともに、C との間で、B の A に対する貸金債務を主たる債務とする保証契約を締結した。
その後、当該貸金債務は弁済期が到来したが、B はその返済を怠った。
そして、B は弁済する資力がない状態であったにもかかわらず、唯一の財産である時価 500 万円相当の不動産を、その子である D に贈与した。
贈与の当時、D は B が A に対する債務を弁済する資力がない状態であることを知っていた。
その後、A は C に対して、保証債務の履行を請求し、C はこれに応じて 500 万円の保証債務を履行した。
以下の各場合において、C は、B に対して取得した求償債権を被保全債権として、BD 間の贈与契約を詐害行為として取り消すことができるか。
(1)保証契約が B からの委託に基づかないものであった場合(2)保証契約が B からの委託に基づくものであった場合まったくわからないので教えてください補足債権総論の問題です。
よろしければ回答してください。
A は、B に対して 500 万円を貸し付けるとともに、C との間で、B の A に対する貸金債務を主たる債務とする保証契約を締結した。
その後、当該貸金債務は弁済期が到来したが、B はその返済を怠った。
そして、B は弁済する資力がない状態であったにもかかわらず、唯一の財産である時価 500 万円相当の不動産を、その子である D に贈与した。
贈与の当時、D は B が A に対する債務を弁済する資力がない状態であることを知っていた。
その後、A は C に対して、保証債務の履行を請求し、C はこれに応じて 500 万円の保証債務を履行した。
以下の各場合において、C は、B に対して取得した求償債権を被保全債権として、BD 間の贈与契約を詐害行為として取り消すことができるか。
(1)保証契約が B からの委託に基づかないものであった場合(2)保証契約が B からの委託に基づくものであった場合よろしくお願い致します。

まずcの弁済で求償権が生じるが、求償権はサガイ行為後に生じてるためコレを非保全?として424の行使できないしかし、保証人は500にあたるので原債権代位するそうすると、原債権を元に譲渡がサガイ行為の要件に当てはまるなら取り消し可

2018/1/18 19:18:01

連帯保証人の制度について。
確認したいので教えてください。
例として夫の借金の連帯保証人に妻がなった場合とします。
1、夫が返す意図が無い事を貸主に対して伝えたとしたら、妻にそのまま借金の返済が求められる。
2、極論、夫の意思には関係なく貸主は妻に返済を求めても問題は無い。
その場合夫に返す意図があるのなら貸主に対して夫自身が返済する事を伝えて実際に返済すればよいだけ。
このように理解して良いでしょうか?

連帯保証人には、催告の抗弁権(妻が貸主に夫に先に請求せよと言える権利)は、ありません。
貸主に請求されたら、妻は、連帯保証人の義務として全額、返済しなければなりません。
返済した後、主債務者の夫に求償権(妻が貸主に返済した金額を夫に請求して夫から返してもらえる権利)が生じます。
質問者のコメントは、ほぼ、その通りです。

2016/6/21 18:46:36

もう一問A は、B から金銭を借り受けたか?、その際、A 所有の甲土地に抵当権か?設定されて、その 旨の登記か?経由され、また、C か?連帯保証人となった。
その後、C は B に対して A の債 務の全部を弁済し、C の同弁済後に、甲土地は A から D に譲渡された。
この場合におい て、C は、D を相手にして、と?のような権利の確保のために、と?のような手続きを経た上て?、 と?のような権利を行使することか?て?きるか。
40 字程度て?記述しなさい。
これの答えでCは自分の求償権を確保するために裁判上の手続きを経て詐害行為取消権を行使することができる。
だとバツですか?

求償権確保のために、抵当権移転登記を経た上で、抵当権の実行をすることができる。
じゃないですかね。

2017/11/3 20:36:11

うーん、やっぱりそれなんですかね涙回答にもそうやって書いてありました。>

連帯保証人について教えてください。
仮に5千万円を取り扱う契約などの際に本人以外の連帯保証人が必要になるとします。
本人が支払いを逃れる為に雲隠れした場合、連帯保証人が全て責任を背負うことになるとは思うのですが・・・連帯保証人が5千万円、全ての責任を果たした場合、本人を見つけ出し5千万円を請求することって可能なのでしょうか?また雲隠れした人間を見つけ出すことって可能なのでしょうか?

1.主債務者に対する求償権が発生しているので、代位弁済金額(5000万円)は請求できます。
2.情報の有無、親族や友人の協力度等の状況によりますので、何とも言えません。

2015/8/28 17:19:52

回答ありがとうございます。>

-求償権

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ