求償権

求償権を使いたいが・・・ 連帯保証人の立場です。 友人の住宅ローン...求償権

SはGに対して、3000万の債務を負っている。
以下の場合弁済者による代位の割合はどのように定められるか。
①AとBがSのGに対する債務の保証人となっていたところ、Aが上記債務額全額を弁済した場合。
②AとBがSのGに対する債務の保証人となり、かつ、CとDがSのGに対する債務を担保するため、それぞれその所有する不動産(C所有の不動産4000万円、D所有の不動産2000万円)に抵当権を設定していたところ、Aが上記債務全額を弁済した場合。
①に関しての質問です。
・保証人のみが複数いる場合頭数で割るのでAとBがそれぞれ1500万円負担するという認識で合ってますか?・この場合Aが債権者になるのですよね?・AがBに対して1500万の求償権をもっているのですか?・Aは主たる債務者Sに対しても求償できますか?②に関しての質問です。
・保証人と物上保証人がいる場合は、保証人に関しては全体の頭数で割り、物上保証人は保証人の負担部分を除いて各財産の割合に応じて負担するという認識で合ってますか?・501条の「各財産に応じて~」とは各財産の割合に応じてという認識でいいですか?・その認識だとAとBが750万円ずつ、Cが1000万円、Dが500万円になりますが、この場合Aが自分の負担分を除いたBCDに対してそれぞれの負担分を求償できるのですか?・同じ質問ですが、AはSに750万円を求償できますか?質問を羅列する形になって読みにくいかもしれませんがよろしくお願いします。

1.①に関して おっしゃるとおりです。
AがBに対して1500万円の求償権という債権を有します。
またSにも全額3000万円の求償ができます。
2.②に関して 本件の例でいえば、「3000万円÷4×2=保証人達の分の合計」、ということで1500万円をABで分けることになり750万円づつですね。
また、物上保証人には2対1の各財産の割合に応じて分配し、Cが1000万円、Dが500万円になります。
そして、Aが全額弁済した場合には、自分の負担分を除いたBCDに対してそれぞれの負担分を求償できます。
>AはSに750万円を求償できますか? ★ここだけ違います。
Aは全額3000万円の求償をSに求めることができます。

2017/7/31 16:27:52

求償権の相殺について教えて下さい。
A社とB社はお互い物上担保を提供しあっていました。
A社が、経営困難になりB社の物上担保を金融機関が抑え代位弁済。
その後、A社は破産。
管財人はA社の資産を清算しようとします。
その際、B社への物上担保も対象になり売却。
財団は、B社に対し求償権を行使。
B社は、代位弁済もし求償権も行使されている状態に陥るはずです。
こういった場合、求償権の相殺はできないでしょうか?管財人は、破産前と後で別の債権になるといいますが、お互い担保提供しあったのは遠い昔ですし、納得いかないという心境です。
ご意見お聞かせ下さい。
弁護士にも相談しています。
一般的にどうなるのかお聞かせ下さい。
補足具体的にどこがおかしいのでしょうか?

内容が理解できないところがあるが、代位弁済したときに相殺できる状態になったと思われる。
civilpro.law.kansai-u.ac.jp/kurita/hasan2/lecture/sosai.html破産管財人の弁護士は、破産財団を多くしようと、グレーゾーンを認めない傾向にある。
銀行預金などは、破産後に相殺できるとされている。
他の弁護士などに相談を。

2013/4/25 10:28:14

住宅ローン審査の厳しさ。
都銀>地銀>信金と聞きますが、本審査においては・・よく銀行の住宅ローン審査では都市銀行に比べ地方銀行や信用金庫の方が甘いと聞きますが、それは銀行が行う仮審査のみにおいて言える事ではないのでしょうか?本審査は保証会社が行うわけで、そこでは甘い厳しいもない世界のように思えるのですが・・・でもだとしたらどこで申し込もうと同じになります。
一体どういう事でしょう。

融資審査のポイントはいくつかありますが、住宅ローンの場合は安全性(返済が可能かどうか)、それから担保価値が主要ポイントといえます。
ローンはパッケージ商品ですので、一応の審査基準はどの金融機関にも存在するかと思います。
保証会社が行う本審査が甘いとか厳しいとか、という点ですが、むしろ「許容範囲がどの程度あるか」と言う方が適切かもしれません。
金融機関がローンの貸出を行い、保証会社が保証する、借入人が支払不能になった場合、金融機関は保証会社から代位弁済を受ける。
そして、保証会社が求償権債権を取得して、借入人に支払を請求するという流れは理解されてるでしょうか。
まあ、通常は借入人が払えるわけない状態ですから物件を処分、残った債権は貸倒になるというのがオチですね。
金融機関であろうが、保証会社であろうが、当然ある程度のロスというのは最初から考えているわけです。
そして、過去の莫大な取引事例のストックから審査基準にどの程度の許容範囲を持たせるかというのも各々の金融機関なり、保証会社が持っているということです。
大手と中小でしたら、同じ金額のロスが生じた場合、どちらが受ける打撃が大きいでしょうか?当然中小ですよね。
そう、だからこそグレーな案件に対しては中小金融機関の審査の方が厳しいと感じるのではないでしょうか?保証会社を自分のグループ会社で持っている大手金融グループと、共同で設立した保証会社に保証を委託している金融機関とではやはり保証審査のスタンスの違いというものはある程度存在すると思いますよ。
少々細かい話になってしまいますが、大手金融グループであれば銀行本体と関連保証会社が別会社とは言っても、グループの連結決算を考えてしまえば一体ということになりますからね。
それと最後に1点だけ、保証会社が提示する保証料率がローン申込人によって異なることはご存知ですよね。
ここでリスクを少し回避しているとも言えます。
また保証料を金利に組み込むのを許容するケースと一括前払いでないと保証しないケースがあります。
これらは保証会社が代位弁済する際の資金確保をどう考えるのかということにも関わっているわけです。
以上、ご参考まで。

2012/2/23 22:27:19

民法:委託保証人の事前求償権「債務者が破産手続開始の決定を受け、かつ、債権者が破産財団の配当に加入しないとき」に委託保証人の事前求償権が認められているのは何故でしょうか?

まず,注意が必要なのは,民法460条1号の「債権者」には,事前求償権を有する保証人も含まれるということです。
主たる債務者が破産した際には,委託を受けた保証人も,破産債権者(「破産者に対する債権者」という意味です)として破産手続に参加することができ,配当に加わることができるからです(破産法103条4項)。
つまり,委託を受けた保証人は,破産債権と求償権という2つの権利を行使し得る立場にあることになります。
そして,破産債権と求償権は一応別の権利ですが,実質的には同じ経済目的を有する債権ですので,二重に行使することを認めるべきではありません。
そこで,委託を受けた保証人が破産債権を行使する場合には,求償権の行使は認めませんよ,というのが民法460条1号が定めている内容なのです。
破産法の知識が必要ですので,ちょっと難しいですよね。

2011/4/24 09:44:33

同棲している彼女に妻が慰謝料を請求しました。
妻に慰謝料請求を取り下げさせるために「このまま慰謝料請求を取り下げないでいると彼女が私に慰謝料請求するよ。
そうなれば私の職場にもバレる。
私は職を失う。
結果子供の学費出せなくなるよ」と言うのは脅しになりますか。

「彼女が私に慰謝料請求」というのは求償権のことなの?あなたか「彼女」か、どっちが払うことになっても「慰謝料」を受け取る権利があるのは「奥さん」だよね。
「不倫同棲」となると悪質だし、不倫を続けてるなら何度でも請求できるからあなたが失業して払えなくても、慰謝料なら彼女さんの給料を差し押さえできるよ。
不倫がバレるとクビになるような勤め先だったら「不倫同棲」の時点でクビなんじゃない?あなたに対しては「婚費分担金」の請求がこれから来るし、まぁ頑張って働こうね。

2018/4/9 14:09:19

賃貸物件を借りて火災保険(借家人賠償責任特約)に入らない人というのは、よくいるのでしょうか。
賃貸人の側としてはそういう借主でも家賃を支払ってくれる限り、よいお客さんということになるのでしょうか。

はじめまして火災保険コンサルタントの浅井と申します。
私見として、大家さんが適正に火災保険を付保されておれば、賃借人は「借家人賠償責任保険」に加入する必要はないと思っています。
万一、賃借人の過失により火事を出しても、大家さん加入の火災保険で支払われます。
賃貸物件に対する火災保険には「求償権放棄条項」が付帯されますので、保険金を支払った後に保険会社から出火元の賃借人に求償されることはありません。
ご存知のように多くの場合、賃借人が加入を義務付られている保険は「家財に対する火災保険」、「借家人賠償責任保険」、「個人賠償責任保険」がセットになった保険です。
家財の火災保険は大家さんには関係なく賃借人ご本人の問題です。
「借家人賠償責任保険」では火災事故に関しては上記のように不要と思いますが、商品によってはお部屋の破損・汚損損害も補償されるのもありますので、この補償を求めるのであれば一概に不要とは言えませんが。
「個人賠償責任保険」も2階を借りている方が不注意で水漏れを起こし、階下の方の家財に水濡れ損害を与えた場合、役に立ちますので、この保険も賃借人には必要ともいえます。
私は水漏らしでの階下への賠償責任が生じるようなケースを除いて、「家財に対する火災保険」、「借家人賠償責任保険」、「個人賠償責任保険」の加入は自由ですよと言うのもセールスポイントではないかと思っています。
尚、「借家人賠償責任保険」、「個人賠償責任保険」は単独では加入できません。
火災保険に付帯する必要があります。
以上ご参考にしていただければ幸いです。

2014/1/28 10:48:12

民法・異時配当について教えて下さい。
債権者A…甲、乙不動産に共同抵当権債権者C…甲不動産に2番抵当権甲不動産…債務者B所有乙不動産…物上保証人所有「このような状況で、債権者Aが甲不動産だけを競売にかけて、債権者Cが優先弁済を受けれなくなったとしても、Cは、Aの乙不動産に対する抵当権に代位できない」この解釈でよろしいでしょうか?392条2項は、本来は同時配当すべきなのに、異時配当されてしまい、不利益を受ける後順位抵当権者を保護することを目的としていると解釈してましたが、「本来は債務者が弁済をすべきだから、甲不動産だけを先に競売にかけても、不自然ではない」こんな感じの考え方でよろしいのでしょうか?以下の判決文の解釈に困ってます。
分かりやすい解釈の仕方をご教授頂けたら幸いです。
よろしくお願いします。
「乙不動産が第三者の所有であつた場合に、たとえば、共同抵当権者が乙不動産のみについて抵当権を実行し、債権の満足を得たときは、右物上保証人は、民法五〇〇条により、右共同抵当権者が甲不動産に有した抵当権の全額について代位するものと解するのが相当である。
けだし、この場合、物上保証人としては、他の共同抵当物件である甲不動産から自己の求償権の満足を得ることを期待していたものというべく、その後に甲不動産に第二順位の抵当権が設定されたことにより右期待を失わしめるべきではないからである(大審院昭和二年(オ)第九三三号、同四年一月三〇日判決参照)。
これを要するに、第二順位の抵当権者のする代位と物上保証人のする代位とが衝突する場合には、後者が保護されるのであつて、甲不動産について競売がされたときは、もともと第二順位の抵当権者は、乙不動産について代位することができないものであり、共同抵当権者が乙不動産の抵当権を放棄しても、なんら不利益を被る地位にはないのである。
したがつて、かような場合には、共同抵当権者は、乙不動産の抵当権を放棄した後に甲不動産の抵当権を実行したときであつても、その代価から自己の債権の全額について満足を受けることができるというべきであり、このことは、保証人などのように弁済により当然甲不動産の抵当権に代位できる者が右抵当権を実行した場合でも、同様である。
」(www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=54013)

問1 「このような状況で、債権者Aが甲不動産だけを競売にかけて、債権者Cが優先弁済を受けれなくなったとしても、Cは、Aの乙不動産に対する抵当権に代位できない」 この解釈でよろしいでしょうか?答1 その解釈でよろしい。
※大審院昭和4年1月30日判決民法392条2項は,債務者所有の数個の不動産上に共同抵当が設定された場合について定めたものであり,第三者所有の不動産が債務者所有の不動産とともに共同抵当の目的物となっている場合には適用されない。
問2 392条2項は、本来は同時配当すべきなのに、異時配当されてしまい、不利益を受ける後順位抵当権者を保護することを目的としていると解釈してましたが、「本来は債務者が弁済をすべきだから、甲不動産だけを先に競売にかけても、不自然ではない」 こんな感じの考え方でよろしいのでしょうか?答2 「共同抵当の場合には同時配当が原則」などというルールはどこにも規定されていない。
問3 以下の判決文の解釈に困ってます。
分かりやすい解釈の仕方をご教授頂けたら幸いです。
答3 答1の判例と,下記のことを念頭に判例を読み込んでください。
●優先順位①甲乙不動産の第一抵当権者(共同抵当者)A②Aのために抵当権を設定した物上保証人C:後順位抵当権者によって求償権(372条・351条)への期待を害される理由は無い。
③甲不動産の第二抵当権者D④AとDの債務者B【民法】(共同抵当における代価の配当) 第三百九十二条 債権者が同一の債権の担保として数個の不動産につき抵当権を有する場合において、同時にその代価を配当すべきときは、その各不動産の価額に応じて、その債権の負担を按分する。
2 債権者が同一の債権の担保として数個の不動産につき抵当権を有する場合において、ある不動産の代価のみを配当すべきときは、抵当権者は、その代価から債権の全部の弁済を受けることができる。
この場合において、次順位の抵当権者は、その弁済を受ける抵当権者が前項の規定に従い他の不動産の代価から弁済を受けるべき金額を限度として、その抵当権者に代位して抵当権を行使することができる。
(留置権等の規定の準用) 第三百七十二条 第二百九十六条、第三百四条及び第三百五十一条の規定は、抵当権について準用する。
(物上保証人の求償権) 第三百五十一条 他人の債務を担保するため質権を設定した者は、その債務を弁済し、又は質権の実行によって質物の所有権を失ったときは、保証債務に関する規定に従い、債務者に対して求償権を有する。

2017/2/21 15:59:09

弁済の代位について以下の判例の解釈・・・日本語の解釈だと思うのですが、教えてください。
弁済による代位は,代位弁済者が債務者に対して取得する求償権を確保するための制度であって,そのために債権者が不利益を受けるべき理由はない。
したがって,債権者が物上保証人の設定にかかる抵当権の実行によって債権の一部の満足を得た場合,物上保証人は,民法502 条1項の規定により,債権者と共に債権者の有する抵当権を行使することができるが,この抵当権が実行されたときには,その代金の配当については債権者に優先される(最判昭和60・5・3)。
この最後の一文の「その代金の配当については債権者に優先される」の解釈について。
債権者が物上保証人によりも優先して配当を受けられるという意味でしょうか?それともその逆ですか??情けない質問で申し訳ありませんが、どなたかご教授ください。

「前者」で合ってるよ。

2017/4/13 12:43:23

主人が浮気をしたので相手女性に電話したら不貞を認め慰謝料を支払うと言ってきたのですが翌日代理人として弁護士を立ててきました。
当方弁護士を雇うお金もなく話を聞いているのですが、最初に相手は誠意として100万~300万を支払う、だから相手女性のご主人や会社に言わないでと言っていたのに、交渉では50万の分割支払いにと提示されました。
嫌なら裁判でもどうぞとのこと。
裁判だとそれが妥当、そっちも弁護士立てて下さいと言われました。
勝手なことしたら名誉棄損で訴えますとのこと。
(主人同志がフェイスブックで友達)参考までに、当方結婚生活13年目。
子供2人。
主人単身赴任中に女性から積極的に誘いホテル代も出してくれたそうです。
関係を持った期間は1ヶ月だけですがその期間中6回肉体関係があり、6か月間月1回しているのとかわらないのでは・・・と思います。
女性のご主人様が夜勤の間主人のマンションにも来ていたそうです。
女性はキャリアのある方で収入もあり未だご主人ともラブラブらしく当方は専業主婦、収入もなく、主人とも最悪な関係で、子供も巻き込み修羅場です。
私は発覚してから1ヶ月弱で10キロ近く痩せ嘔吐が止まらず食事もとれません。
当の主人は話し合いをしようとすると過呼吸で倒れ話になりません。
倒れたいのはこっちです。
弁護士をたてず示談にするのは無理でしょうか?求償権とやらを放棄するかわりに・・・と言われましたが裁判にならなくても求償権は執行されるのでしょうか?

求償権というのは、不貞行為は旦那さんと浮気相手、二人で起こした共同不法行為なので、質問者さまに対する慰謝料は二人が持つべきもの…という考え方から、質問者さまが相手女性のみに慰謝料請求し仮に100万円を支払えば、半分の50万円は相手女性が旦那さんに請求出来る権利を言います。
特に離婚をしないケースでは相手女性から100万円取っても、50万円を旦那さんが相手女性に支払い、もしも相手女性の旦那さんからも夫が請求されたら…プラマイ0になっちゃいますよね。
これを避けるには「夫に150万円、貴女にも150万円の総額300万円を請求します」とすれば良いのです。
※離婚を回避したら相場よりは高いので難しいですが…。
こうすれば質問者さまは150万円を受取り、相手女性は求償権を使えません(同額を旦那さんが支払っている為)証拠がしっかりあるのなら、訴訟すればいいと思います。
が、体調不良のままの訴訟は大変ですので、時間を掛ければ良いですよ。
通院されている病院で診断書を出して貰えそうですか。
相手の弁護士に「夫との離婚を検討している」「夫婦共に今回の件で精神的ダメージが大きく体調を大きく崩し交渉に時間が掛かりそう」「夫にも慰謝料請求をしている」「訴訟する際は弁護士を依頼する」で引き延しをすれば良いです。
相手の弁護士はあくまで「依頼主の利益を守る為」に行動するのです。
質問者さまに優しくする義理などない…と、割り切り最低限のやり取りしかしなければ良いのです。
「慰謝料は150万円。
夫とも離婚を協議中で同額を請求しています。
この件での回答は書面にてお願いします。
体調不良の為に電話や訪問は遠慮して下さい」と送ってください。
言いなりになる必要はありません。

2016/5/11 19:01:51

求償権を使いたいが・・・・・・・連帯保証人の立場です。
友人の住宅ローン保証しました。
20年ほど経過したとき、事業の失敗に加え、事故に会われたようで、ローン返済が滞りました。
そのまま職も安定しないので、1400万がのこる状態で、破産し、同時廃止という形の、免責確定を受けれたそうです。
その後、銀行が競売にかけずに1年強、放置していました。
今年の2月にようよう、競売開始になりました。
そろそろ落とす方が決まるかと思われます。
多分予想としては500マンで落札、残債務は900万あたりです。
支払いますが、払っただけでもう何もかもが終わりでしょうか?世の中には求償権なるものがあるそうですが、債務者の友人に裁判により、求償権を行使できますか?友人は、職も今では安定したようですし、何より築25年の分譲マンションを取得したそうです。
それはその人の親嫁息子などの身内が現金一括払いをしたようですが、名義人は友人本人ですし、不動産を持てているのが許せないのです。
裁判により、その不動産を競売にかけさせ、私が払うつもりの残債務回収をやることは無理でしょうか?もし可能ならば、法律事務所にて弁護士を決め、裁判をやりたいのですが、とれる可能性はどうでしょうか?割合としては期待できないのかできるのか、わかりましたら、行動に移したいので何らかの助言をお願いします。

お気の毒ではありますが、その求償債権も破産されたご友人に対する破産債権となっており、免責の対象になっていますから、法的請求はできないことになっています。
ですから、そのご友人が貴殿に対して申し訳ないと思い、自主的に任意で支払うと考えなければ、残念ながら弁済は受けられません。
なお、今年の2月に不動産競売開始決定になったのであれば、まだ、入札は先です。
入札があって買受人が決まるのは、今年の末くらいになると思われます。

2012/5/29 11:28:38

-求償権

© 2021 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ