求償権

火災保険で第三者求償権放棄特約付きのものは、そうでないものに比べ...求償権

夫が夫婦共通の知人と一年程不倫していました。
私はそれが原因でストレス障害や適応障害になり現在も通院中です。
夫の不倫にて弁護士依頼をし、相手が慰謝料100万円での示談成立致しました。
現在夫宛に求償権行使により70万円の請求が相手側弁護士より届いております。
ですが、夫から120万円の慰謝料を貰う手筈になっており相手からの求償権行使に疑問を持っています。
夫とは一時期別居にも至り、離婚協議も行いましたが再構築となりました。
このような場合でも相手側に70万円払う必要があるのでしょうか。
私自身は総額220万円が今回の慰謝料であり、その半分以下を相手に請求しただけ、、という認識です。

求償権を請求してくる姑息な女がいるので、予め備えておくべきでしたね。
対抗措置として夫からの慰謝料120万円の現金の受領で、夫が拒否するしかないでしょう。
和解示談書にはどう書いてあるのかわかりませんが、夫には別に慰謝料を貰うと言う事も書いてあれば良かったのかもしれません。
いずれにせよ、請求されているのは夫であって、一緒に悪い事をして、その悪い事を私だけがとがめられて全部支払った、と言う理屈を成立させなければよいわけで、夫との、慰謝料支払いとその和解示談書に、明確に記載しておく必要があると思います。
ずるい弁護士から入れ知恵されたのじゃないでしょうか?あなたではなく、夫がきちんと拒否すれば良いんじゃないんでしょうか。
再構築されると自分だけ遊ばれて損したと思う女が多いんですよ。
これに備えて、慰謝料は同時に同額請求で、女とは個々に減額交渉で金額を決めたら良かったかと思います。
どっちにせよ、慰謝料全額で100万なんて少なすぎます。
女1人に200万円請求で支払い能力の関係で減額を交渉、結果として100万円を受け取ったならそう言う事はなかったでしょう。
夫にも弁護士をつけさせて、弁護士同士で交渉させるんです。
最初からやり直すためあなたも弁護士を雇って、不倫をした女が30万で許されるのはいやだとごねても良いかな?とも思います。
後は、とにかく離婚して、夫には300万円の慰謝料を要求するのです。
そっちの方が優先で、求償権の根拠を無くすんです。
苦しんで我慢して再構築しようとしている夫婦の財布は結果として不倫相手から70万円取り返されてしまうのはどう考えても理不尽です。
ようするに、再構築できるのは、不倫された妻はノホホンとして一度の浮気ぐらいあんまり傷つかないから、損害賠償金も少なくても良いんじゃね?と言う法曹界のキチガイどもの考えからそう言う屁理屈が出来上がったんですよ。
あんまり求償権を求める恥知らずな女(ほぼ女)は実際それほどいないでしょう。
多分弁護士の入れ知恵でしょうこっちは慰謝料を吊り上げたらどうでしょう?100万円を返して、改めて300万円を要求するんです。
どうせ日本の裁判なんて、低脳判事のトンデモ判決ばかりですからね、あなたは不倫されて苦しんだ妻をそのままやれば良いんです。
向こうは男に騙された無知な女を演じるでしょうけど、いまどきそんな玉はいない。
だけど、心証第一ですから。
証拠も何も心証だけで判断されますから気を付けて下さい

2017/9/13 14:36:12

相手の女は私と主人が付き合う前からの共通の知人でした。職場も同じで性格も分かる分、「騙された」とは思ってないでしょうが「何故私だけが」と思っている事でしょう。これだけの事を仕出かしておいてまさか求償権行使するとは思いませんでしたがやはりその程度の女でした。そんな女と不倫した主人が一番悪く情けない限りです。先日皆様の意見を参考に主人より相手側弁護士に電話をし、120万円払っているので支払う必要は無いと思う と伝えた所、後日担当者から折り返しがあるとの事でした。(現在は音沙汰無しです。)主人と離婚するのは難しいので、このまま頑張りたいと思います。ありがとうございます。>

金銭債務の単純保証人が、債権者と更改をした場合、保証人は債務者に求償権を行使することができますか?

良い質問ですね。
更改により前債務(保証債務)は消滅するので、求償権を行使できる保証人としての地位を失うようにも思えるし、連帯債務関係を類推適用して、更改後の債務弁済も保証債務の弁済の効果があり求償できると考えることもできそうです。

2015/5/31 23:44:05

物上保証人についての判例についてです。
物上保証人について下記の判例があるようですが、どうしてそのようになったのでしょうか。
ご教示よろしくお願いいたします。
記(1)物上保証人:被担保債権の弁済期が到来したとしても、債務者に対してあらかじめ求償権を行使することはできないと解するのが相当である。
(2)物上保証人:債務者のした債務の承認によって被担保債権について生じた消滅時効の効力を否定することはできない。

(1)事前求償権の根拠は、第460条 保証人は、主たる債務者の委託を受けて保証をした場合において、次に掲げるときは、主たる債務者に対して、あらかじめ、求償権を行使することができる。
です。
これは何に由来しているかといえば、委任の費用前払請求権です。
第649条 委任事務を処理するについて費用を要するときは、委任者は、受任者の請求により、その前払をしなければならない。
つまり、保証人は主たる債務者に代わって弁済するという委託を受けているので、その処理のための費用を事前請求でき、委託者は前払い義務を負います。
物上保証人というのは、単に物的担保を提供しているだけで、弁済の委託なんか受けてないですよね?だから事前求償権なんかないんですよ。
(2)質問自体が正確ではないでしょう。
消滅時効の効力ではなく、消滅時効中断の効力ですよね。
よく考えてください。
物上保証人って単に担保提供しているだけで、債務を負ってるわけじゃないですよね。
被担保債権というのは債権者と債務者の間の債権ですから、その時効が中断するかどうかは債務者の承認、債権者の請求や差し押さえによるのであって、物上保証人は関係ないですよね。
関係ない物上保証人が債務者の債務承認による時効中断効果を否定できないのは当然でしょう。

2014/10/11 18:31:07

民法、求償権の制限について。
連帯債務xyz 第一弁済x第二弁済yと考えています。
xが事後通知なし、yが事前通知ありの場合、yはxに求償可能ですよね?xが事後通知なし、yが事前通知なしの場合、xがyに求償可能ですよね?民443条2の【善意で】というのは事前通知をしたということですか?(443-2が適用されるのはyが事前通知をした場合ですか?)法学科で学んでいるわけではないのでそもそも聞いていることがおかしい、根本を理解していない可能性があります。
宜しくお願いします。
補足善意で、というのはxが弁済したことを知らずに、ということですよね。
以前、善意=知らずに、と学んだのを忘れていました。
となると、443-2では、yが事前通知しようがしまいが、xが事後通知をしなければyはxに求償出来る、と読むことが出来る気がします。
でも、テキストにはx事後無しy事前無しの場合はxがyに求償出来るとあります(お互い通知を怠ったため、少しでも先に弁済したxが有効である)。
443-2の解釈が間違っていますか?

ご質問の内容を見ながら条文その他資料を調べたのですが、質問者さんの指摘はとっても鋭いですね。
私も同様の疑問を持ちました。
>>xが事後通知なし、yが事前通知ありの場合、yはxに求償可能ですよね?普通に読むとこれは可能みたいですよね。
(443-2)>>xが事後通知なし、yが事前通知なしの 場合、xがyに求償可能ですよね?これも可能みたいですね。
(最高裁判例)>>民443条2の【善意で】というのは事前通知をしたということですか?(443-2が適用されるのはyが事前通知をした場合ですか?)問題はここの解釈ですよね。
補足の前半に書いておられる様に、本来民法その他で用いられる善意の意味からすると少し曖昧さを感じますよね。
しかし、上記(443-2)と(最高裁判例)を比べたときに違う点は、【yが事前通知をしたか否か】の一点ですよね。
そこで思ったのですが、元々あった443-2という規定に対し、質問者さん同様に「yが善意であればyの事前通知の有無に関係なくyからxに一報的に求償権があるのか?」という疑問が生まれ、訴訟になったのではないでしょうか。
そしてその結果、判決が下り、判例が定説となり、その反対解釈として、今日では443-2が適用される場合は、「443-2中の他の連帯債務者は事前通知をしたもの」として解釈されているのではないでしょうか。
(「善意」の中に含まれるというよりは、443-2が適用されるのであれば必須の要件として)全体として回答になっておらずすみません。
ただ、非常に興味深い問題でした。

2013/4/17 17:31:39

不倫慰謝料の求償権について質問です。
妻子のある男性と一度だけ関係を持ち、奥さまから200万の慰謝料を請求されました。
公正証書も作りました。
奥さまの希望で、私の不倫相手(奥さまの夫)とは離婚しています。
それから、私の不倫相手から結婚を前提に交際を申し込まれましたが、同棲→妊娠→彼の希望で中絶となり、このたび別れを切り出されています。
奥さまから私の不倫相手には慰謝料請求はされておらず、私にだけ慰謝料請求があります。
私の奥さまへの慰謝料は誠心誠意支払いさせて貰いますが、相手の人を許すことはできません。
求償権を行使したいと思うのですが、どのような方法で請求すればいいのでしょうか。
また、費用はどのくらいかかりますでしょうか。
(求償権の話を出したところ、正式に請求しない限り支払うつもりはないと言われました)

不倫の求償権は事情によりますが基本的には支払った額の2分の1を相手に請求することとなると思います。
任意に手紙や電話で請求し支払われなければ裁判を起こすことになるかと思います。
弁護士費用は、弁護士によりますが100万円を請求するとして、10万円から20万円だと思います。

2015/8/13 12:59:11

不倫の求償権について教えてください。
不倫して、奥様に慰謝料請求されています。
例えば、離婚にも別居にも至っていないのに、300万円請求されたとします。
のちに求償権を使い、半分の150万円を請求したとします。
そこで、お聞きしたいのですが、もし男性から、「俺は妻にすでに慰謝料150万円を払っているから、もう俺の負担分は払った。
なので君には払わない」と言われることもあるのでしょうか?そして裁判官はこれを鵜呑みにするのですか?離婚にも別居にも至っていないのだから、家計は一緒ですよね?夫の口座から妻の口座に写っただけでは、妻に慰謝料を払ったとは言えないのではないでしょうか?このような主張をされた場合、私はどうすればいいのでしょうか?

家計が一緒でも慰謝料、相続、結婚前の資産は個人資産です。
あなたに対する慰謝料は示談の場合は言い値です。
納得できないなら裁判です。
裁判なら100万位でしょうが、既に150万を奥さまに払っていたら求償件は無理ですね。
不倫の慰謝料は二人でいくら…ですから、逆に夫から求償されるかも?あなたも良い思いをしたでしょ?美味しいものを食べ、プレゼントをもらい、旅行とかも行ったんでしょ?それは本来、家族のために使われるはずだったお金です。
不倫の代償です!

2016/7/3 15:12:46

求償権についてたとえばAいう人物がXYZという3人に対して150万円の連帯債権を持っているとします。
そうするとXYZは連帯債務を持っていることになるんですよね?この場合XがAに対して90万だけ弁済したとします。
その場合XはZとYにいくらの求償が出来るのでしょうか?Xの弁済額は150万の3分の1である50万ですよね。
それを90万支払ったということで、YZに対して20万ずつ求償できるものなのでしょうか?しかし、3分の1である50万ずつをただちに求償できるという解釈もあるようなのですが、その辺が混乱しています。
また、仮にXが30万弁済した場合はどうなるのでしょうか?連帯債務、完全絶対効、制限絶対効のあたりがよく理解できてないので、ご回答お願いいたします。
民法上の話です。
補足早速のご回答ありがとうございます。
ただ3分の1である50万ずつをただちに求償できる というのはどういうことなのでしょうか?自分の見解では40万円多く払っているので20万ずつYZに求償できるというのはわかります。
30万弁済した場合も30÷3で10万ずつYZに求償できるというのもわかります。

おそらく連帯債務と保証債務を誤解・混同しているかと。
今回の場合特段の事情の無い限りXYZそれぞれの内部負担額は50万円でそれを越えて90万円を弁済したXは他の連帯債務者YZ対して40万円を限度に弁償を求める事が出来ますが求める事が出来る額は20万円づつです。
(民法427条 参照)しかし保証債務の場合主債務者から頼まれてなった保証人が 過失無く「債権者に支払え」との裁判を受けたのであれば弁済をする前に弁償を求める事が出来るようになっています。
(民法459条1項 参照)なおXが30万円だけ弁済をした場合未だXは内部負担額を越えて弁済はしていませんが10万円づつを限度にYZに弁償を請求出来るというのが判例上の理解です。

2012/12/6 12:46:40

求償権について ①「既に発生している債権債務関係において、当該債権のことを言います」とご回答いただいたのですが、金銭債権そのものを求償権ととらえるのでしょうか?金銭債権にはそれに付帯して請求権・徴収権があるかと思いますが、求償権も付帯しているととらえるのか、金銭債権そのものととらえるのかよく分からないでいます 請求権行使(請求)は期限定めがあれば納期限到来後から請求できますし、徴収も納入期限到来後から行えます。
納期限が別途設けられていても求償は「既に発生している金銭債務について、その金銭債務があるよと認識をさせる」ことからすれば納期限到来前でも可能と考えます やはり求償権が分からなくなってしまいます 分かりやすく教えてください よろしくお願い致します!補足ご回答者様 ざっくり言えば、「代位弁済による代位を構成する後発的な立替代金債権」という理解で良いでしょうか?

初めまして。
簡単に回答させていただきます。
①の説明が不正確だと思います。
誤解を恐れずにいうと、求償権の内容(実質)が金銭債権なのです。
例えば、保証人が債務者の債務を変わって弁済した場合、保証人は求償権を取得します。
債務者の債務を支払ったからです。
保証人は「お前の代わりに俺が払ったんだから、その分はちゃんと俺に返せ」と債務者に言えるということです。
このような権利を求償権といいます。
そして、この場合、これは金を払えという権利に他なりませんので金銭債権ということもできます。
金銭債権だとか特定物債権だとかは債権の対象による区分にすぎません。
求償権というのはそれらとは全く別個の観点から見た権利の見方なのです。
従って、求償権か金銭債権かというのは、同じものを別の視点からみているにすぎません

2014/2/6 00:26:37

保証人につて本人の委託を受けずなった保証人のうち本人の意に反してなった保証人と本人の意に反しずなった保証人の求償権が弁済時に主たる債務者が利益を受けた範囲と現に利益を受けた範囲と違うんですが実体的にはどう違うんですか?

保証人が弁済した時点で債務者が受けた利益、というのが債務者の意思に反しない保証人の求償権です。
これがまあ、普通の保証人ですよね。
保証人のおかげで債務者は助かったわけで、その分は返してね、ということです。
しかし、債務者の意思に反した保証人が弁済した場合、実はもう少し待てば反対債権で相殺できたとか、時効消滅したはずなのに勝手に弁済したとかいうことが起きてしまいます。
そういう場合は求償権行使時点で債務者が現に受けている利益の範囲に縮められる、ということです。
たとえば、保証人が弁済した後に反対債権で相殺できたんだとすると、せっかく保証人がした弁済はまったく余計なお世話だったわけで、債務者は何の利益も受けておらず、求償できないことになります。

2017/8/27 07:43:23

なるほど、わかりやすい回答ありがとうございます!そうすると、意に反している場合言い方があれですが払い損的な感じになり得るってことですか?>

火災保険で第三者求償権放棄特約付きのものは、そうでないものに比べて、保険料が高かったりするのでしょうか?

借家賠のケースでしょうか?求償権放棄条項は随分古くからある条項で、どこの保険会社の約款にも記載されています。
この条項は最近は通常の普通保険約款にその内容が組み込まれているのがほとんどです。
特約のように通常は契約時に選択する方式はとっていません。
したがって、これにより特に保険料が高くなる事はありません。
この条項がない約款はあまり見た事ありません。

2014/2/7 20:56:28

-求償権

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ