求償権

不倫裁判でわからないことがあります。請求された側(独身女)です。 も...求償権

民法501条について教えて下さい。
「二 第三取得者は、保証人に対して債権者に代位しない。
」この部分が分からず困っております。
過去のを見ていたら「抵当権がついてることは承知の上で取引に入ってるはずだから」とか「抵当権消滅請求ができるから」と書いてありました。
具体例を書いてみると、債務者Bが債権者Aのために甲土地に抵当権を設定した。
その不動産をBから第三者Cが買い受けた。
その後、CはBを代位してAに弁済をし、抵当権を消滅させた。
この場合、Cは原債権又は求償権を行使できるわけですが、それはBに直接行使しないといけないってことでしょうか?とすると、なぜBの保証人には行使できないのかってことが疑問なのですが、Cが土地を買い受けた時点で、債務者Bはその代金を受領してるから、本来はそのお金で債権者Aに弁済をすべきだったから、代位して弁済したCに直接払うべきってことでしょうか?補足質問を追加させて下さい。
原債権と求償権の違いについて教えて下さい。
この2つって基本的に同じ金額じゃないのでしょうか?CがBの代わりに500万円をAに弁済した。
その場合、原債権も求償権も500万円を請求できる権利じゃないのでしょうか?

501条は、法定代位権者が複数存在する場合の、その相互間の優劣をあらかじめ決めたルールということができます。
第三取得者CがAに代位弁済した場合、CがAの保証債権を代位できるとすると、Cは無瑕疵の甲を取得した(これが、「抵当権消滅請求ができるから」ということです。
)上に代位弁済した金額の全額を保証人に求償できることになってしまいます。
すると、保証人は、甲土地を手放してしまったBに対する求償権を持つことになり、不当に不利な地位に立たされることになってしまうので、2号でそれを不可としているのです。
ところで、Cは、甲が抵当に入っていることから、甲を安値でBから買ったハズです。
つまり、Cは、Bが無資力となってCの求償請求に応じられないことを見越した値段で甲を買っているのです(これが、「抵当権がついてることは承知の上で取引に入ってるはずだから」ということです。
)。
なお、原債権とはAB間の債権のことであり、求償権とは、代位弁済者とBとの間の債権のことです。
原債権の全額が代位された場合、2つは同一金額になりますが、一部弁済の場合、求償権は当然その分だけとなり、原債権金額とは一致しません。

2016/10/31 22:00:49

分かりやすくご説明頂きありがとうございます。
補足にまでご回答頂き、感謝しております。
またよろしくお願いします。>

不倫慰謝料の求償権について。
不倫相手の奥様から離婚にいたったのでということで、慰謝料300万円を請求され、お支払いしました。
求償権の放棄などの約束をしていないので、不倫相手に求償しようと考えています。
求償権を駆使する場合、どちらに非があったかで割合が変わると聞きました。
そこで、その非の割合を決める事由とは、どのような部分でしょうか?責任の度合いという話も聞きましたが、良くわからないので教えてください。
よろしくお願いします。
補足詳しくご回答いただきありがとうございます。
追加で質問ですが、もし相手が支払いを拒んだ時はどのように話を進めたらいいのでしょうか?私から会いたいと言ったことも押しかけたこともなく、最後まで別れも拒まれたりしたので、最低でも半分は支払ってもらおうと思っています。
訴訟になってもかまいません。
また、奥様へ相手へのこの件での慰謝料請求はされたのか聞いたら、していないと言っていたので300万円で承諾しました。

どちらがきっかけを作ったかどちらが積極的に誘っていたか片方が別れたがっていたのに、別れることを許さなかった脅すような行為があったなどですが、それを証明できなければないのと同じになりますまた、こういうことは感情に左右されるものなので、何があったから割合が○○です というように、きちんと決まっているわけじゃなく、双方の話し合いで決めることとなりますですが、今回の場合、相手は離婚したのですよね?ということは、離婚時に、相手の方も慰謝料を払っている可能性が大きいです相手がすでに慰謝料を払っているなら、その分も合わせて考えるので、もし、相手が300万以上払っていたら、求償権を主張すると、反対に質問者さんの方が今以上払わなくてはいけないことになるので、相手が払った慰謝料を調べてから行動したほうがいいと思います

2014/10/6 11:09:27

支払いを拒否したら、
調停の申し立て⇒訴訟
ということになります
調停に関しては省くことも可能と思いますが、訴訟よりも手続きが簡単なので、とりあえず調停ってのでいいんじゃない?>

求償権について教えてくださいW不倫していた女性の旦那に示談金を払いました。
払ったあとに実は旦那には別に女がいてその女に貢ぐために使うと言われました。
ということは既に夫婦生活は破綻していたといってるようなものじゃないのでしょうか?求償権を行使しても平気でしょうか?求償権とは示談金を払ってからどれくらいの期間有効なのでしょうか?

不倫慰謝料の求償権というのは、実際に慰謝料を支払った場合に発生する、不倫した配偶者と不倫相手(共同不法行為者間)間の問題です。
つまり貴方と彼女の問題ですから請求した相手(彼女の配偶者)に求償できるものではありません。
ご主人相手に示談の再交渉をすることは可能ですがご主人の言葉は真実かどうか分かりませんし事実を立証することも困難です。
まず無理だと思って下さい。
逆にご主人の言動に関係なく彼女がご主人に妥当な慰謝料を払ってなく示談書に求償権放棄の記載がなければ貴方には彼女に対して求償権があります。
(現実的には夫婦で口裏を合わせることがほとんどですからかなり困難と言わざるを得ません)尚、求償権の消滅時効は10年です。

2016/6/25 02:11:31

再交渉となるのですね
ありがとうございます
例え別に女がいても夫婦破綻ではないのですか?
証明する音声ならあります>

【民法】物上保証人が債務者に対して求償権を取得すると、1番抵当権を取得するそうですが、その前に1番抵当であった人とかにわかるように、抵当権登記をするのですか?しなくても対抗できるのですか(わかりづらいですが)?ご教示よろしくお願いします。

物上保証人(不動産の所有者)が債務者に代わって、債権者(抵当権者)に債務を支払った場合、抵当権は混同により消滅します。
当然、登記がなくても対抗できますが、混同による消滅登記をして、抵当権を抹消します。
上記の例で、2番抵当権以下が設定されている場合、1番抵当権は消滅しないので、抵当権移転登記をします。
登記がなくても他の抵当権者には対抗できますが、善意の第三者には対抗できません。

2017/7/21 15:18:45

国家賠償法に基づく求償権の消滅時効は?国家賠償法に基づく損害賠償請求権の消滅時効は、知った時から3年、行為から20年で間違いないですよね?それでは、国家賠償法に基づく求償権の消滅時効は、知った時から何年?行為から何年?ですか?根拠規定なども教えていただけると助かります。
よろしくお願い致します。

国家賠償法4条の規定にヒントがありますよ。
国家賠償法4条国又は公共団体の損害賠償の責任については、前三条の規定によるの外、民法 の規定による。
つまり国賠法に規定がない事項は民法の規定が適用されるという意味です。
では民法はどうなっているかといえば不法行為に基づく損害賠償請求権の消滅時効は「被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年」または「不法行為の時から20年」です。
民法724条。
さらに国家賠償法に基づく求償権の消滅時効についても、国賠法には規定がありません。
ということは民法の規定によります。
そして不法行為に基づく損害賠償請求権ではなくて、求償債権だから一般の債権の消滅時効と同じで10年で時効消滅です。
民法167条。
起算点は権利行使できるときから、つまりは、賠償をしたときから10年間です。

2012/10/26 09:15:54

求償権について教えてください。
不倫をしてしまって慰謝料を請求されています。
相手の奥様にはご迷惑をおかけしたと思っているので慰謝料は払うつもりです。
ただ収入も少なく貯金もないのでそんなに簡単に支払えません。
相手の男性との交際は2ヶ月ほどですが、夫婦関係は破綻している、家での会話はない元々離婚するつもりだったので話は進んでいる等と聞いていました。
既婚者と知った時点で離れれば良かったのですが当時は信じていました。
騙された私が馬鹿だったと今となっては奥様に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。
しかしこの件に対して他人事の様な相手の男性がどうしても許せません。
私も騙された部分もありますし、少しでも申し訳ないと手助けしてくれたら私が悪かったわけですから納得しようと考えてましたが、今となっては大変そうだねーといって連絡すらとっていません。
彼にお金も貸しています。
そのやりとりのメールも残っています。
慰謝料をお支払いしたあと求償権を行使して相手の男性に少しでも負担してもらいたいと考えているのですが、裁判所から通知が来ても支払わないということは可能でしょうか?もし可能なら対処方法はないのでしょうか?どなたか助けてください。

現時点はどこからどの様な名目と理由で幾ら請求されているのでしょう。
その請求金額の中に本来彼が負担すべきものが含まれているのでしょうか。
貴女が純然たる詫び金として支払うものに求償権は発生しません。
まず請求内容を精査しましょう。
相談内容からでは正しく争えば貴女が支払うべきお金はほとんど無いと思われます。
彼への貸金については別途彼に請求するのが妥当です。

2015/2/23 23:18:19

求償権について教えてください。
不倫をしてしまって慰謝料を請求されています。
相手の奥様にはご迷惑をおかけしたと思っているので慰謝料は払うつもりです。
ただ収入も少なく貯金もないのでそんなに簡単に支払えません。
相手の男性との交際は2ヶ月ほどですが、夫婦関係は破綻している、家での会話はない元々離婚するつもりだったので話は進んでいる等と聞いていました。
既婚者と知った時点で離れれば良かったのですが当時は信じていました。
騙された私が馬鹿だったと今となっては奥様に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。
しかしこの件に対して他人事の様な相手の男性がどうしても許せません。
私も騙された部分もありますし、少しでも申し訳ないと手助けしてくれたら私が悪かったわけですから納得しようと考えてましたが、今となっては大変そうだねーといって連絡すらとっていません。
彼にお金も貸しています。
そのやりとりのメールも残っています。
慰謝料をお支払いしたあと求償権を行使して相手の男性に少しでも負担してもらいたいと考えているのですが、裁判所から通知が来ても支払わないということは可能でしょうか?もし可能なら対処方法はないのでしょうか?どなたか助けてください。

◆相手の奥様にはご迷惑をおかけしたと思っているので慰謝料は払うつもりです。
ただ収入も少なく貯金もないのでそんなに簡単に支払えません。
※分割で支払うことができます。
◆相手の男性との交際は2ヶ月ほどですが、夫婦関係は破綻している、家での会話はない元々離婚するつもりだったので話は進んでいる等と聞いていました。
※不倫する人の常套句なので、既婚者であることを知っていたという事実だけがピックアップされてしまいます。
◆既婚者と知った時点で離れれば良かったのですが当時は信じていました。
※仮に家での会話がなく、離婚するつもりと言うのが本当であっても不法行為自体は消えません。
◆しかしこの件に対して他人事の様な相手の男性がどうしても許せません。
※一般的な心理だと思います。
◆私も騙された部分もありますし、少しでも申し訳ないと手助けしてくれたら私が悪かったわけですから納得しようと考えてましたが、今となっては大変そうだねーといって連絡すらとっていません。
※連絡は取らない方が良いです。
◆彼にお金も貸しています。
そのやりとりのメールも残っています。
※請求することが可能です。
◆慰謝料をお支払いしたあと求償権を行使して相手の男性に少しでも負担してもらいたいと考えているのですが、裁判所から通知が来ても支払わないということは可能でしょうか?※お金があるのに支払わないということはできませんが、お金がない場合はいつまでも支払えないこともあります。
◆もし可能なら対処方法はないのでしょうか?※社会人であれば勤務先の給与を差し押さえるのが一番合理的です◆どなたか助けてください。
※分からないことが多すぎる様なので、私のような専門家とつながりを持ってから諸々の交渉を進めた方が良いと思います。
出来ることとできないこと、どのくらいが妥当なのか、合理的なやり方どはどのような方法かなどを吟味する必要がありそうです。

2015/2/24 13:47:10

不貞による慰謝料の求償権について教えて下さい。
以前、ある男性と不倫関係になり、それを知った主人が不倫相手と裁判となり、和解にて130万年を支払うこととなりました。
その後不倫相手は100万円を一括で支払い、11月に残りの30万円を支払うことになりました。
その時点で、私に対して慰謝料の求償などはありませんでしたが、その後、メールにて慰謝料の半額を支払ってくれという連絡がやってきました。
私も生活的に厳しい部分があり、難しいとの返答をしたところ、一度は不倫相手も納得していました。
が、先日、再びメールにて裁判の申請を行うと連絡がありました。
子供2人を養っていることもあり、今後の生活を考えると支払いが難しい状況です。
求償権があることは知っていますので、おそらく支払い義務が生じるだろうと思いますが、詳しい状況についてよく知りませんのでアドバイスいただければと思います。
補足shin12maoさん 早速のご返答ありがとうございます。
責任の度合いが争う対象になると思います。
どちらから誘ったのだとか、どちらが積極的だったとかです。
↑不倫相手は上記で訴えを起こすつもりだと思われます。
不倫のきっかけは、元主人と不倫相手の裁判で、私が証言で「私から」と発言しています。
それも、不倫相手からそのように発言しろと言われたからです。
その場合は、私の方に責任があるとみなされるのでしょうか??

半額ということはないと思いますよ。
慰謝料とは、ご主人の被った精神的苦痛に対する賠償です。
その賠償金をあなたと不倫相手で支払うということです。
そして、その配分は責任の度合いに左右されることがあります。
ご主人との合意金額と有責者間の責任の度合いが必ずしも同じとは言えません。
なぜなら、それはあくまで有責者間の問題であり、請求権者のご主人には関係ないことです。
ですから、慰謝料の合意後に、配分が不当であると有責者間で争うケースもあるのです。
この場合、責任の度合いが争う対象になると思います。
どちらから誘ったのだとか、どちらが積極的だったとかです。
しかし、それを証明するのは大変難しいことです。
ですから、一般的には男性の責任が重くなるのが常です。
争っても半額の請求を受けることはないと思いますよ。
しかし、何十万という金額が請求される可能性が大きいですね。
一括でなくても、少しずつ分割で支払うしかないでしょう。
それにしても本当に子供が不憫ですね。
ご主人若しくは元ご主人に相談してみてはいかがですか?それが一番だと思います。
補足回答裁判で「私から」と証言していることは、大変不利になります。
裁判記録は、残ってしまっている訳ですから絶対の存在になってしまっています。
その証言をもとに算定された慰謝料ですから、証言を覆した場合、慰謝料の算定も変わってきますし、最悪「偽証の罪」を問われてしまいます。
偽証罪は刑法にあたり、立派な犯罪です。
「不貞行為」という不法行為を犯しながら、それに対し虚偽の弁明をおこない、もっとも責任をとらなければならないご主人に対して、虚偽の証言をして真実を隠し、こともあろうに不倫相手をかばった報いでしょう。
私も前妻の不倫によって離婚したものです。
そして、自分で前妻と前妻の不倫相手と交渉しました。
その時、弁護士の先生に相談したことや調べたことが、他の方たちに役立てばと回答しています。
私にとって、あなたはアドバイスをしたいと思う側ではありませんが、親の不始末によって人生が変えられてしまった子供たちを思うと不憫でなりません。
ですから、アドバイスさせていただきます。
ここからは、あくまで私の意見です。
まず、裁判における「偽証」というものが、犯罪にあたるということから攻めてみるのはいかがでしょうか?支払い能力がないため、前の「裁判」の証言を覆すと言ってみてはいかがでしょう。
相手も同罪ですから、もちろん相手にもリスクになると思います。
ここでのポイントは、現状の家計があまりにもひどく、慰謝料の支払い能力がなく、子供たちを前夫の手に委ねるしかないと思っての行動と思わせることです。
ですから、「前夫に相談してみる」とか、現実的に考えられるよう伝えてみてはいかがですか?相手が口裏をあわせるよう指示をしたのなら、後ろめたさは絶対にあると思います。
ハッキリ言って、できることはそれくらいではないでしょうか。
どうせ、できる限りの証拠隠滅をしてしまっていると思われますので、まともに争えば不利になるでしょう。
裁判で虚偽の証言をするということは、それほど大変なことをしたということです。
何しろ、法廷の場に出てしまったら不利になること間違いなしです。
ですから、法的なことではなく、交渉術として回答させていただきました。

2010/6/17 18:11:46

他家と境を接している土地の片側斜面が崩れました。
双方の土地が崩れたのですが、私の崩落土砂が他家の土地に流れ込んでいます。
相手の崩落土砂は当方の土地には流れ込んでいません。
もともと放置してある雑地なので、自分の土地は撤去するつもりはなく、そのまま放っておこうとおもうのですが、相手の人は撤去するようで、その費用を当方も負担するように言ってきます。
この際、当方として費用負担は必要ですか?必要であるとして、どのくらいの費用負担が必要なのでしょう?単純に土砂の流入量の割合を支払うことになるのでしょうか?だだ、流入土砂の割合がどの位なのかは簡単にはわかりません。
相手は、ハッキリとは言いませんが折半にしたいというのが見え見えです。
正直なところ、私も幾ばくかの負担は覚悟しているのですが、折半というのは納得できません。
で、お前は一体何を聞きたいのか!と思われるかもしれませんが、考えをまとめる上で、色々な意見を伺いたく投稿しました。
感想でもなんでもいいので、宜しくおねがいします。

おそらく本来は土地の所有者が費用を負担して撤去することになると思います単なる土地の使用者の場合は損害の発生を防止するのに注意をしていれば賠償責任を負いません土地の所有者は無過失責任ですので過失があったかどうかはここでは問題とはなりません民法第717条(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任) 1-土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときはその工作物の占有者は被害者に対してその損害を賠償する責任を負うただし占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは所有者がその損害を賠償しなければならない2-前項の規定は竹木の栽植又は支持に瑕疵がある場合について準用する3-前二項の場合において損害の原因について他にその責任を負う者があるときは占有者又は所有者はその者に対して求償権を行使することができる

2018/7/10 15:14:17

早速ご回答ありがとうございます。法律の条文となると私にとってはなかなか手強い印象です。後ほど熟読させていただきます。まずは御礼まで、ありがとうございました。>

不倫裁判でわからないことがあります。
請求された側(独身女)です。
もし、裁判で100万の支払いが確定したとします。
不倫相手との共同不法行為だからその半分の50万支払わさせてくださいと言うと請求者は「私に100万払ってください50万の請求は支払い後、主人に請求してください」つまり、求償権の放棄をさせてくれなかった場合100万円を奥さんに払ってから不倫相手に半分を請求するという手順を選択するほか方法はないのでしょうか?仮にの話しですが、100万だと分割で月々4万くらいが精一杯で支払い終えるのに2年ほどかかります。
2年かけて支払い終えてから、不倫相手に求償権の行使をするとしたらどんな手順になるのですか?また、弁護士をやとったりその他諸々の費用がかかりますか?求償権の行使を不倫相手に拒否されるパターンってありますか?調べると実際求償権を行使する人は少ないと書いてありました。
なんででしょうか?そんなに大変な手続きなのですか?わからないことだらけです。
どなたか、教えてください。
補足求償権の行使の どういったところが困難なのか教えていただきたいです

求償権の行使には当然弁護士を雇って裁判を起こす必要があります。
ただ、本当に既婚者が不倫相手を愛していることが多く、不倫相手が奥様に支払う慰謝料の満額を奥様に内緒で支払ってくれることがほとんどなのでしょうね。
だから求償権の裁判が少ないのでしょう。
求償権を行使する裁判って自分が不倫をしたバカで不道徳な女である上に、不倫相手に実は愛されていなかったということを公に知らしめているようなものです。
裁判所に名前が掲示されるそうです。
それに裁判の記録も一生残りますから、まともな結婚は遠のきますよね。
それこそお金では計り知れない代償です。
そんなことで裁判を起こす人は少ないのではありませんか?何ヶ月か知りませんが不倫をして法を犯し、人の心を傷つけたことが百万で済むならあなたにとっては軽いものです。
心を込めて支払いましょう。

2017/3/6 12:48:34

-求償権

© 2021 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ