求償権

求償権についてです。 父が連帯保証人になり、借金を肩代わりしたんで...求償権

連帯保証人間の求償権について分からないことがあるのでお願いします。
民法465条は「第四百四十二条から第四百四十四条までの規定は、数人の保証人がある場合において、そのうちの一人の保証人が、主たる債務が不可分であるため又は各保証人が全額を弁済すべき旨の特約があるため、その全額又は自己の負担部分を超える額を弁済したときについて準用する」と、ありますが442条は連帯債務者のひとりが債権者に対して弁済すれば、各連帯債務者に各自の負担部分に応じた額を求償できる事を定めた条文ですよね。
これを準用した465条は、条文を読むと、連帯保証人や全額弁済の特約(保証連帯)を結んだ者が弁済をしたら、他の連帯保証人に対して求償するのは自己の負担部分を超える額を弁済したときじゃないと求償できなくなる、と解釈して正しいのでしょうか?準用先の条文と結論が違うけど文言通り読むとそうなるような気がするんですが。


>自己の負担部分を超える額を弁済したときじゃないと・・・・連帯保証人は主たる債務者の債務を「割勘」して弁済することになりますので、その「割勘」額を超過して弁済した額は他の連帯保証人に請求できます、「割勘」による弁済額は主たる債務者に対し求償権があります。

2014/9/21 00:28:07

保証人等を立てていない場合、求償権は行使できるのでしょうか?

一般に求償権を行使できるのは、債務を肩代わりした保証人ですが?誰が誰に求償権を行使するのでしょうか?

2017/3/3 17:44:20

不貞行為での慰謝料で分割で支払い、求償権を行使する場合、私が慰謝料を支払い終えてから求償権を行使すると思いますが、その支払いが5年近くかかったとして、求償権は時効になっていませんか?また、求償権は5割までしか請求できないそうですが、相手が不倫に積極的だったこと、慰謝料を請求されたら自分が払うと言っていたこと、など含めて、8割くらい請求することはできますか?

まず、商取引ではないので消滅時効は10年だと思います。
また、共同不法行為ですから賠償は不真正連帯債務となり、求償権は負担割合によって決定されます。
弁済が全額に達しないときは、負担部分の割合の額について求償できると考えます。
よって、弁済の都度、求償することができるのではないでしょうか。
これで合ってますか?w

2016/9/5 21:36:04

保証債務の場合は、求償権を得られますが、抵当権についての保証も同じ保証債務で、求償権を得られますか?抵当権については、代位の付記登記がありますが、これは第三者への対抗要件で、抵当権を消滅させても保証に対する求償権は残るのでしょうか?民法の勉強を始めたばかりで、頭の中でうまく整理できません。
回答お願いします

おおきく二つのケースに分けて考える必要があります。
まず、いかなる債権・債務であっても、債務者「以外」の人が弁済(履行)をした場合、その弁済をした人は元々の債務者に対して「求償権」を行使することが出来ます。
(多少、制限されるケースあり)そして、契約・特約で禁止されていなければ、保証人(物上保証人)でなくても弁済(履行)をすることは可能です。
では、抵当権が関係する第三者弁済のケースを考えてみましょう。
ケースその1:抵当権設定者が弁済をした(または、抵当権が実行されて不動産を取られてしまった)ケースその2:全然違う人(債務者でも抵当権設定者でも無い人)が弁済をした■ケースその1についてまず、抵当権設定者(物上保証人)も弁済をすることが出来ます。
これには「債務が不履行になったので抵当権を実行されてしまい、不動産を失った」ケースも含まれます。
民法の条文を確認すると次のように書かれています。
(留置権等の規定の準用)第三百七十二条 第二百九十六条、第三百四条及び第三百五十一条の規定は、抵当権について準用する。
(物上保証人の求償権)第三百五十一条 他人の債務を担保するため質権を設定した者は、その債務を弁済し、又は質権の実行によって質物の所有権を失ったときは、保証債務に関する規定に従い、債務者に対して求償権を有する。
351条は「質権」の規定ですが、372条で抵当権でも351条を準用すると言っているので、ここでは351条について「質権」と書いてある部分を「抵当権」と読み替えます。
条文を分解するとこうなります。
○他人の債務を担保するため質権を設定した者は、(=物上保証人)○その債務を弁済し、(=債務者のかわりに弁済をした)○又は質権の実行によって質物の所有権を失ったときは、(=抵当権を実行されてしまい、不動産を取られてしまった)↓★保証債務に関する規定に従い、債務者に対して求償権を有する。
と、書いてあります。
このため、「他人(Aさん)の債務を保証するため、自分(Bさん)の不動産に抵当権を設定した」」というケースで、○BさんがAさんの代わりに借金を返した○Bさんが不動産を取られてしまったという場合、BさんはAさんに向かって、「カネ返せ!」と迫ることが出来ます。
この場合は抵当権への付記登記は発生しません。
■ケースその2:全然違う人が第三者弁済をした場合Aさんがお金を借り、Bさんが自分の不動産に抵当権を設定したというケースで、CさんがAさんの借金を弁済したとします。
この場合、Cさんは債権者が持っていたBさんの不動産に対する抵当権について「代位」ができます。
(Cさんが保証人だった場合は「法定代位」に、Cさんが保証人でもなんでも無かった場合は「任意代位」のお話になります)この時、CさんがBさんの不動産に対する抵当権を代位行使する場合には「付記登記」を必要とします。
この「付記登記」は抵当権の目的となっている不動産の「第三取得者」に対する対抗要件となります。
ただし、この登記が無くても、Cさんは元々の債務者であるAさんに向かって「お前の代わりに弁済したんだから、そのカネを返せ」という事はできます。
つまり、登記の有無は「求償権」に対して何らの影響も及ぼしません。
あくまでもCさんが「抵当権を実行」する段階で、第三取得者がいた場合に、その第三取得者に対抗できるかどうか?という問題にすぎないのです。

2014/2/28 12:28:09

お尋ねいたします。
不動産関係の法律についてです。
「求償権」の請求ですが、2項目お願いいたします。
例 住宅ローンの返済ができなくなった主債務者の変わりに連帯保証人がその債務の返済をすることになりますが、連帯保証人が支払えない場合、やがて「期限の利益の喪失」という事で「一括返済」、当然支払えないので、債権者は「保証会社」から返済を受け債権を譲渡します。
しかし保証人が「期限の利益の喪失」前に、親類から「毎月払い」を肩代わりしてもらえたとします。
(一括返済では有りません) 1 この場合、求償権は支払いを始めた月から発生するのでしょうか?それとも「完済」した次点で発生するのでしょうか? 2 「完済」と同時に当該不動産名義をその親類に譲渡する約束が有る場合、「求償権」は発生するのでしょうか? また、親類が住宅ローン資金を別の金融機関で調達し債務を一括返済、名義を親類の名義に変更した場合は「売買」 という考えでしょうか?まとまりの無い内容で申し訳御座いません。
宜しくお願いいたします。

そもそも主たる債務者と連帯保証人どちらの親類なのかが不明なのですが……1. 一部弁済の場合は、その価額に応じて求償権を取得します(502条1項)。
10万円返済したら10万円分、更に10万円返済したら合わせて20万円分です。
2。
求償権は発生します。
「完済と同時に当該不動産名義をその親類に譲渡する約束」とは、要は「求償権に対し当該不動産で代物弁済する」という事です。
一括返済の場合も、求償権が一括して生じるというだけでそれ以外は同じです。

2014/6/21 12:24:35

保証人が弁済したとき、債権者に代位したり、求償権を行使したりしますが、この二つの目的の違いを教えてください。

単純に考えると、求償権だけ認めれば足りるような気がしますね。
しかし、原債権には保証人のような人的担保だけでなく、これを被担保債権とする抵当権のような物的担保が設定されている場合があります。
弁済者は、弁済による代位で、附従性により原債権とともにこれらの人的・物的担保も取得することができます。
これを弁済者が行使できれば、求償権の回収は確実になる。
ということは、保証人も弁済をしやすくなる。
ということは、原債権者の原債権の回収も確実になる。
ということは、債権者はお金を貸しやすくなり、債務者はお金を借りやすくなる。
債権者がお金を貸し渋って経済が回らなくなることを防止することができます。
一方、債務者にとっても、お金を返さなければ担保を実行されるのは変わらないので、弁済による代位によって原債権が担保付きで移転しても債務者の立場が特に不利になることはない。
要するに、弁済による代位は、求償権の回収を確実にするために、原債権という別個の債権が担保付きで移転することを認めた制度です。
なので、501条各号で保証人や物上保証人ら相互間の利害調整の規定が詳細に定められているのです。

2017/2/27 23:04:16

連帯保証人の求償権の行使について教えてください。
私は義理父の兄(主債務者)の連帯保証人になり借金を500万円支払いました。
又、他の連帯保証人の支払いもあり借金返済は完了したそうです。
(連帯保証人7名いますが、誰がいくら支払ったかは不明。
)それで主債務者に口頭で500万円の返済請求をすると無資力(年金暮らし)の為に返せない。
との事で代わりに他の連帯保証人(B 主債務者の妹)が250万円返済してくれましたが、それが限界らしく残金250万円が未返済のままです。
その残金を主債務者の息子から取りたいが、この2人の支払い額が不明な為、求償権の行使が可能なのか悩んでいます。
(弁護士なしで訴訟を考えています。
)連帯保証人 A 義理父 (主債務者の弟) B 主債務者の妹 C 主債務者の妻 (他界) D 主債務者の長男 (27歳会社員) E 主債務者の次男 (25歳アルバイト) F 主債務者の知り合い G 私質問① 2人とも250万円以上支払い、息子名義の支払い証明書あり。
質問② 2人とも250万円以上支払い、息子名義の支払い証明書なし。
質問③ 2人とも支払いなし。
又、このような場合の求償権の手順等も教えていただけると助かります。

まず連帯保証人は債権者に全額払えと言われれば払う義務があります。
負担部分はないですから。
連帯保証人が払った場合は主債務者には全額求償できますが支払い不能がほとんどでしょう。
そこで他の連帯保証人に対して求償することになりますが、保証人間で決めた負担部分をこえる部分を求償できます。
(内部関係)普通は決めてないと思いますが。
主債務者が払う予定でしょうからね。
まず主債務の額がいくらかわからないことにはあなたに求償権があるのかもわかりません。
例えば主債務7000万なら主債務者が弁済不能で連帯保証人間の負担部分が平等ならあなたは1000万払わなければならないので、他の保証人で3000万くらい払っている人がいれば逆に求償されてしまいます。
主債務者に対して求償することと、他の保証人に求償することをわけて考えてください。
質問①~③は主債務の額がわからないので、どれもわかりません。
まずは主債務の額と誰がいくら払ったかをはっきりさせてください。
あなたは全額返してほしいようですがあなたも払う義務があるのでそれは相手が善意で返してくれる以外は無理です。

2010/1/19 12:03:38

事前求償権は連帯保証人にも及びますか?第460条 委託を受けた保証人の事前の求償権 保証人は、主たる債務者の委託を受けて保証をした場合において、次に掲げるときは、主たる債務者に対して、あらかじめ、求償権を行使することができる。
求償権は、連帯保証人に及ぶのは理解で出来るのですが、事前求償権はどうでしょうか?

連帯保証人は催告の抗弁権(452条)や検索の抗弁権(453条)、分別の利益(456条・427条)を有しない点を除けば、普通の保証人と同じです。
事前求償権も460条各号のいずれかに該当すれば問題なく認められます。

2014/6/20 19:33:04

交通事故においての、過失割合・求償権というものについて教えていただけませんでしょうか?過失割合において双方納得がいっていない状態でございます。
事故相手より主張させているのが「7:3」というものです。
当方は「9:1ないし8:2」という主張でございます。
当初は「8:2」であった話なのですが、話がこじれてこの状態でございます。
選択肢は、《相手の主張を受け入れる≫か《裁判(少額訴訟となるか通常裁判となるか未定と)≫でございます。
相手の主張はとての受け入れがたいのもでございまして、納得できないと話をしている中で、相手は車両についての免責がないので、求償権が相手保険会社に移行しているとの事です。
そこで、相手保険会社の上層部より、「受け入れ困難な場合には、裁判をして6:4のつもりでの対応をしていきたい」との意向で、相手保険会社が主体的にするのであれば、加害者相手も是非して下さいとの事でございます。
相手が主体的に裁判・裁判と言っているのかと思いましたら、相手保険会社が主体的に起こしたいとの事でございます。
相手は人身とはなっておらず、当方は通院中でございます。
①人身における部分でも相手保険会社が支払いをしていく中で過失割合でとても金額の差が出てくる為、相手保険会社が主体的に裁判起こすぞと訴えているのでございますか?半年がこようとしておりますし、後遺障害についての話も出てくる中で、少しでも過失割合を多く獲得する事で相手保険会社の利益になるからですか?②求償権が相手は保険会社のみで、当方は免責がございますので、裁判となると≪、1:当方の免責について 2:保険会社の回収について≫に争っていくそうです。
当方に負担はないのかおたずねしましたところ、書類手続きに関するもので1万円程度発生するかもしれないとの事でございました。
求償権というものが当方にもあるとの事で、やはり手放しにはできないのでしょうか?保険会社同士でお願いしますといかないのでしょうか?③人身担当者においても、月2回程度電話があったのが、最近ピタっとなくなりました。
こちらの事情も、相手保険会社が主体的に行うという事に関しているのでしょうか?このままでは治療にも影響してくるのではないかと思いまして…。
④裁判とも行かず、まだ顧問弁護士も登場していない中なので、現段階では保険屋同士の話し合いですが⇒弁護士を介して和解⇒裁判というのもあると聞いたのですが、当方的には弁護士の話あっての和解ができたら一番楽なのではと思っております。
裁判はやはり大がかりと感じまして。
この和解とはうまくいくものなのですか?お手数おかけいたしますがよろしくお願いします補足deburin772153さまお忙しい中いつも丁寧なご回答ありがとうございます。
④に関してでございますが当方の説明が悪かった様です申し訳ございません。
Ⅰ保険屋同士の話し合い⇒Ⅱ弁護士を介して和解⇒Ⅲ裁判というのは、Ⅱで済めば幸いという事で最終がⅢという事でございます。
Ⅱで済むのであればいいのですが…。

両者ともに車両保険に加入していたのでしたら、過失割合にこだわる必要がない事は説明済です。
現に相手は過失割合にこだわっていない事がハッキリしました。
物損部分では、質問者さんが過失割合にこだわる必要は基本的にありません。
車両保険で補償された場合 賠償請求権は保険会社に移行、 質問者さんに代わり保険会社が相手に代位求償します。
費用対効果も勘案 回収できなければ保険屋が損害を被ります。
今回は回収したほうが有利とそろばんをはじいたことになります。
ただ、それだけのことです。
過失割合にこだわらないなら、保険会社にお任せで済みます。
①相手保険会社は、こちらの保険会社から半年経過しても回収できないから、法的対応をちらつかせて、早期解決を求めているだけです。
② >当方は免責がございますので・・・免責とは、車両保険の保険金をお支払いする場合に損害金から差し引き、質問者さんに負担していただく金額です。
相手からの賠償(回収金)がある場合は、自己負担額はその分軽減されます。
今までの状況から何故質問者さんを巻き込むのか?ここでは意味が分かりません。
担当者に説明を求めてください。
物損に関し金銭負担はないと思います。
こだわる必要がある場合は、人損に関してで、人身損害補償に未加入で、重篤なお怪我を負い、後遺障害を残したりして、結果高額賠償になるケースです。
人身傷害補償からは、賠償額からカットされた金額に相当する填補額がお支払されます。
人身傷害が有れば、過失割合にこだわる必要が人身部分でもありません。
③あくまでも病症名次第ですが、6か月継続治療を継続していれば、そろそろ治療を終わらせて後遺障害認定に進むよう、申し入れがあってもおかしくありません。
相手保険会社は損害を拡大する行為に対し厳しい態度で臨みます。
今まで人身対応を、相手保険会社が行っていれば、治療を終わらせるよう強い態度に方針転換する事は有りえると考えます。
利害が対立する相手が月2回、電話で症状の確認をすることはごく普通です。
治療の必要性がある事、日常生活に支障がある事などをきちんとお話しして、かつ治療に携わっている医師からも同じような見解が示されれば、安易に治療を終わらせるような対応は取りにくくなります。
被害者であってもすべき事はしないといけません。
④了解しました。
削除します。
【補足します】弁護士さん同士で話し合い⇒事故解決なら、担当者に裁量(ある程度の支払権限)を与えて直接交渉されたほうが、安く済みます。
質問者さんが大幅な譲歩するつもり(相手の要求を呑む)が無ければ、2の選択は残念ながら難しいと考えます。
ただ、そうであっても困ることは無いはずです。
専門家に依頼された場合は、時は金なりのスタンスで待つことが最善と思っています。

2012/3/28 20:06:40

求償権についてです。
父が連帯保証人になり、借金を肩代わりしたんですが、娘の私が、父に代わって、求償権の行使できますか?14年前に父が、仲の良い人から頼まれなったものなんです。
元金は、270万円。
息子の大学の学資だそうです。
返済期間は10年だったらしいんですが、返済できず、4年の期間延長があったようです。
その期間無利子だったようなんですが、この借り主は、たった60万しか返済してなかったんです!返済期間が過ぎ、これからは、年に1割の利息がつくとか・・・返済しないので、父のところにも督促が来るようになり、父は、ほっといても、借り主は返済しないだろうから。
雪だるま式に借金が増えるだろう、と、葬式代にとコツコツと貯めていたお金で、全額返済したそうです。
父は、75歳で飲食店をやっています。
母は18年前に他界し一人で細々とやっています。
食べるだけがやっとの老人が、私達に迷惑かけまいと少しずつ貯めてたお金が、赤の他人の借金の返済にあたったかと思うと・・・しかも、この借り主は、母が他界してしばらくして、店に通うようになり、父の心の隙間に入り込み、「とうちゃん、父ちゃん」と、父になつき、店以外でも、一緒に飲みに行ったり、ゴルフに行ったり・・・もちろん、遊ぶお金は、父が、出してたようです。
人のいい父に、うまくお金ださし、とても腹が立つのです。
父は、「自分が人を見る目がなかったんや、しょうがない、、、、でも、腸煮えくり返る」っととても、落ち込んでいて、痛々しいんです。
このまま、どうにもできないんか?!と、思って、ネットで調べてたら、求償権というのがあることが分かったんです!知り合いの人が、借主を、パチンコ屋でよく見かけると・・・そんな、お金があるんなら、借金返しとけよ!と、腹が立ち腹が立ち・・・借金がなくなって、のうのうとしている、借り主に、少しでも父に返済させたいんです!詳しい方、教えて下さい。

求償権があるのはそのとおり。
ただあなたがそれを行使するのは無理がある。
お父さんにその気になってもらわないと。
でも肝心の相手が払うだろうか。
法的には求償権の証拠書類を整えて(元の債権書類に代位弁済した奥書のある証書)、支払督促。
2週間経過後、仮執行宣言付支払督促。
それから2週間経過すると債務名義になり、給与なり財産なり差押できる。
どう、できそう?

2013/6/18 23:12:29

-求償権

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ