求償権

「債権譲渡」と「求償権取得」は同じ意味ですか? 同じ意味だとすると...求償権

連帯債務の求償権についてです。
例えば、X・Y・Zの3人が、Aに対して150万円の連帯債務を負っている。
Xが150万円全額だけでなく90万円だけ弁済する。
この場合にXはY・Zに対していくら求償できるのか。
自分の考えでは、Xは150万円の3分の1で50万負担すべきところを90万円負担しているので、YとZに対してそれぞれ20万円ずつ求償することができると思います。
ですが、参考書の結論には30万円ずつ求償できると書いてあります。
なぜこうなるのですか?

考え方は間違っていませんが、40万の差額を2人で割るのではなく総額を人数分で割るということです。
442条より特約がない場合の負担部分は平等に支払います。
x -90 +60(-30) -20y_____-30______-20z_____-30______-20最初xは-90万支払います。
90万を3人で割れば一人30万です。
のでxはyとzから30万ずつ貰うとします。
xは+60万儲けましたが、最初に支払った-90万がありますので実質-30万です。
この時点でxyzがそれぞれ支払額-30万で平等に並びました。
あとはそれぞれが-20万支払えば全員が-50万支払ったことになります。
もちろん質問者さんの考えで20万ずつもらっても、こういうふうに支払えば全員-50万です。
x -90 +40(-50) 0y_____-20______-30z_____-20______-30yzが最終的にさらに30万ずつ支払えば結果的に全員-50万で同じではあります。
最終的にyzに30万支払わせることと、上記のように最初に30万ずつ貰うことが結局同じことだと分かっていただけると思います。
が、特約がないのなら、あくまで連帯債務の負担部分50万は平等に支払うことが決まりです。
つまり求償額の計算とは債務者の頭数で割った平等の金額、90万÷3人の30万ずつがyzに求償できる金額となるわけです。

2016/11/30 07:03:40

火災保険、求償権について保険金の支払いを加害者の保険からではなく、自分の火災保険で受けて、求償権を利用したことのある方、いらっしゃいますでしょうか?今回、もらい事故を受けて相手の保険会社が修理代を支払うことになったのですが、後から見つかった被害箇所を水増しだと決めつけられて話にならないような金額しか出そうとしません。
自分の入っている火災保険に、今回の事故の適用があったのでそれで支払いをしてもらいたいと思っているのですが、進め方がいまいちわからずご意見をお聞きしたくて質問しました。
求償権を利用した経験のある方や求償に詳しい方、どのような事案でどのように進めていったのか、また進めていけば良いのか教えてくださると嬉しいです!

契約している保険会社に事故報告をすればそれでOKです。
火災保険金やそれに伴う臨時費用、取り片付け費用などが支払われた後は賠償金に相当する金額分は保険会社が相手に求償します。
このような事故の場合は賠償金は直接損害(修理費用)しか請求できませんが火災保険で有れば臨時費用なども払われますので、火災保険で対応するのが普通です。
>後から見つかっ た被害箇所を水増しだと決めつけられて話にならないような金額しか出そうとしません↑この部分は貴方が契約している保険会社がどのように判断するかで、現在交渉中の保険会社と同じ判断ならその部分については保険金は払われないかも知れません(瑕疵でなければ火災保険の契約内容によっては支払われる)。
*火災などの場合は専門の鑑定人(会社)に依頼する保険会社が多く、同じような判断が下されるかもしれません。

2018/5/24 11:10:00

詳しく教えてくださってありがとうございました!
早速自分の火災保険に連絡をしたいと思います!>

求償権について質問だよ。
事前求償権を行使できるのは、委託を受けた保証人である。委託を受けない保証人については事前求償権が認められず、事後求償で受け取る利益にも制限がある(民462)。とありますが 頼まれもしないのに保証人になる馬鹿いんの?委託を受けたってどう言う意味?

条文をちゃんと読め。
「主たる債務者の委託」をだから、「債権者からの委託」の場合もある。

2016/10/7 20:16:25

連帯債務の求償権に関する質問です。
例えばA、B、CがDに対し、1億5000万の連帯債務を負っていたとします。
AがDに対して5000万の一部弁済を行ったとします。
その場合、Aは5000万の1/3である1666万余をB、Cに対しそれぞれ求償することが出来る。
これで正しいでしょうか?そうすることによって、A、B、Cの内部的な負担額(B、CはAの求償に対する負担ですが)はそれぞれ1666万余となり、公平となる、というふうに解釈しました。
補足皆様ご回答ありがとうございます。
すっきりしました。
もう一つ質問があります。
Aの債務の免除がなされた場合の効果に関するものです。
なぜ、免除の効果がBとCにも及び、BとCの連帯債務額が減少するのかがわかりません。
DがAの債務を免除した場合、BとCはAの負担部分について債務を免除されます。
その結果、B、Cはそれぞれ1億の連帯債務を負うことになります。
ですが、連帯債務とは「誰かが支払わなかった場合でも、全額負担しなければならない債務」であるはずです。
であるとすれば、DはAが特別に親しい関係にあって、Aには免除してあげたいと考えたから、免除するのかもしれません。
Aが免除されたかどうかはBとCに関係ないと思うのです。
それなのにBとCが債務を一部免除される理由がよくわからないのです。
よろしくお願いいたします。

連帯債務の求償権については、正しいですが連帯債務は債務の全額を其々が負担することなのでAが5000万円支払った場合でも残り1億万円負担する事になりますがB・Cは1億5000万円負担する訳では無くあと1億円負担で済むことになるこれでは不公平になるから残り負担額を公平にするために求償できるのですよ。
内部の支払額の公平と言うよりも残り債務を公平に負担する為です。

2017/1/9 22:56:49

連帯債務の債務の免除は絶対効ですよ
債務を免除する事は、Aの負担割合の債務が消滅すると
いう事です。
負担額が当分であれば
Aの負担部分である5000万円が消滅する為
1億円の債務が残るって事です。
これは負担部分の割合で債務が免除されるので
連帯債務を負っていても負担部分が0%で有れば
依然1億5000万円のままですよ。>

不倫の慰謝料、求償権について質問です。
私は既婚者の男性と不倫をしてしまい、その奥さんから慰謝料を請求されています。
私の経済状況などから、話し合いを重ね減額していただき、示談という形で話がまとまりそうなのですが、◆その際求償権について、こちらから、「求償権を放棄するので慰謝料を半額にしてくれ」などといった場合に相手が憤慨し減額を取り消されるのではないかと不安です。
このような場合に求償権を使うにはどのようにするのが1番なのでしょうか。
◆また、奥さん方の弁護士が示談書を作成するのですがその際に求償権の放棄を求められたら拒否はできるのでしょうか。
◆仮に求償権を放棄した場合でも、私の不倫した相手が「慰謝料を半分払う」というような書面があれば請求できるのでしょうか。
相手の奥さんに対して罪の意識はあり、きちんと謝罪し、慰謝料も払うつもりではありますが旦那本人になんの処罰もないというのはやはり少し納得がいきません。
どなたかお詳しい方いらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

こちらから言い出すのではなく>奥さん方の弁護士が示談書を作成するのですがその際に求償権の放棄を求められたら拒否はできるのでしょうかこの条件が出た時に、こちらから弁護士に話せばいいと思いますよそちらの条件(求償権の放棄)を飲ませていただきますので請求されている額の半額で示談させて下さい、と。

2017/1/21 20:10:02

ご回答ありがとうございます。相手とは距離が離れていることもあり、相手の弁護士とは電話でしかやり取りしていないのです。「こちらで示談書をつくるので、押印して返送していただければよいです」とのみいわれているのですが、示談書がこちらに届いた時点で話せばよいでしょうか?>

不倫の求償権についての質問です。
現在、夫の不倫相手に慰謝料の請求をしています。
相手が夫の元カノでしたので不倫期間は、私と婚約している時から今年の4月までの4年間です。
相手には200万請求しましたが、私の依頼している司法書士さんを交えての話し合いの中で、請求金額の一割しか払う気がない。
あとは私の夫が私に払うべきだと言われました。
私は200万なんて払ってもらえるとは思っていなかったので、貴女の誠意で金額を決めて下さいと言いその場は終わりました。
後日、相手から連絡があり、100万支払うが、求償権で私の夫にも半分請求すると言ってきたようです。
他の方のを拝見していて、その義務があるのは知っています。
ですが、私は夫に対しても慰謝料を請求しています。
今のところ離婚はしない方向なので、金額としては100万で、内の50万は夫の結婚前の個人的な貯蓄から一括で、支払ってもらいました。
残りは毎月の小遣いから2万差し引いてもらっています。
こんな状況で、相手が求償権を訴えてきた場合、夫も私からの慰謝料分を相手に求償権で訴えることは出来るのでしょうか?

あなたの夫に求償権がある場合というのは、相手の女が、本来はあなたの夫があなたに償うべき金額を、立て替え払いした場合です。
あなたが「50万円払え。
それと夫の分として、あと50万円立て替えて払え。
」と要求しているのなら、確かに、50万円は求償権を主張できる余地もあるでしょうけれど、そもそもあなたは、相手の女が償う分しか要求していないのですから、求償権など、あろうはずがありません。
でも、そう主張して夫を訴えるのは勝手ですので、あなたは、自分への慰謝料として100万円受けとれることには変わりないのですから、そんなもの興味を持つ必要も無く、それが納得できる和解金なら、それを払って貰えれば済む話です。
たとえ夫に対する求償権を主張するのだとしても、あなたの債務と相殺できるわけではありませんので、あなたに対して100万円を先に支払ってから、夫に請求するしかできません。
だから、全額を支払わせてしまえばあなたの勝利です。
求償権を主張する場合は、慰謝料相当額としては多すぎたので、払いすぎた分は、夫の分だとでも裁判所に訴えるのでしょうが、せいぜい、そんなみっともない裁判を起こしてきたら、「夫の債務を肩代わりしてもらった覚えはない」などと、あなたが夫側の証人として、精一杯侮辱して思いっきり鬱憤晴らしすればいいと思いますよ。
夫は夫で、「私は女に誘惑されて浮気をしたが、妻には心から謝罪して慰謝料を全額支払って和解している。
だから、女には立て替えてもらっていない。
」などと主張させることです。
たとえ夫が敗訴したとしても、50万円で、そんな気分が味わえるなら、歓迎と思えばいいでしょう。
負けてもどうせ「夫が」払うだけの話です。
(途切れてしまったので以下追加)ちなみに、「他の方のを拝見していて、その義務があるのは知っています。
」と書かれていますが、ケースバイケースですよ。
鵜呑みにしない方がいいと思います。
明らかに債務を超えた額を不当に支払ったと裁判所が認めれば、それは本来は夫が支払うべき金額だと認められる可能性ならある、という程度です。
支払った金額が法外な金額ではないなら、きちんと反論すれば一蹴できますよ。
そもそも、なんで女があなたに慰謝料を支払わなければならないかと言えば、夫があなたに行った「貞操権の侵害」行為に協力した、協力者という立場だからです。
ですから、女が支払う債務は、夫の債務の肩代わりでは無く、純粋に女自身の債務なのですから、誰かに求償できるわけがありません。
司法書士が和解書を作成するのに、そんなうっかりな和解書を作成するはずがありません。
100万円は全部女自身の債務だと認めて署名する和解書をちゃんと作成しますから安心していいと思いますよ。
相手は法に無知なくせに、中途半端な知識を使って交渉してきて墓穴を掘ろうとしているだけに過ぎませんから、求償なんて話は、はいはいと聞き流して、とにかく和解書を取り交わして100万円を支払わせてしまうことですよ。
金を受けとった瞬間が、あなたの勝利の瞬間です。
女が、法に無知なくせに求償なんて言葉を使ってきたのなら、逆利用して、「求償するなら50万円も150万円も一緒でしょうから、私ともめて裁判になって裁判費用を払うより、200万円支払って全額夫に求償したほうが断然得なのではありませんか」などと、意味不明なことを持ちかけても納得して支払うかも知れませんよ。

2012/12/13 05:00:44

将来の求償権って何ですか?母の元旦那が、再生債務者として再生手続きを開始する、といった内容の通知書が地方裁判所から来ました。
その通知の文書のなかに、債権者一覧表として、元旦那がお金を借りていたらしいクレジット会社の名前が並んでいるのと一緒に、母親の名前がありました。
債権者番号○○番の将来の求償権とだけ横に書いてあったのですが、無知なもので意味が分からなかったです…調べても恥ずかしながら私には難しく、理解出来なかったので、一体母に何が課せられているのか、教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

権利者としての記載なので、母に課せられたものではなく、将来母が何らかの請求を元夫に求める事ができる権利の事です。

2017/6/29 20:39:11

求償権について。
連帯保証人になり、借金を肩代わりしました。
求償権と言うのがあると知り、行使したいと思ってます。
元金を全額完済しましたが、延滞利息が残ってました。
今の時点で、求償権行使できますか?前回質問した、続きなんですが、父が連帯保証人に、なっていて、借金の肩代わりをしました。
娘の私が、父の代わりに求償権を行使するのは難しいという事だったんで、父に話に行きました。
父も、そういう権利があるのなら、ぜひとも使いたいという事なんで、父に肩代わりした借金について、詳しく聞きましたところ、県の社会福祉協議会の生活支援貸付なるもので、期間内は、無利子。
償還期限以降は、1割の利息が付くと。
借り主は、期間内に返済してなく、延滞利息が、32万ほどついています。
元金を返済しないと、雪だるま式に利息が増えていくため、父は、元金を全額返済しました。
でも、その延滞利息が残ってるんです。
この、延滞利息は、借り主が、支払うと言っているそうです。
この状態では、完済してるとは言えないですよね?完済しないと、求償権は行使できないんですよね?詳しい方、教えて下さい!この、延滞利息には、利息が付かないそうです。
だから、これ以上増えることは、ないそうです。
借り主は、この、県の借り入れの担当者に、「払えるときに、払えるだけ支払う」と、言っているそうで、何千円、とかいう金額を入金しているそうです。
こんな調子じゃ、いつ済むのか分からない!がむしゃらに働いて、生活が苦しくそれだけしか返済できないっていうのならまだしも、借り主は、パチンコに行ったり、ゴルフに行ったりしてるんです!納得できない!父が、連帯保証人になったのが、悪いと言われれば、どうしようもないんですが・・・不景気な中、父が、こつこつと貯めたお金を・・・なんとか、いい方法はないものか、模索しています。
いい知恵があれば、教えて下さい!

お父様が保証債務履行したことにより求償権を取得しましたが、あなたのお父様が保証人になった時の契約書に、「完済までは求償権を行使しないこと」という特約が無い限りいつでも借主に支払いを請求することができます。
不動産担保があって、お父様が担保の一部移転を受けている場合、担保権の行使(競売)には一般的に特約がありますが、それ以外は前述の特約は無いと思われます。
契約書を読んでみてください。
ただし、利息を返済できない借主が、優先的にあなたのお父様に返済するとは考えにくいのですが。

2013/6/20 23:54:25

求償権について。
昔付き合っていた彼は実は既婚者だったようで、今その奥さんから慰謝料の請求がきました。
彼は離婚したと言っていたのでお付き合いしてましたが3週間程で別れました。
それは11月の話です。
そして1月になった今慰謝料を請求されました。
まだ離婚していなかったようで。
不倫によってこの夫婦は離婚することになったため300万支払えと。
この場合求償権を使って彼に150万負担してもらうことはできるのでしょうか?

既婚者と知らなかったなら、慰謝料自体支払いの必要がありません。

2018/1/13 07:46:58

知識として、ですが、まず
相手には
あなたが彼は既婚者と知っていた事実
あなたが彼と肉体関係を持った事実
を、証明しなくては裁判で慰謝料を取れません。
あなたが既婚者と知っていた事実を相手が証明できないならば、知りませんでしたと貫けばいいのです。
相手は裁判費用や弁護士費用を丸々損するだけと分かるので、裁判にはしませんよ。
条件を満たす不倫女性であるなら、相手が証拠を持っているリスクを考えますよね。だから裁判を避けて、示談で慰謝料を支払います。
示談での慰謝料額は裁判での額に当然影響を受けます。
あなたくらいの付き合いの短さの場合、たとえ条件を両方満たしていても100万程度では?結婚が長い夫婦の離婚を招いた長い不貞行為の場合で300万です。
裁判の場合は、まず慰謝料を全部支払ってから、求償権を行使するそうです。女性は3割負担程度らしいです。
>

「債権譲渡」と「求償権取得」は同じ意味ですか?同じ意味だとすると以下の説明が矛盾するのですが、どちらが正しいですか?www.inage-zimusyo.com/syoumetsujikou/syoumetsujikou_saikenjy...> 債権譲渡があっても時効は中断しないsaimuseiri.kabarai-sp.jp/jikou-kikan.html> 求償債権の消滅時効は、保証協会が代位弁済をした時点から進行します

債権譲渡=「契約」による「従来の債権」の「移転」求償権取得=「代位弁済」による「新たな債権」の「発生」債権譲渡の場合、債権の同一性を保持したまま、債権が譲受人に移転します。
消滅時効が進行中の債権が、そのまま譲受人に移転しますから、債権譲渡によって時効が中断することはありません。
代位弁済によって、主債務は消滅し、求償権という新たな債権が発生します。
消滅してしまった主債務に関する時効中断は問題とならず、新たに発生した債権の消滅時効が債権発生の時点から進行を開始します。
両者の間に矛盾はありません。

2016/7/13 23:04:16

-求償権

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ