根保証

銀行等、金融機関からお金を融資してもらうときに、①保証人②連帯保...根保証

根抵当権に関して、極度額というのがよくわかりません。
保証協会の保証付きで、信用金庫からの借入れが3000万あります。
担保は無担保となっていますが、土地・建物(約4000万相当)に極度額1000万円の根抵当権が設定されています。
返済不能となった場合、売却した土地・建物より1000万円が取られるのでしょうか?それとも、3000万円全額を負担する事になるのでしょうか?また、1000万円の負担で済む場合、残りの残債は個人的に返済していくようになるのでしょうか?よろしくお願いします。

> 担保は無担保となっていますが信用金庫は物的担保を取っていませんが、保証人である保証協会が担保を取っています。
> 返済不能となった場合、売却した土地・建物より1000万円が取られるのでしょうか?それとも、3000万円全額を負担する事になるのでしょうか?土地・建物の競売価格から1000万円充当され、残債は無担保の債務として負担することになります。
> また、1000万円の負担で済む場合、残りの残債は個人的に返済していくようになるのでしょうか?土地・建物が4000万円で売れた場合、1000万円が保証協会に優先弁済されますが、残り3000万円は他の債権者と債権額に応じて平等に分けることになります。
それでも残債が残れば個人的に弁済していくことになります。

2011/10/6 09:58:06

抵当権消滅請求と根抵当権消滅請求について教えてください。
抵当権消滅請求の場合は抵当権者が抵当権設定者の提供した金額に承諾し、払い渡しが行われ抵当権が消滅した場合には設定者が抵当権者に代位することが可能ですが、根抵当権消滅請求において根抵当権設定者が極度額を払い渡しし、根抵当権が消滅した場合には根抵当権者に代位出来ないとされていますが、この差はどこからくるのでしょうか。
根抵当権消滅請求は極度額を超えた場合に行うので、残った債権が債務者債権者の関係において消滅するわけではないからでしょうか?弁済は弁済だと思うのですが・・・。
よろしくお願いします。
補足仰るとおり、抵当権消滅請求では第三取得者のみが請求権者ですね。
不勉強で混同していました。
根抵当権消滅請求の弁済は「その払渡し又は供託は、弁済の効力を有する。
」と明記されているのですが、この条文に意味は無いという事でいいのでしょうか。
よろしくお願いします。

>抵当権消滅請求の場合は抵当権者が抵当権設定者の提供した金額に承諾し、払い渡しが行われ抵当権が消滅した場合には設定者が抵当権者に代位することが可能ですが、根本的に勘違いしています。
そもそも抵当権設定者は、抵当権消滅請求をする事ができません。
【民法379条】抵当不動産の第三取得者は、第383条の定めるところにより、抵当権消滅請求をすることができる。
抵当権設定者(物上保証人)は第三者弁済により当然に債権者(抵当権者)に代位します(500条)が、これは抵当権消滅請求とは無関係です。
>弁済は弁済だと思うのですが・・・。
これも間違いです。
条文をきちんと確認しましょう。
[第三者弁済]被担保債権を全額弁済しない限り抵当権は消滅しない[抵当権消滅請求]抵当権者が承諾した代価または金額を払渡or供託すれば消滅(386条)[根抵当権消滅請求]極度額に相当する金額を払渡or供託すれば消滅(398条の22第1項)被担保債権>極度額>抵当権者が承諾した代価または金額抵当権消滅請求や根抵当権消滅請求は、被担保債務を弁済せずに担保権を消滅させる制度です。
担保権者に支払われるのはあくまでも担保物の対価であって、それ故弁済ではなく「払い渡し又は供託」とされているのです。
第三者弁済でないのだから、弁済による代位も認める余地がありません。

2014/8/1 07:36:19

約束手形について約束手形の割引枠とはなんですか?回答お願いします。

金融機関は、一般的に取引先企業に対して、信用取引枠(無担保枠)、預金担保、不動産担保、信用保証協会の手形割引根保証などを含め、一定の手形割引枠を設けています。

2012/12/16 14:55:10

民法465条の5の意味が全くわかりません。
具体例が思い浮かばないので、どなたか具体例で教えてください。

第465条の5 保証人が法人である根保証契約であってその主たる債務の範囲に貸金等債務が含まれるものにおいて、(中略)極度額の定めがないとき、元本確定期日の定めがないとき、又は元本確定期日の定め若しくはその変更が(中略)その効力を生じないものであるときは、その根保証契約の保証人の主たる債務者に対する求償権についての保証契約(保証人が法人であるものを除く。
)は、その効力を生じない。
たとえば信用保証業者ってのがありますよね。
で、個人が貸金業者とかカード会社とかから借入をする際に、この信用保証業者が保証人になることがあります。
そこでも、極度額やら元本確定期日やら、普通の借り入れと同じように定めておかないと、債権者との間で起きていたような債務の増加が保証債務でも起きてしまうことになってしまうので、ちゃんと同じように定めない根保証契約は無効である、という趣旨です。

2012/5/2 18:43:17

助けてください。
最近まで祖母の介護をしていましたが、自分1人が犠牲になり我慢し続ける事に疲れてしまい介護を拒否してしまいました。
それに今思えば介護と言っても祖母は自分でトイレもお風呂も入れます。
ただ一度入院してから家の事をやるのが面倒くさいので具合が悪いふりをしているだけとたまに物忘れがあるので火事を起こしたら面倒だしという祖母のワガママで介護というより召し使いのようなものでした。
それで逆らった事で急遽家を追い出される事になってしまいました。
介護をするに当たり大好きだった仕事も辞めてしまったので現在無職です。
3年のブランクがあるのと年齢的な事で仕事がなかなか見つかりません (職業訓練でスキルアップを進められましたが若い時に進学費用を使いこまれてしまい一度利用していたことがあるので審査に通りません。
)仕事がないので家を借りる事が出来ません。
親戚じゅうに根回しされているので保証人になってくれる人もいません。
でも今月中には家を追い出されます。
介護中収入がなく生活費もだしていたので貯金は少ないですが3か月程度なら暮らせる分ありますが、費用は渡していたのですが年金と保険料が滞納されており今後払っていかなくてはなりません。
無職・保証人なしでも住める所はありますか?マンスリーでもシェアハウスでも構いません。
頼れる人はいません。
1人ぼっちです。
仕事が見つかるまで生活保護を受ける事も言われましたが兄が申請しているため無理でしたし、むしろ兄に援助しなければならないと言われました。
兄は毎日パチンコ三昧女遊び三昧で、そんな兄を見ていて自分が馬鹿らしくなってしまいました。
介護に戻れば話は済むのでしょうが、自分の中で過去を水に流し今まで手厚い介護をしてきましたが最近私を散々いじめてきた祖母にいつか何かしてしまうんでないかと怖いです。
それに介護が終われば追い出される事に変わりはないと思います。
散々いらない子だと言わ続けたのに介護をする事によって必要とされているんだと可愛がってもらえるんだ勘違いしていた自分が悪いので自業自得ですが。
文章がめちゃめちゃですみません。
今の状況から逃げたいです。
助けてください。
補足今日も不動産屋さん巡りをしましたが、5件共に保証人か仕事どちらかないと無理との事で、私の探し方が下手なのが原因ですが もう30件以上地図に載ってる不動産屋さんを周りましたが仕事探しに家探しにと疲れてしまいました。
このままホームレスになってしまうのか..という気持ちになってきました。

釣り質問ではないと仮定して回答しますが・・保証人なしプランで保証会社を利用できます。
無職であれば保証人をお願いする人に一筆サインをしてもらった方がいいそうですがそれで知人は審査に通ったそうです。
不動産屋は昔からやっている町の不動産屋がいいとよく聞きますが実際そうでしょう。
不動産許可番号()内の数字が大きいと安全な運営をしている会社です。
問題を起こすと()内の数字が1に戻ります。
微妙ですが大東建託のMAST(マスト)は保証人なしで借りられるそうです。
退去の際に多く費用を取られた、室内になにかしら気になることがあったなどの投稿を読んだことがあります。
デメリットはあるようです。
何も方法がないときはあたってみていいと思います。
家自体は外観ではきれいそうでした。
財政に余裕のない自治体だと生活費は出すにだせない事情があるので余裕のある自治体に行って申請することです。
お兄さん云々は関係ありません。
保証人については諦めず親戚に相談してなってもらうのがベストだと思います。
無理なら他の方法を。
貧困ビジネスで騙そうとする人には気をつけてください。

2014/6/24 02:58:21

ありがとうございます。
保証人の件はやっぱり誰もなってくれないようです。
保護の件も役所で条件を満たしてないと言われました。
確かに詐欺には気をつけないとですね。
私は人をすぐ信用してしまうので騙されたり取られたり過去にたくさんあります。ありがとうございます。>

根抵当権の債権の範囲の定め方。
「債務者との間の一定の種類の取引によって生ずる債権」が全く理解できません。
客観的に、その内容を第三者が認識できることがポイントのようですが、どのように理解記憶すべきなのですか?できるもの銀行取引、当座貸越取引、信用金庫取引、委任取引、保証取引などできないもの商社取引、口座貸越取引、信用事業取引、準委任取引、信用保証取引など補足この点について、詳しい本をご存知の方がいらっしゃいましたら、その題名を教えてください。
今後、深く勉強したいと思います。

こりゃとにかく覚えるしかないんだ基準としてはある程度の特定性があって「その内容を第三者が認識できること」なんだけど・・7月2日にむけての対策としては「代表的な出来ないもの」を・・う~ん5つぐらい覚えておくしかないですね

2017/6/22 23:41:31

ご返信、感謝致します。登記できないと指摘できることを目的として、バンブービレッジさんの仰るように、できないものをいくつか覚えようと思います。>

知り合いに400万貸して借用書を書いてもらい連帯保証人もつけてもらってます。
300万程は返してもらってますがもうすぐ借用書を書いてもらってから10年経とうとしてます。
確か借用書の有効期限が10年だったと思うのですが期限を伸ばすにはどのようにすれば良いでしょうか?連帯保証人のほうもお願いします。

借用書には期限は存在しません。
借金そのものに時効が存在します。
個人間の借金の場合、時効の援用に必要な期間は10年です。
ただしこの10年というのは必ず借金を開始した日から数えられる訳では無く、・借金の一部返済があった・借金の存在を承認する発言をした・借金の返済に関する訴訟手続きが取られた以上のうちいずれかがあった場合、10年のカウントはそこで破棄され、そこからまた数え直しになります。
既に何度か返済が行われているという事ですので、数えるならば「最後に返済が行われた日時」から10年を数えましょう。
連帯保証人については「個別保証」と「根保証」の2種類がありますが、個人間の貸し借りならまず間違いなく個別保証としての借用契約になってると思いますので、この場合については「保証した借金が存続する限り」ずっと有効です。

2018/6/16 19:32:28

根抵当権ってなんですか?

簡単に言うとですね 普通抵当権は抵当不動産等が決まっており、その保証となるべき物がはっきりしていて、抵当権の実行により即座に弁済に対する請求を出来ます。
一方根抵当権は一定の範囲は決まってますが、元本確定前については保証となるべき物が定められず(わくだけ決まってる)この状態での根抵当権の実行はできません。
元本を確定すると普通抵当権と同じようなものです。
そしてもう一つ言えるのが、 普通抵当権では物に対する価値であるためこの物の価値が下がると補償額も下がり、第二抵当権者が現れると利息の請求金額の上限が2年までとなるに対し、事根抵当権は極度額まで債権、利息を請求できます。
補足見て 言い換えればそうかもしれませんね、根抵当権は元本確定されるまで効力を発しません。
たとえるなら文房具店での抵当権設定です。
通常抵当権ならその土地や建物に抵当権設定をしローンを組みます。
(債務不履行があれば抵当権を実行できるので抵当権を売り払う意味がある)2番抵当権者がいればその者を保護するため金利は2年分。
対して、根抵当権の場合シャーペンや売上金等が設定対象になります。
その中で極度額を決めその範囲で債務を処理すると言うことです。
シャーペンが売れると売り上げが上がりますが、商品がなくなるためまたシャーペンを仕入れなければならず常に流動的ですよね?このシャーペン一つ一つや売り上げ(つまり個)に対し抵当権設定を何回もするのは面倒ですよね?そこでシャーペン全部とか売上金と言う枠を作るわけです。
これは元本が確定されるまで続きそのときまで根抵当権は効力を発しません。
が、たとえ2番抵当権者がいたとしても元本が確定されれば極度額まで全額返済されます。
抵当権→対象物がはっきりしている(契約時に効力発揮) 根抵当権→元本確定期日までははっきりしていない(元本確定期日に効力発揮) と言った感じでしょうか。

2013/12/4 15:57:20

司法書士試験の民法の過去問について質問します。
「手形上の債権を被担保債権として物上保証人が根抵当権を設定した場合においてその物上保証人につき破産手続きが開始したときは、根抵当権者はその事実を知った後に取得した手形上の債権については、その根抵当権を行うことができない。
」この文章は誤りらしいのですが、解説に民法398条の3第2項を参照としか書いてなくて、理由がよく分かりません。
これは、債権者が事情を知った後に債務者以外から手にした手形の債権は被担保債権に含んじゃダメだけど、債務者との取引で手にした手形の債権に関しては事情を知った後でも被担保債権に含んでもよいってことですか?法律に詳しい方、解説をお願いします。
補足「三 抵当不動産に対する競売の申立て又は滞納処分による差押え」 一般的に「破産」というと家が売られるようなイメージがあるんで、「破産手続の開始」がどこの段階を指すのか想像し難いのですが、「破産手続の開始」では、物上保証人が担保に差し出した不動産に上記の事態は未だ起きてないってことですか?

(1)「含んでもよいってことですか・・・」1.違います。
2.民398条の3第2項を見れば分かるはずです。
3.いわゆる『回り手形・回り小切手』を根抵当権の担保すべき債権とした場合、[一定の事実]が生じた『後』にそれを知って取得した手形または小切手に基づく請求権についてはその根抵当権を行うことはできないとされています。
4.では、その[一定の事実]とは何かというと、●債務者の支払の停止●債務者についての破産手続開始、再生手続開始、更生手続開始又は特別清算開始の申立て●抵当不動産に対する競売の申立て又は滞納処分による差押えという事実のことをいっています。
5.つまり、[物上保証人につき破産手続が開始]したことは、『[一定の事実]に当たらない』ので、この文章は誤りになるということです。
(根抵当権の被担保債権の範囲) 第三百九十八条の三 根抵当権者は、確定した元本並びに利息その他の定期金及び債務の不履行によって生じた損害の賠償の全部について、極度額を限度として、その根抵当権を行使することができる。
2 債務者との取引によらないで取得する手形上又は小切手上の請求権を根抵当権の担保すべき債権とした場合において、次に掲げる事由があったときは、その前に取得したものについてのみ、その根抵当権を行使することができる。
ただし、その後に取得したものであっても、その事由を知らないで取得したものについては、これを行使することを妨げない。
一 債務者の支払の停止 二 債務者についての破産手続開始、再生手続開始、更生手続開始又は特別清算開始の申立て 三 抵当不動産に対する競売の申立て又は滞納処分による差押え

2011/5/1 18:40:24

銀行等、金融機関からお金を融資してもらうときに、①保証人②連帯保証人③包括根保証人などいくつか保証人の種類がありますが、意味の違いと、どのように使い分けて決定するのかを、お教え下さい。
また、金融機関の種類(銀行、信用金庫等)によっても違いがあるのでしょうか?宜しくお願い致します。

1 保証人 いわゆる”保証”。
融資された金額に対してだけ、何かあったときの保証をする。
何かあったときに、検索の抗弁権とか民法上抵抗する手段があります2.連帯保証人 これは通常の保証と違って、検索の抗弁権等がありません。
つまり何かあって”支払え!”ときたら、必ず支払わないといけません3.包括根保証人 これは複数の融資について一定額(例えば1000万)まで保証をするというものです。
通常連帯保証になっています。
1つの融資契約ごとにやっているとめんどくさいので、他の融資にも転用できるようにしてあるのです。
日栄とかで問題になった奴です3>2>1 の順で怖い保証の順番になっています連帯保証は安易にするな、保証額は捨てたと思え包括根保証人は絶対になってはいけません!!!!!!!ロプロとか商工ファンドの誘いがきているわけじゃないだろうね?絶対に借りてはいかんよ!

2005/5/11 05:32:53

-根保証

© 2021 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ