根保証

根抵当権が設定されている物件を財産分与で取得した場合 取得した人は...根保証

会社分割による根抵当権の変更について質問お願いします1. 物上保証の場合で会社分割があった場合、設定者の承諾は申請人として申請してるから不要ということと、知ってから2週間又は分割後一カ月以内に元本確定できる為保護されていると言う理解でよろしいでしょうか?2.債務者に分割があった場合で、債務者変更登記後に債券の範囲の変更をする場合の原因は年月日会社分割 変更後の事項 債券の範囲 の記載はどう表現すれば良いのでしょうか?3.根抵当権者の会社分割の場合に根抵当権者を単独にしたい場合は、一部移転後に、確定前なら共有者の権利移転、確定後なら持分移転でよろしいでしょうか?4.恥ずかしい質問なのですが、元本確定後の根抵当権でも、会社分割があれば一旦は共有になるのは、確定前と同じで登記手続きも変わりないでしょうか?添付書類に分割契約書が必要になるかだけの違いでよろしかったでしょうか?長くなりましたが、よろしくお願いします。
補足ありがとうございます。
補足お願いします。
1.については根抵当権の会社分割ですと設定者は申請人になりませんが、その場合設定者の保護として元本確定が知ってから2週間又は分割から一カ月以内にできるという理解でよろしかったでしょうか?2についてですが、質問が分かりずらく失礼しました。
自分でも読み直して意味不明でしたm(_ _)m承継会社に特定の債務のみを承継させる場合ですが、1件目に会社分割による根抵当権の債務者変更 、2件目に根抵当権の債権の範囲の変更という手続きで、この場合に承継会社に特定の債務のみを承継させる場合の原因と登記事項の表現を教えて頂けますか?3 会社分割で根抵当権を単独にする場合ですが、確定前なら1件目に根抵当権一部移転、2件目 共有者の権利移転確定後ならは直接 、根抵当権移転の1件でよろしいのでしょうか?改めてよろしくお願いします。

>1. 物上保証の場合で会社分割があった場合、設定者の承諾は申請人として申請してるから不要ということと、知ってから2週間又は分割後一カ月以内に元本確定できる為保護されていると言う理解でよろしいでしょうか?会社分割って、元本確定前なら法律上当然に共用根抵当権になります。
物上保証人の承諾なんか要らないし意味を持ちません。
そもそも申請人になってないでしょ?権利者は承継会社または新設会社、義務者は分割会社です。
後段の意味がよくわかりませんが、実体法上はその通りです。
>債務者に分割があった場合で、債務者変更登記後に債券の範囲の変更をする場合の原因は年月日会社分割 変更後の事項 債券の範囲 の記載はどう表現すれば良いのでしょうか?違いますよ。
会社分割の登記は上で書いたように分割当事者だけが申請人です。
その後で債権の範囲を変更するのは根抵当権の変更登記です>3.根抵当権者の会社分割の場合に根抵当権者を単独にしたい場合は、一部移転後に、確定前なら共有者の権利移転、確定後なら持分移転でよろしいでしょうか?まず、確定前なら共有者の権利放棄です。
確定後なら分割契約なり分割計画なりで帰属先を決めれば足ります。
それがわかってれば4の質問はあり得ません。

2015/3/24 20:40:07

補足へのご回答
1.その通りです。
2.承継会社の債権の範囲に分割会社から債務引受した債権を追加する、ということでしょうか?
原因は年月日変更
変更後の事項 債権の範囲 債務者分割会社につき従前の債権範囲
債務者承継会社につき、従前の債権範囲に加え年月日債務引受(旧債務者分割会社)にかかる債権
3.確定前の2件目は共有者の権利放棄です。そう回答しました。 >

☆今,不動産登記法:「根抵当権の元本確定の登記」の勉強をし ています。
1 テキストによりますと,(1)根抵当権設定者が破産手続開始決定を受けた場合,その 根抵当権の取得の登記申請と併せて申請する場合は,根抵 当権の登記名義人は,単独で元本確定の登記申請をするこ とができる(不登法第398条の20第1項の4号)。
(2)ここでの「その根抵当権の取得の登記申請と併せて申請す る場合」とは,どういう意味なのでしょうか。
(3)具体的には,どういう場合なのでしょうか。
2 どなたか教えてください。

根抵当権の被担保債権を信用保証協会が代位弁済して、根抵当権を銀行から信用保証協会に代位弁済を原因として移転登記するようなケースです。
元本確定登記とこの移転登記を同時にする場合は、元本確定登記については、設定者は申請人にならなくてOK(根抵当権社による単独申請)ということです。

2016/9/10 10:19:19

根抵当権が保証協会にある場合の返済について教えて下さい昨年末、自営業を営んでいた父が他界しました。
数年前に自宅兼店舗をリフォームし、現時点で1000万強、銀行から借入があります。
また、その他に買掛金も残っている状態です。
返済については私の収入から月々行なっていく予定ですが、銀行から提示された月々の返済額は厳しい状態です。
現在、銀行と返済額についての調整を行なっています。
そこで、質問があります。
銀行から保証協会への代位弁済の案も話がありました。
現在住んでいる自宅兼店舗は保証協会が根抵当権を持っているのですが、代位弁済となった場合、自宅兼店舗を売却しないで月々の収入からの返済を行うことはできるのでしょうか。
甘いことを言っているかもしれませんが、出来る限り現在の家に住み続けたいと考えています。
知見のある方、経験のある方、是非教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

銀行が保証協会に代位弁済を請求した後、質問者様と保証協会側との話し合いになると思いますが、自宅を売却したくない旨をはっきりと示すことが大切です。
残債が1000万円以上とのことなので、毎月ある程度の元金を弁済する必要があります。
この金額は保証協会側との交渉になります。
交渉が成立した後も、返済を継続させることも大切です。
事後の話になってしまいますが、お父様が融資を受けた時点で、個人事業主向けの保証協会団信に加入されていれば、この様な苦労をせずに済んだのに…と思ってしまいます。

2013/3/13 05:22:51

保証協会について不動産の担保状況所有者 借主債務者 借主根抵当権設定者 銀行極度額 1億円借入の内容 保証協会付き融資で長期運転資金と、保証協会付きの短期運転資金(工事代金引き当て)の融資長期運転 約3千万円短期運転 約5千万円不動産時価 約4千万円~5千万円推測ですが銀行の担保評価額約3千万円。
長期運転は保証協会に根抵当権の優先適用、短期運転は無担保の状況です。
破産開始の申し立てをする予定です。
その債務者からある程度の金額で当該不動産を買い取ることを検討しています。
銀行が担保解除に応じるのであれば、管財人が相当と判断する最低限の価格で買い取りたいし、売り手もそれで構わないと言っている状況です。
保証協会は優先適用を受けている長期の3千万について、担保処分による優先権があると思いますが、短期運転の5千万円は一般債権者と同じ扱いになるのでしょうか?とすれば、売買価格3千万円以上であれば、担保解除に応じてもらえると思うのですが、如何でしょう?宜しくお願いします。

破産手続きに入っても、取り分が見込めないので管財人は「財団放棄」の対象にすると思います。
となると、交渉相手は銀行と保証協会です。
「短期借入は無担保」と言っているのは誰ですか?根抵当権がある以上、被担保債権です。
設定極度が1億円なので、幾らの金額で折り合うのかは銀行と保証協会の判断に依ります。
要は競売価格と任売価格の優劣です。
「別除権」の考え方について、「長期は有担保」「短期は無担保」という考え方にはなりません。
(根抵当権が長期借入だけのために提供されたものであるという抗弁が成立すれば別でしょうが)銀行が根抵当権の実質価値を幾らで算定するかです。
それを超えた金額は一般債権として扱われます。

2014/10/10 18:07:43

保証委託契約において、債務者Aの不動産に保証人Bが根抵当権の設定(原因 年月日保証委託契約(の求償債権)同日設定)を受けることがありますが、逆に、AB間で、債権者Cのために保証債務の担保としてB所有の不動産に根抵当権を設定する旨の約定をすることもありますか?

保証委託契約の債務者が保証債務を自ら物上保証することについて保証委託契約の内容とするケースです。

2015/6/5 21:29:17

保証人と連帯保証人の違いについて責任範囲の違いについては理解しているつもりですが、「保証人」と記された文書に署名捺印したのであれば、連帯保証人ではないと理解して大丈夫でしょうか?それとも、あとから「それは連帯保証人のことだ」と主張されて、連帯保証人として責任を負わされる場合があり得ますか?あるとすれば、どういう場合が考えられるでしょうか?

もう正解が出ているので早く締め切ったほうがいいですよ。
isolationward01さんの回答は個別保証と根保証の違いを述べているので見当違いも甚だしい。

2017/11/12 14:10:15

根抵当権を設定して金銭を貸した債務者兼担保設定者が死亡し法定相続人がのきなみ相続放棄しています。
死亡した債務者の甥が連帯保証しています。
連帯保証人も相続しない意向です。
この担保不動産を処分するために連帯保証人ができる解決策を教えてください。
補足任意売却のため連帯保証人が相続財産管理人の選任を申請することはできるのでしょうか。

質問者は根抵当権者(債権者)の側ですよね?「連帯保証人ができる解決策」?「連帯保証人に対してできる解決策」ではなくて?仮に甥が債務者兼設定者の相続人で、相続放棄したとしても、連帯保証人になっているのであれば、保証債務があるので、甥に請求すればいい。
それでも払う見込みがないのであれば、元本確定請求をした上で、根抵当権に基づく競売を実行すればいいです。
ただその前提として、相続財産管理人の選任が必要になると思いますが。

2015/10/10 07:48:54

うーん、ごめん、もう一度聞くけど、
質問者は根抵当権者の立場?
それとも連帯保証人である甥の立場?
どっち?
根抵当権者なら、申立権者の要件である利害関係人に該当するので、自分で相続財産管理人選任を申し立てればいい。
甥であるなら、自分で申し立てるのはおそらく無理でしょう。
「私は保証債務を履行したくない。だから根抵当権を実行して競売にかけてくれ。そのために相続財産管理人を選任してくれ」
これはさすがに通らない。
なお一般論的な質問には、一般論でしか答えられません。
下記の知恵ノートもご参照の上、自分がどういう状況にあって、何をしたいのか、具体的に書かれることをお勧めします。
での上手な法律質問のしかた
note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n361226>

契約とは、書面にて行わなければ無効になりますか?口約束では契約は成立しないですか?

契約は、原則として、口約束でも成立します。
但し、保証契約(民法446条)や貸金等根保証契約(民法465条の2第3項)については、書面(電磁的記録を含みます。
)の作成が必要であり、口約束だけでは契約は成立しません。

2015/7/22 16:54:31

虫歯の根っこ治療をしています。
治療対象は一本で、根っ子は3つあります。
現在20回通院しているのですが未だに治療が終わりません。
いつも器具を根っ子に突っ込まれてホリホリしては痛くなって、治まってきたらまたホリホリでまた痛くなるの繰り返しです。
1ヵ所の治療に20回行ってもまだ終わらないって普通でしょうか?ネットで検索すると数回で終わるという意見が散見されるのですが…最近ようやく被せものの話になったのですが、やたらセラミックを勧めてきます…銀歯は被せたところが虫歯になる可能性があるのでセラミックを推奨してくるのはわかるのですが、あまりにも通院回数が多すぎるため疑心暗鬼になってしまっています…根っ子治療の回数として妥当であるとか、あやしいから他の歯科も行ったほうがいいなど、何かしら助言いただけると助かります。

歯科医師です。
一つの歯に20回はさすがに多いでしょう。
どうしても治りが悪い症例はあり得ますが、なぜそんなに治らないか説明してもらって下さい。
健康保険で根っこの治療をする限り、儲けじゃないので。
セラミックだからと言って虫歯にならない保証はありません。
説明に納得出来ない時はセカンドオピニオンか転医でしょう。

2016/12/7 19:51:29

根抵当権が設定されている物件を財産分与で取得した場合取得した人は元本の確定請求をした上で、減額請求か消滅請求することはできますか?減額請求して減額された後は代位弁済、消滅請求したときはその弁済金を、債務者に請求できますか?

>「取得した人は元本の確定請求をした上で、減額請求か消滅請求することはできますか?」→根抵当権の設定から3年を経過していれば、可能です(民法第398条の19)。
「減額請求して減額された後は代位弁済、消滅請求したときはその弁済金を、 債務者に請求できますか? 」→できません。
財産分与で得たのであれば、それは「負担付の譲渡」です。
それだけ価値の低い不動産を譲られたのだから、それ以上の請求はできません。
債務者と所有者が異なる場合(物上保証人)の場合は可能ですが、その場合も、債務者が支払い可能であれば、物上保証人でなく債権者に返済するはずですから、現実的には無理でしょう。

2017/4/24 18:08:55

-根保証

© 2021 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ