根保証

被相続人の根保証契約に対しその債務の相続人は改めて相続人を債務者...根保証

期間の定めなく保証した保証人。
って、どういう意味ですか?

身元保証人や根保証人がその例です。
前者については身元保証二関スル法律によって、後者については民法465条の2?465条の5によって、保証期間や責任の範囲が限定されています。

2017/5/11 09:19:15

貸金等根保証契約と普通の保証契約の相違点について教えて下さい。

普通の保証契約は、貸金債務などの特定した債務を、その債務額の範囲内で担保します。
主たる債務者が貸主から1000万円を借り入れた場合、その1000万円という特定の債務を担保するために人的担保として、保証人が貸主と保証契約を締結します。
主たる債務者が貸主に対し、順調に弁済していけば、債権額は徐々に減少していきます。
増減することはあり得ません。
企業間の取引では、継続的な取引が行われています。
継続的に取引をしている企業間では、掛売りが主体です。
継続的取引をしている企業間では、その都度、物が納品される度に現金で支払うのは不便です。
例えば、契約上で月末締めで翌月末払いとして一括で支払うといった内容で売買契約を成立させています。
このような場合、物が納品されるほうの企業では、注文をする度にある月の5日には500万円の代金債務(A債務)、10日には1000万円の代金債務(B債務)、15日には800万円の代金債務(C債務)、20日には300万円の代金債務(D債務)といったように特定された債務ではなく、不特定の債務が発生し、永遠と成立します。
そして、月末に前月分の代金債務(経理上は買掛金)を支払うことによって、不特定の債務が増減変動を繰り返します。
このような増減する不特定の債務について、極度額という上限の額を決めて、一定の範囲、例えば1億までならば貸し渡す債務を主たる債務とする保証契約を根保証契約といいます。
債務者が継続的取引をしている場合においては、保証契約より根保証契約のほうが便利です。
似たような内容で、根保証は人的担保ですが、物的担保として根質、根抵当権があります。
これらを総称して根担保といいます。
民法465条の2(貸金等根保証契約の保証人の責任等)① 一定の範囲に属する不特定の債務を主たる債務とする保証契約であって(以下「根保証契約」という。
)であってその債務の範囲に金銭の貸し渡し又は手形の割引を受けることによって負担する債務(「貸金等債務」という。
)が含まれるものの保証人は、主たる債務の元本、主たる債務に関する利息、違約金その他の債務に従たるすべてのもの及びその保証債務について約定された違約金又は損害賠償の額について、その全部に係わる極度額を限度として、その履行する責任を負う。
② 貸金等根保証契約は、前項に規定する極度額を定めなければ、その効力を生じない。
③ 第446条第2項及び第3項の規定は、貸金等根保証契約における第1項の規定する極度額の定めについて準用する。

2012/6/24 16:28:07

貸金等根保証契約について。
貸金等根保証契約と包括根保証契約の違いを教えてください。
そして貸金等根保証契約のどういうところが会社社長等にに良いのでしょうか?

>貸金等根保証契約と包括根保証契約の違いを教えてください。
民法第四百六十五条の二を「ていねいに」読んでもらえばよいのですが・・・まず、「根保証契約」は「一定の範囲に属する不特定の債務を主たる債務とする保証契約」です。
→「包括根保証契約」は「一定の範囲にも属さない」つまり「債務と呼べるものは何でも」保証するものです。
また、この場合、極度額、つまり保証の上限額も定めないことが多いです。
で、次に、「貸金等債務」は「金銭の貸渡し又は手形の割引を受けることによって負担する債務」をいいます。
→ここでは、商品の売買代金債権、なんかは含まれない、ってことに気付いてください。
そして、「貸金等根保証契約」は、「貸金等債務」についての「根保証契約」であって「保証人が法人であるものを除く」です。
→ここでのキモは「法人・・・を除く」つまり「保証人が個人である場合に限る」ってことですね。
>どういうところが会社社長等に良いのでしょうか?簡単にいえば、1.保証契約が最長5年でいったん期限が来る2.極度額の定めが必要という規定があるので、最終的に負担することとなる保証債務の上限が固まる、ってところでしょう。

2012/6/4 14:57:04

極度額 根抵当権 根保証について上記の3つのワードをわかりやすく解説して頂けると有り難いです。
おそらく3つのワードは関連していると思うのですが、それぞれ関連づけと言いますか流れも教えて頂ければ更に有り難いです。

根抵当権= 抵当権と似てますがちょっと違うものです。
不動産に対して設定されます。
お金を返さないとこの権利を実行して 貸したお金を回収します。
極度額=根抵当権を設定する際に決められる債権額の上限です。
この金額いっぱいまで を根抵当権で担保します。
極度額は枠なので中身が空っぽでも設定できます。
抵当権は債権額が0だと設定できません。
ここが大きな違いです。
極度額は最大時の債権額であり現時点でいくらあるかは判りません 主に商売をしている人が利用します。
例 極度額 50万 (判りやすいように少なくしてます) 1/3 20万 借入 2/3 20万 借入 この段階で債権額は40万 2/10 15万返済 債権額25万 3/5 30万 借入 債権額55万 3/10 差押え こういう場合は 50万は担保されます。
残りの5万は一般債権者と同じ扱いです。
根保証=これは一番怖いやつです 保証を結んだ時の債務者の借り入れだけでなく その前後に債務者が借入等をしていた場合はこれもすべて保証します という内容の保証になります。
根保証だけはやってはいけません・・・まぁ殆どの銀行でやってる保証は根保証の 内容になってますけどね根抵当と極度額は関連していますね 根抵当権の決め事の一部が極度額です根保証は言葉は似ていますが全く関係ありません。

2013/3/22 16:50:52

包括根保証と包括根抵当は、何が違うのでしょうか?

保証は人的担保、抵当は物的担保、違いはそれだけ。
どちらの包括も今は法は認めてない。

2016/3/30 07:11:57

根保証契約について根保証契約とは、具体的にやさしくいうと、どういうものでしょうか仮の名称「A」などを使用する事例等ご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
補足根抵当権がわからないうちに↓でも、テキストが進みませんので、…。
よろしくお願いします。

不特定の貸出について、一定の極度額まで保証するという契約です。
でも、根抵当権がわからないうちに根保証契約の説明を聞いてもよくわからないと思いますよ。
[補足へのご回答]不特定の貸出について、一定の極度額まで保証するという契約です。
たとえば会社が銀行から借金する際に、その会社の社長さんが極度額1億までなら個人で連帯保証する、という契約です。
会社の個別の借入のつど、保証契約を結ぶ手間を省いたものです。

2014/4/10 23:08:47

包括根保証とは借金の保証のことと理解しているのですが、最近のニュースで賃貸の保証でも保証額の上限がないという意味合いで包括根保証という言葉が使われているのを見かけます。
こうした用法は正しいのですか。

質問の趣旨である「包括根保証」の言葉(用法)としては正しいです。
但し、平成17年4月1日施行の民法改正で、「金銭貸借の包括根保証については(1)口頭での約束は禁止。
書面での契約が必要。
(2)保証額上限を定めることが必要になった。
(3)期間の定めがないときは3年間、期間の定めがある場合は5年以内とする。
」こととなりました。
(金銭貸借については従来の包括根保証が禁止され、新たな「根保証」の概念が取り入れられたと理解出来ます。
) 参考までに改正点を要約した「民法の一部を改正する法律(包括根保証の禁止)」について(中小企業庁事業環境部編)をご覧下さい。
www.chusho.meti.go.jp/koukai/hourei/17fy/050125minpou.pdf#se...<追加です>改正民法は「民法465条の2~同5」に反映されています。

2014/4/5 12:11:12

“根保証” “連帯保証” に関する質問をさせて戴きますN社は、1990年に銀行から1000万円を借り入れた。
当時社長だったT氏は、その借り入れのとき、連帯保証人として保証極度額1000万円の保証書(根保証)を差し入れた。
T氏は、1995年に社長を退任し、C氏が新社長に就任した。
なお、保証書はそのままの状態にあり、当初の1000万円は1997年に完済されている。
しかし、完済と同時に、新社長Cは新たに1000万円の借入を行った。
その後、N社の業績が悪化し、2003年になり、C氏は失踪した。
銀行は、N社貸与金を回収するため、根保証人であるT氏に貸与の残金800万円を求めてきた。
T氏は返済しなければならないのでしょうか??(ここで出てくる根保証、連帯保証は、法改正前の事)お手数ですが、ご助言お願い致します。

一定の継続的な取引関係から生ずる複数の債務を継続的に保証すること。
継続的に有効な権利です。
担保として有効であると考えると思います。
拒否することは難しそうです。
停止=はずすことを申告して同意される=他の担保の提供をする。
減額=必要がないので金額を下げる。

2009/11/17 09:10:40

Aが、CD間の継続的取引により、DがCに負担すべき将来の債務を連帯して保証した場合において、その責任の限度額及び保証期間が定められていなかったときは、Aの死亡前に、Dが負担した債務について、Bは、Cに対する保証債務を負わない。
誤解説継続的信用保証債務の相続の可否が問題となる。
継続的取引により将来負担すべき債務について、責任の限度額及び保証期間について定めないでした連帯保証契約においても、連帯保証人が死亡する前に主債務者が負担した債務については、相続人は債権者に対する保証債務を負う。
連帯保証人が死亡した後に発生した主債務については、当該継続的保証債務は、特定の債務についてした通常の連帯保証の場合と異なり、その責任の及ぶ範囲が極めて広範となってしまうことから、相続人は保証債務を負わない。
しかし、死亡する前に発生していた主債務については、その保証債務も既に特定した具体的債務であり、相続によって承継される。
なお、個人のする貸金債務等の根保証については、平成16年改正で、その責任を制限する規定が新設された。
何を言っているのかわかりません。
補足Bは被相続人Aの唯一の相続人です。

前提として、継続的保証債務というのはイメージできますか。
これは、一定の期間に継続的に生じる不特定の債務について保証する債務です。
例えば、食堂なんかの飲食店で食材を卸してもらうときの契約などをイメージするとわかりやすいかと思います。
例えば食堂の事業主が特定の肉屋に毎日あるいは数日おきに注文して肉を卸してもらうようなとき、いちいち清算していたのでは手間がかかってしまいますから、一定の期間の取引の代金はまとめて支払うことは通常想定されます。
このようないわゆる掛売りのほかにも、継続的に銀行から適宜投資を受ける場合など、複数の取引の代金をまとめて計算することは経済活動として一般的なことです。
しかし、支払いを後回しにするということは、債権者からすると回収のリスクを増大させることになりますから、担保を求めることは自然なことです。
とはいえ、取引の度に担保を設定するのはやはり余計な手間がかかります。
そこで利用されるのがこの継続的保証契約です。
これにより、一定の期間や限度額を定めて、あるいは定めずに継続的な取引により生じた債務について一括して担保を設定することができ、合理的な経済活動を促進するという利点があります。
質問文で問題になっているのは、この継続的保証債務を負っている被相続人の地位を承継した相続人は、どこまでの範囲でこの債務の責任を負うのか、という点です。
より具体的にいうと、無期限無制限の継続的保証債務においては、その責任の範囲が非常に広範なものになりますが、相続人Bはそのような広範な責任を負うことはないのではないか、という問いかけがこの問題文の趣旨です。
この点については、次のような結論が導かれます。
すなわち、相続人Bは継続的保証債務者たる相続人Aの死亡の時までに実際に取引が行われて、主債務者たるDが負った分までは、保証債務者としての責任を負います。
確かに無期限無制限の継続的保証債務は広範な責任を負うけれども、少なくとも相続人Aが死亡した時点までに実際に取引が行われていて(例えば?月?日に卸した牛タン10kgの代金?円というように)債務の内容が確定している分であれば、具体的な債務として存在しています。
したがって、このような被相続人が具体的に負っている債務について相続人が責任を負うのは、被相続人の死亡の法的地位を継承する普通の相続と同じです。
したがって、無期限無制限の継続的保証債務により生じた債務であっても、相続人に不当に広範な責任を負わせることにはならず、問題ないといえます。
そこで、被相続人の死亡時までの取引により生じた債務については、相続人は免責されないことになっています。

2016/11/3 19:51:53

被相続人の根保証契約に対しその債務の相続人は改めて相続人を債務者とする根保証契約を締結する必要がありますか?

通常の連帯保証債務は相続によって当然に相続人に承継されますが、 包括根保証に関しては、既発生の保証債務を除き包括根保証人の地位は承継しないというのが判例です。
また、限定根保証の場合、既発生の保証債務が当然に相続されるとしても将来発生する債務については相続人に解約権を認めるべきであるという説が有力です。
rc20.overture.com/d/sr/?xargs=15KPjg1lxSt5auwuf0L%5FiXEbqUkw... より抜粋 こちらも参考にしてください。
rc20.overture.com/d/sr/?xargs=15KPjg165St5auwuf0L%5FiXEbqUkw... 相続するのなら契約はそのまま生きていると思いますが、相続しない以上、相続人は根保証契約を締結する必要があるかも知れませんね。

2010/10/19 11:34:33

-根保証

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ