担保物権

先取特権と抵当権の違いについて 先取特権と抵当権の違いがよく分かり...担保物権

民法375条1項の「満期となった最後の2年分」とは何なのでしょうか?375条は後順位抵当権者を害する恐れがあるから規定された感じ??第375条1.抵当権者は、利息その他の定期金を請求する権利を有するときは、その満期となった最後の二年分についてのみ、その抵当権を行使することができる。
ただし、それ以前の定期金についても、満期後に特別の登記をしたときは、その登記の時からその抵当権を行使することを妨げない。
2.前項の規定は、抵当権者が債務の不履行によって生じた損害の賠償を請求する権利を有する場合におけるその最後の二年分についても適用する。
ただし、利息その他の定期金と通算して二年分を超えることができない。
1項(利息)は、利息の特別登記(具体的な金額)をすれば、そこからも優先弁済される?というようなことが書かれています。
2項(遅延損害金)は、利息+遅延損害金が2年を超えたらダメってことが書かれています。
1項の「満期となった最後の2年分」というのは「競売配当日から遡って2年分の利息」だと個人的には考えています。
そうだと解釈したら、「弁済期までの利息+弁済期後(遅延後)」の2年分なのですか?よく分からなので、ご教示よろしくお願いします。

趣旨は、抵当権は、担保目的物が設定者の手元に置かれ、抵当権設定後も後順位抵当権者や一般債権者等の第三者が目的物について利害関係を持つことは少なくありません。
そこで、抵当権者の優先弁済権をある範囲に制限するという趣旨です。
375条1項を判りやすい文章で口語してみます。
(抵当権によって担保される債権の範囲)抵当権者が、利息や地代、小作料などのように、定期的に支払われる金銭を請求する権利を持っているときには、満期になったときから遡って最後の二年分についてだけ、抵当権に基づいて取り立てることができる。
ただし、それ以前の分についても、満期になってから特別の登記をしたときは、その登記のときから抵当権に基づいて取り立てることが出来る。
(注釈)抵当権によって担保される債権は、元本だけでなく、利息も含まれますが、この場合には、登記しておかないと担保されません。
(不動産登記法117条)、また、登記がしてあっても利息の全部が保証されるのではなく、満期、つまり、競売を始めたときから遡って2年分の利息しか保証してもらえないことになります。
満期になってから、特別の登記をすれば、それ以前の分も保証してもらえるのですが、登記の前に他人が2番抵当権等の登記がしてあれば、遅れて支払いを受けることになります。
ちなみに、2項は、前項の規定は、債務者が債務を支払わないために生じた損害の賠償を、抵当権者が請求する権利をっもっている場合は、その最後の2年分にも適用されます。
ただし、賠償金だけの場合も、また、利息やその他定期的に支払う金額と一緒に請求する場合でも、2年分を超えることはできません。
債務を支払わないことによって生じた損害賠償金は主として、遅延利息(遅延損害金)のこと、これも最後の2年分しか請求できません。
再釈(勘違いをする面)。
本条は、他の債権者との関係で、抵当権者の優先弁済権を制限したものだから、債務者または設定者は元本債権のほか、利息、損害金の全額を弁済しなければ抵当権を消滅させることは出来ない。
(判例)利息、その他定期金(地代、終身年金等)が弁済期到来後(注、満期の時点が異なる。
判例上)に登記されれば、登記のときから375条の制約を超えて抵当権を行使できます。
遅延損害金については利率の約定があるといには、予定された利率による最後の2年分に限って抵当権の効力が及び、遅延期間が2年にならない場合には、その前の延滞約定利率と通算して2年分とされます。

2012/9/4 21:36:18

宅建について売主の担保責任のところです。
他人物売買で売主に責めに帰すべき事由があって所有権を取得できなかった時は悪意の人でも損害賠償を請求できるとなってます。
それは取得できるであろう事を見込んでの売買なので他人物売買であったのを知っていた悪意の人でも損害賠償請求できるのはわかるんですが、一部他人物売買で代金減額請求を悪意でもできるのは何故ですか?ここら辺が善意、悪意、責任追及・・・など覚えにくいんですがなにかいい覚え方、考え方はありますか?

代金減額=一部解除、と理解すればokです。
一部他人物だから一部解除の代金減額も認められます。
悪意の買い主にも代金減額が認められる理由は、全部他人物で悪意の買い主に(全部)解除が認められているのと同じ趣旨です。
(代金減額は一部だけ契約がなかったことにして、支払った代金の一部を返還請求する代わりに、元々の代金を減額したと考えて「一部解除」と理解します。
)なお、一部解除の代金減額は、欠けて足りない部分が可分である必要があります。
なので、一部数量不足では認められますが、担保物権や用役物権が設定されてた場合は認められていません。
一部だけの担保権や用役権は無く目的物全体に効力が及ぶからです。
このように、まずは代金減額が認められる2つを覚えます。
次に、他人物と知ってても、売り主の努力で取得できると信じた者は保護されますし、担保権設定を知ってても実行されないと期待した者は保護したいので、これら他人物グループと担保権は、悪意者でも保護されます。

2012/2/8 16:31:19

質権における物上代位と抵当権における物上代位、この2つには違いや異なる点はあるのでしょうか?比較できる点などがあれば教えていただきたいです。
宜しくお願いします。

こんばんは!団体職員です(^-^)先取特権の「物上代位性」は検索しても理解できると思いますよ。
民法296条の留置権の性質についての規定も先取特権にも当てはめ適用されますねつまり、債権全部の金額について支払いを受けるまで、目的となる物の全部を競売することができ、その代金から他の債権者もり先に支払いを受けることができるわけですね、この性質を先取特権の「不可分性」と呼びますね一般の先取特権の順位一は、共益費用(財産の保存・清算・配当などのための費用)です。
担保目的物は、「財産全部」です。
尚、不動産を目的とする質権は今日の社会ではほとんど利用されていませんね、何故なら抵当権の方がより実用的な権利だからです。
せっかくお邪魔したので、根抵当権の優先弁済について、ちょっと能書きを(笑)設定契約で優先弁済の限度の額とした極度額までは、元本、利息、定期金、損害金の総計金額について優先弁済を受けることができる旨を、398条の3で規定しています。
一般の担保物権とは異なり(374条参照) 、極度額の範囲なら、全ての利息、損害賠償金が担保され、極度額を超える分は一切担保の対象とはなりません。
それでは、お邪魔しました(^-^)

2018/1/2 00:17:29

行政書士の試験問題の質問です。
留置権が成立するには、被担保債権がその物から生じた債権であることが必要であるところ(牽連性)、借りてた土地が譲渡されて、譲受人から土地明渡請求された場合、賃借権自体を被担保債権として留置権を主張できるかについて、判例は、賃借権は賃借物を目的として成立するものであり、その物に関して生じた債権ではないとして(牽連性はない)、留置権の成立を否定している(大判大正11年8月21日)。
したがって、借地人は、譲受人に対して留置権を行使して土地の明渡しを拒絶することはできない。
上記の解釈は土地を賃借して家を建てていた賃借人を指すのでしょうか?それともただの空き地を賃貸していた場合を指すのか解らずです。
よろしくお願いします。

借りていた土地が譲渡された場合の話です。
その土地に建物を建てていようが更地のままであろうが関係ありません。

2014/7/16 10:48:22

家が競売に手続き入っています。
離婚問題についても5年ほど前からあり、父親の勝手な行動により困惑しております。
どうしたらいいでしょうか?2012年より父親が家を出ていきました。
家族構成は父・母・私・弟なのですが夜中に勝手に家を出ていったと母から聞きそれから事態は悪化していきました。
現在、父親は借金により自己破産を考えていて、その借金の中には母方の祖父母の土地も担保に入ってるようで、競売が進んだり自己破産が行われれば、今住んでいる家を出る事と別家の祖父母の土地もなくなり祖父母の方も家を出なくてはならなければ状態になりそうです。
(4/24:家の現状調査)私(成人)自身、精神障害者で障害年金受給・就労B作業所に通っていたり、弟(成人)はバイト勤め、母も心境状態から働きに行くことは難しそうです。
現在は母方の祖父母に助けてもらいながら生活しています。
2012年の頃から両親の離婚話が出ており、性格の不一致とは聞いていますが理由ははっきりしていません。
(まだ離婚はしていない)弟が父から話を聞くと「今離婚すると借金の半分が母に行くから安易に離婚できない」言い、母が父から話を聞くと「早く離婚してくれないし、連絡取らないでくれ」など全く別の話になってきます。
また母からによると父は「うつ病だから大変なんだ」というような事もメールに書いてあったといいます。
現在私は父と接すると精神面の問題からご飯が食べられなくなったり、過呼吸になってきたりしてくるのでまともに話すことができませんので弟・母に任せています。
父自信、いろいろ切羽詰まってきてるのでしょうが5年ほど前より離婚問題が出てからは家族で話し合いがしたいと言ってもしてくれませんし、生活費を入れてほしいと言っても入れてくれなく物事だけ知らぬ間に進んでいってるような状態です。
ちなみに父方の祖母や妹夫婦は無関心です。
競売の事・離婚の事、父が出ていった当初と比べると両親だけの問題じゃなくなってきているのでどうすればいいのかよく分からないです。
家族だけではなくやはり弁護士に相談した方がよいでしょうか?

こういうことがあると家族みんなが病んじゃいますね。
そういう家族を何度か見かけたことがありますので、事情はよくわかります。
抵当権が設定されている不動産はどうにもならないですよ。
そういう事情なら今住んでいる場所の土地と建物、祖父母の土地と建物全部が競売に掛けられてしまいます。
これは防ぎようがありませんので、弁護士に無駄な費用を払っても、どうにもなるものではありません。
借金は父親だけに留まりますので、離婚しようとしまいと、母親は連帯保証人じゃない限り債務は一切ありません。
連帯保証人なら、逆に離婚しようとしまいと債務からは逃れられませんので、結局の所、借金問題と離婚問題は、連携していない別の問題です。
母親が未練があって別れられないのか、父親が未練があって別れられないのか、お話しからはよくわかりませんが、そんなことでうじうじしていないで、さっさと別れてしまった方がいいですよ。
母親は、たとえ連帯保証人になっていて債務があったとしても、払いたくてもお金のない人からは、取立なんて出来ないのですから、悩むほどのことではありません。
子供ももちろん父親の借金なんてなんの関係もありませんから、取り立ては子供のところには来ませんので安心して暮らしてください。
しっかり働いて父親とも母親とも決別して、自分で家賃を払ってアパートで幸せに暮らせばいいのですよ。
子供はいつかは親元から巣立つのが普通なのですから、それは特別なことではありません。
それは祖父母も一緒です。
家は競売で失いますが、それで終わります。
借金が祖父母のところにくるわけじゃないので、祖父母が自己破産なんて馬鹿なことをする必要は全くありません。
祖父母は、担保物権以外に何か取られるようなことはありませんので、そんな男のために家を担保に提供してしまったことを後悔することにはなりますが、過ぎてしまったことを悔いて残りの人生を貧しい心で生きるよりは、あなたなど働ける若い人が協力して助け合いながら力強く生き抜くだけですよ。
あなたも思い出したくない父親の事なんて、いまさら思い出す必要はないのですから、母親にはさっさと離婚するよう勧めてください。
父親が協議離婚に協力しないなら裁判所に離婚調停を申し立てて裁判所で話し合えばいいのですよ。
そういうことは感情的にならずに、淡々とやるにかぎります。
誰かに父親のことを相談して、恨み言を言ったりして、そっちの方向ばかり見ながら後ろ向きに生きると、いいことがあるなんてことはないのですから、忘れて前向きに生きることです。

2017/4/26 15:31:49

担保物件とは何でしょうか?担保物権との違いを教えてください、よろしくお願いします。

○担保物権留置権先取特権質権抵当権4種類があって文字のごとく権利。
それぞれ特徴が相違。
○担保物件担保物権の目的物。
例えば家、土地、有価証券など、債務が弁済されないときに他の債権者に優先して弁済をうけられる対象物。
要は「権利」と「対象物」の違いです。

2012/4/13 01:42:42

H25年の予備試験の短答 第7問 について。
この肢が誤りである理由を教えてください。
**債務者が所有する不動産に抵当権が設定されている場合その被担保債権に係る債務につい て他の者により併存的債務引受がされたときは当該債務引受によって生じた債権もその抵 当権の被担保債権となる。
**重畳的債務引受をしても、担保物権って消えないと思ったので正解だと思ったのですが誤りでした。

抵当権が消えるかどうかという話と、被担保債権が何かという話がごっちゃになってます。
債務者AがBのために自己所有不動産に1000万円の抵当権を設定した。
抵当権設定年月日金銭消費貸借年月日設定債権額1000万円利息 無利息債務者 A抵当権者Bで、Cがこの債務を重畳的に引き受けたとします。
連帯債務者としてCを追加すべく抵当権変更契約を結んだ、というならともかく、そうでないのであれば、Aを債務者とする抵当権でCの債務まで担保されるはずはありませんよね。

2015/7/2 04:56:24

自分の車のメーター修理で車屋に修理をお願いして預けていました。
代車は貸してもらえると言われたので、貸してもらったのですが。
その代車を自分ちでぶつけてしまいました。
最悪、車だけしか壊れておらず、警察も保険屋にも連絡をして、車屋には車を返して、自分の保険が使えないため自腹になると車屋と話しました。
早く見積もりが出るようにします。
と言われました。
その時に自分の車はあと2、3日で返せます、と言われたので待っていたのですが、2週間経っても連絡がないため、車の修理額と車がいつ返ってくるかの確認の電話をしたら、車は返せる状態ですが、本社が見積もりを出して返事が来ないため返せないと言われました。
これってあり得る話なんでしょうか?

単純に留置権の問題だと思います相手に、口頭とは言え、契約のもと預けた車の修理代金、代車の修理代金の支払いが行われるまでは帰ってこないと思いますよとりあえずは、メーター修理の代金を支払えば留置権は消失する可能性がありますが、なので、あり得る話となりますちなみに留置権とは(wiki転載)留置権(りゅうちけん)は、他人の物の占有者が、その物に関して生じた債権の弁済を受けるまで、その物を留置することを内容とする担保物権。
先取特権と同じ法定担保物権に属するが、先取特権に認められる物上代位性や制度上の優先弁済の効力は留置権には認められない(ただし、留置権にも事実上の優先弁済が可能となる場合がある)。
民法295条以下で規定されている民法上の留置権(民事留置権)のほか、商法に規定されている留置権(商事留置権)もある。

2016/10/3 14:27:23

市民税滞納で役所の税務課から税滞納整理機構に引継がれました。
アドバイス下さい。
※長文になります。
早く片付けたいにもお金がなくどうしたら良いのか分かりません。
放置ではなく月1.2万ずつ分納してもらっていたのですが、一昨年くらいから担当がかわり厳しくなり、こんな金額じゃいつになっても終わらない。
もっと金額を増やして欲しいと言われ一昨年から月10万ずつ支払いをしていました。
月10万+今期分も別では払えないと伝え、今期分も分納に一緒にしてもらっていたため、返しても返しても減っていかない(今期分が加算されてくため)状態でした。
ここ半年程、旦那が怪我と胃を悪くし二度の入院、私は2つの仕事を掛け持ちし朝6時から夕方6時まで働いていましたが一つの仕事が閉店でなくなってしまい収入が半分に...なので早めに役所に相談にいき事情を話しここ半年は月5万?3万にしてもらっていましたがそれも払えず、先月払えてない分だけは一括で分納はもう出来ない。
期日までに払えなかったら整理機構に引継がれます。
と言われ金額も10万程あり、どうする事も出来ず整理機構に引継がれてしまいました。
整理機構と話し合いになりましたが分納は一切無理。
と一点張りで一括返済してくれと言われてます。
(約300万)もしどうしても無理なら証券や家の登記?などを持ってきたら一年の猶予が出来るので、どちらか選べと..一年の猶予が出来たところで月30万近くの支払いをとてもじゃないが出来ません。
方法は二つしかない、あなただけ分納の形をとる事は出来ない。
こちらに引継がれたら皆さんどちらか選んでもらってる..と一点張りで聞く耳も持ってくれません。
自分たちが悪いのは承知ですが、ないものはないです..どうしたら良いのか分かりません。
聞く耳を持ってくれないので、他に方法あるのでしょうか?弁護士ですか?滞納金150万程、金利がすごい事になっていて合計300万程あります。
財産もありません。
旦那、私と車はあります。
家もおばあさんと同居です。
絶対一年で払えないので登記預けてくれとも話せないです。
(同居なら親のでもいいと言われた)食欲もなく追い込まれています。
あまりに聞く耳を持ってくれないので、そこまで言われると自殺しかない..と思ってしまう程。
因みに旦那は知らないフリです。
酒飲み、タバコでどうしようもないです。
預金無し、子供はすでに成人しており家庭も持ってます。
過去、消費者金融にもお世話になり任意整理を弁護士に頼んだ事もあり、ブラックなので借り入れは出来ません。
今後どうしていいのかアドバイス頂けたらと思います。
家族と話し合い25日までに連絡下さいと言われています。
長文失礼しました。
補足回答ありがとうございます。
税は旦那、私お互いです。
稼ぐと税が増える..稼がないと支払いが出来ない..のでいっぱいいっぱい働いてきました。
不動産は旦那の両親(父)です。
整理機構の話しだと、名義は旦那親でいい、登記を持ってきてくれと...家電など必要最低限はありますが高価な物、生命保険すら未加入です。
車はオイルが漏れるようになってきており10年乗ってます。

こんなこと言っちゃいけませんが、悪徳金融みたいなやり方ですよね。
登記をよこせとか・・絶対に駄目ですよ。
むこうは担保になるものと支払いの約束(契約)が欲しいのですよ。
それで約束を守れなければ担保物権を取り上げると・・。
よく使う手口です。
違法じゃありませんが、あまりに非情なやり口です。
滞納分が管理機構に移されたなら、取り敢えずは放っておいて(一括じゃ払えないんだから仕方ないです)現在の・・今月分からでも良いので、新しく掛かってくる税金だけ支払って良いと思います。
別に受け取りを拒否したりしませんから、新規にかかってくる分については滞納の上乗せを防げます。
そのうち、向こうから策を提示してくると思います。
脅かせば払いそうだから脅すんで、脅しても払えないと解れば別の方法で回収しようと考えますから。
それで、次のサイトなど参考に対策を考えてみてください。
読むだけでも役に立つし、相談にも乗ってくれます。
www.nekojiro.net/hazimete.html滞納を返済することも大事ですが、何より大切なのは生活を守ることです。
生活を犠牲にしてまで払わなければならないお金なんて存在しません。
役所は貸金業法が適用されないので下手をすると悪徳みたいなことしますが、基本的にはただの役人です。
家に押しかけてきたりはしないので、口八丁に騙されないように。
家を守ることはこれからの生活に不可欠でしょう?ぜったい取られるようなヘマをしては駄目です。

2013/7/26 11:35:34

先取特権と抵当権の違いについて先取特権と抵当権の違いがよく分かりません。
無知な私にどなたかご教示下さい。

民法上の先取特権と留置権の一番大きな違いは、「法定担保物権か約定担保物件か」ということです。
先取特権は、先取特権を有する者が、債務者の総財産・特定の動産又は不動産について、他の債務者に優先してその債権の弁済を受けうる担保物件で、法律上当然に生ずる法定担保物権です。
抵当権は、抵当権を設定する当事者の契約によって成立する約定担保物件です。

2007/2/14 23:18:52

-担保物権

© 2021 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ