担保物権

司法書士試験を受験したいのですが 民法総則、担保物権、債権総論、各...担保物権

混同について・ 相対立する二つの法律的地位が同一人に帰すること。
債権と債務とが同一人に帰したときなど、物権・債権の消滅の原因となる。
「混同」のイメージが湧きません。
解説お願いします。
例えば、Aという債権者、BCという連帯保証人がいて合わせて3000万円かしていたとします。
Bは1500万円をAに弁済できました。
こういうケーズでしょうか?勉強させてください。
3 相対立する二つの法律的地位が同一人に帰すること。
債権と債務とが同一人に帰したときなど、物権・債権の消滅の原因となる。

例1)Xは父親Yに100万円金を借りていたが、Yの死亡でその財産を単独相続した。
例2)Aの所有地をBが賃借し住宅を建てて住んでいたが、CのDに対する債権を担保するため住宅に抵当権を設定していた。
Cが抵当権を実行し競売にかけたところ、Aが競落し住宅の所有権を取得した。
例3)甲土地と乙土地をA、それに挟まれた丙土地をXがそれぞれ所有していたが、甲土地上の建物と乙土地上の建物を空中回廊で?ぐためその下の丙土地に区分地上権を設定するようAが頼み、Xもこれに応じた。
その10年後、Xは丙土地をAに売却した。
例1→この場合、Yの貸金債権100万円が相続により債務者Xに移転するため、Xの貸金債務は債権と共に消滅します。
また、Xに対するYの債権を担保するためXの所有物に質権などの担保物権を設定していた場合は、相続によって担保物権者と担保物権設定者が同一人に帰するためこちらも消滅します。
例2→借地権は借地上の建物所有権の従たる権利なのでBの借地権は住宅所有権と共にAに移転しますが、Aは借地の貸主でもあるため借地権は混同によって消滅します。
例3→地上権者とその目的物の所有者が同一人物となったため、地上権は混同によって消滅します。
用益物権や担保物権によって制限を受けている所有権は、制限の原因となっている物権と同一人に帰した時点で「パズルのピースが埋まるように」元の完全な所有権へと戻ります。
これが物権の混合です。
これに対し債権と債務の混合では、債権と債務とが同一人に帰する事で履行が無意味になるため消滅するのです。

2014/6/29 15:25:43

担保物権の目的物とは担保物権を設定したものと考えればいいでしょうか? この場合、担保物権は何でも設定できるのでしょうか? 極端な話、お米1トンとか。
補足このいけすの魚全部と設定した場合、いけすの魚を他に移してしまったらどうなるんでしょうか? いけすの魚が移ったことを証明することはできませんよね。

そのとおりです。
お米1トンはまったく極端な例ではないです。
商業上の取引物に対して担保物権が設定されることは非常に多く行われています。
(「ほとんどありとあらゆる商取引の場合に」といってもよい程度にです。
)もうちょっと極端に思える例としては、「このいけすの魚全部」というような設定の例もあります。
魚を特定せずに、いけすの場所で特定します。
>補足に対して先に述べたように、魚を特定しないところにこの方法のメリットがあるのです。
入れ替わりのある集合物として扱います。
価値が一定しませんし、もしかしたら行使の時にはいないかもしれませんが営業を続けている限りは、入れ替わりはあるけれど魚は入っているだろうということから営業活動を維持したまま担保権を設定する手法として使われています。
担保権を設定する側としても、出荷されてしまった特定の魚を追いかけたり、いちいち入れ替わりのたびに担保権を設定しなくていいので、メリットがあります。

2010/10/31 16:36:13

県庁や市役所、区役所などで行政職公務員として働いてる方にお聞きしたいのですが、そうした職は入庁後も受験で使った民法や憲法、経済学の知識などを使うことってあるんでしょうか?それと、前に新人職員をテレビで見たら机に分厚い地方自治法って書いてある分厚い参考書のようなものがありましたが公務員になっても日々勉強なのですか?

>県庁や市役所、区役所などで行政職公務員として働いてる方にお聞きしたいのですが、そうした職は入庁後も受験で使った民法や憲法、経済学の知識などを使うことってあるんでしょうか? 憲法なら、10条、11条、12条、13条、14条、15条、16条、17条、19条、20条、21条、22条、25条、26条、29条、30条、31条、92条、93条、94条、95条、99条・・が関わってきます。
民法なら、「総則」「物権」「担保物権」「債権総論」「債権各論」「不法行為」~つまるところ『財産法』分野全般でしょうか。
それから、行政法の「総論」も「各論」も「おさらい」したがいいでしょう。
>~前に新人職員をテレビで見たら机に分厚い地方自治法って書いてある分厚い参考書のようなものがありましたが~ご覧になった分厚い『地方自治法』~確か学陽書房:長野士郎、著~ですが、あのボリュームを通読・理解・説明出来る職員など、ほとんどおりません。
この著者(*故人)は、旧・自治省の事務次官を退官後、郷里の岡山県の知事選挙に「当時の野党系」の推薦を受けて立候補し、圧倒多数の票を得て当選した人物です。
それと、前に新人職員をテレビで見たら机に分厚い地方自治法って書いてある分厚い参考書のようなものがありましたが公務員になっても日々勉強なのですか? とりわけ大卒事務系の職員は、2~3年サイクルで異なる未知の行政分野を所掌する所属へと転勤を繰り返しますので、その都度、新しい『各論・行政法』を学ばねばなりません。

2017/4/1 18:22:37

譲渡担保について他人物に譲渡担保を設定した者が金銭を返還出来ずに、担保権者に目的物の所有権が移った場合、のちに元の所有者がこれに気付いて返還請求をしたとしても担保権者は引き渡さなくても良いのでしょうか。
引き渡さなくて良いとすると、その法的根拠は何でしょうか。
即時取得かとも思うのですが、占有改定には即時取得が認められないようなので、気になりました。
よろしくお願いします。

即時取得しかあり得ず設定者の所有物に譲渡担保権が設定されたと信じた事につき相当な理由があり(善意)またそのように信じた事につき過失が無かった場合譲渡担保権が設定された時点でもって譲渡担保権者は担保物の所有権を取得しその「反射的効果」として真の権利者は権利を失います。
もっとも真の権利者が無くした物もしくは真の権利者から盗まれた物に譲渡担保権が設定された場合無くしたもしくは盗まれてから「2年以内」であれば返還を請求する事が出来ます。
(民法193条 参照)

2015/7/12 01:16:32

物権変動の混同による消滅について 民法179条に規定されている、混同による物権の消滅の二つの場合のうち、一項本文に記載されている、所有権および他の物件が同一人に帰属した場合。
これは、例えば地上権者Aが地主Bから土地を購入したため、自分の土地に地上権を設定することになるというのはおかしいので、地上権はなくなる、ということで理解できました(間違っていたら指摘お願いします)。
ですが、二項に記載されている場合の、所有権以外の物件およびこれを目的とす他の同一人に帰属したとき、というのが理解できません。
例をあげてわかりやすく教えてください。
お願いします。
また、一項ただし書きにある、その物または当該ほかの物件が第三者の権利の目的であるときは、この限りではない、というのもどういう意味なのか教えてください。

はい、2項に言う「所有権以外の物件」とは具体的にはたとえば地上権ですね地上権には担保物権として抵当権を設定する事が出来ますそこで抵当権者が当該地上権を取得したら抵当権は1項の所有権に設定したのと同じく混同で消滅するって事です

2016/3/31 00:09:16

土地収用法に基づく用地強制収用について ①担保物権が複数設定登記されている土地を土地収用法に基づく強制収用すると当該担保物権はどうなりますか?②債権への付従性にて成り立つ担保物権は、①により消滅してしまった場合、債権自体は残りますが、いきなりの強制収用により担保物権が消滅した当該債権者は、どの様にして当該債権を以後確保するのでしょうか? 強制収用した官公庁に対し、不法行為に基づく損害賠償請求するのでしょうか? ③事業認定とは何でしょうか? 土地収用法で以後処理するよとの認定でしょうか? ④事業認定になって実際に強制収用しようと思えば、何か(債務名義に基づく強制執行における執行文付記手続きのようなパワーを備える手続き)は別途必要なのでしょうか? ⑤④において実際に強制収用がなされる場合、土地所有権者が死亡し登記はついていないが実態法上は共同名義(共有)となっているし、複数の担保物権設定されている場合、強制収用する旨の通知は誰に送付し強制収用効力がどの様に発生するのでしょうか? ご教示お願い致します!

① 強制収用は原始取得なので元の所有権に付着していた権利は消滅します。
② 所有権者が取得する補償金に物上代位することになります。
③ 土地収用法をご参照ください。
④ 収用委員会に対して裁決の申し立てをするわけです。
⑤ 土地収用法をご参照ください。
↓law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26HO219.html

2014/3/27 15:42:31

抵当権者が物上代位権を行使して賃料債権を差し押さえた後は、賃借人は、抵当権の設定登記後に賃貸人に対して取得した債権を自働債権とする賃料債権との相殺を抵当権者に対抗できないとされています(最判13.3.13)。
これに関して、賃借人の債権が敷金であっても同じであり、敷金返還請求権は明け渡し終了まで発生しないから、このような発生しない債権を自働債権として相殺できないとの判決(大阪地裁13.12.20)があります。
その後、賃貸借契約が終了し、目的不動産が明け渡されたときは、賃料債権は、敷金の充当によりその限度で消滅する。
(最判14.3.28)との判決が出ております。
このような、賃貸不動産に設定された抵当権と賃料への物上代位と敷金との関係はどう考えればよろしいのでしょうか。

それ以前に基本的な事ちゃんと押さえてます?債務者Aが第三債務者Bに対して有する債権がCにより差し押さえられ裁判所からBに対して支払停止の命令(民事執行法145条1項)が出た後にBがAに対する債権を取得したとしてもBはAの債権と相殺する事は出来ない事を。
(民法511条 参照)ただCが担保物権たる抵当権を有していた場合概ね物権(事実上、物上代位権)は債権に優先して保護されると考えるので支払停止の命令が出た後では無く抵当権設定登記がなされた以降としたのが最初の判例の趣旨。
そうすると、あとの2つの判例はその実質は敷金返還請求権の発生時期・敷金の法的性質を説明するものであって最初の判例とは直接関係無いはず。

2015/5/13 23:47:47

競売事件や破産事件に対して配当要求のため、債権届出をする場合ですが、届出出来る債権は税金など以外だと債務名義が取れてるものや、担保物権が設定されたものだけですか?借差押した債権も配当してもらえますか?補足間違えました。
仮差押です。

不動産の強制競売で配当要求できる債権者は執行正本を有する債権者、差押登記後に登記された仮差押債権者、所定の文書により一般先取特権を有することを証明した債権者となります。
(民事執行法第51条)破産事件ではこのような制限はなかったかと思います。

2015/4/12 12:19:21

カーローンについて滞納を続けてローンを解約された友人、仮にA君とします。
A君のローン残金が約100万残っているらしく、一括返済が厳しいとの事。
その為近々車を持っていかれるんですけど、車を持って行かれてもお金は払うものなんですか?車を返して終わり!ってことにはなりませんかね?

車は担保物権になります。
なので、ローン会社による「差し押さえ」ということになります。
ローンの残額と清算があります。
査定が行われ、100万以上の査定になれば終わりですが、100万に満たなかった場合は差額はローンが残ります。
その分は払い続けないといけません。
ちなみに差し押さえになる位ですので、別なところで借りる事もできないですね。
既に信用機関に登録されていて、全ての金融機関から拒否されます。
※ヤミ金なら借りられるかもですが。


その後大変なことになるでしょう。
査定価格ですが、保証会社が査定をしますので、ハッキリ言って相場の7割になればいい方です。
物によりますが、殆どの場合それで弁済は無理でしょう。
その後。
ローンが残っていて、更に滞納して支払わない場合、方法は3つです。
一括で完済する。
他の物の差し押さえ。
自己破産。
一括で完済は無いでしょう。
できるなら車を差し押さえされてません。
残り2つはどちらも最低ですね。

2014/4/18 21:53:24

司法書士試験を受験したいのですが民法総則、担保物権、債権総論、各論、物権法の本を中古で購入しました。
大幅に改正があったのは会社法と親族相続くらいでしょうか?上記4点のいずれの本も入門レベルなので入門レベルならば十分でしょうか?よろしくお願いいたします。
補足有難うございます。
民法総則、債権総論、物権法、担保物権いずれも2005年度出版です。
以前日商簿記1級、税理士の講座を取っていたので会社法や相続税法などの大幅な改正は知っていました。
他の法律は入門レベル位なら大幅に改正されてはいないと思ったので今回購入に至った次第であります。

何年発行のものか判りませんが、基本ルールを習得する為と割り切って使用するしかないと思います。
青が赤に変わってしまった様な改正もありませんから、入門と割り切って使用するなら使えない事はないと思いますよ。
不安なら「民法 改正」で検索すると、改正のあった条文を自分でチェックする事ができます。
(補足について)2005年なら使えると思います。
ただ、司法書士試験は細かい条文知識を問われるところが特徴の試験なので、最終的にはご自身で補足・修正する必要はあると思います。
民法法人の部分は全く変わっていますし、未成年後見も変わる予定です。

2011/10/26 17:48:10

-担保物権

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ