回収規制

商品券、ギフトカードは、扱いは掛けになるのですか。 買掛、売掛、の...回収規制

エコカー(環境負荷や燃料消費の軽い車?)の種類、全然知らないので教えてくださいディーゼル車とか燃料電池車とかハイブリッド車とか...色々名前聞くけどよく分からんです大まかな特徴とか教えてください

【ハイブリッド車】内燃機関(エンジン)にモーターを組み合わせて、エンジンの不得意な回転域をモーターで補うことで、エンジンを停止させて走行することで燃費使用を抑え、環境排気物の排出を減らします。
減速時は無駄に熱として放出していたエネルギーを回生発電で回収し、モーター駆動に活用します。
エンジンに付加することで燃費性能が向上できます。
日本ではガソリンエンジンとの組み合わせだけしかありませんが、欧州ではクリーンディーゼルエンジンとの組み合わせや、韓国ではLPGエンジンとの組み合わせもあります。
他のエコカーよりも環境負荷削減効果が少ないため、米国カリフォルニア州のZEV規制では、ZEV対象から外されました。
【プラグインハイブリッド車】ハイブリッド車のバッテリー容量を増やして外部充電ができるようにした車です。
バッテリー容量が増えたため、バッテリーの電力のみで走行できる後続距離が長くなります。
外部で充電した電力で走行する電気自動車として利用でき、バッテリーの電荷容量が枯渇してからはエンジンで走行ができます。
電気自動車の後続距離が短いという欠点を補います。
電気自動車が普及するまでのリリーフという存在です。
充電した電力だけで利用できる用途なら、エンジンを使わないため燃料は消費しません。
燃費としては無限大となります。
【クリーンディーゼル車】CO2NOxPM黒煙の排出を抑える装置を搭載したディーゼルエンジン車です。
燃焼効率は、直噴インジェクターとコモンレールが用いられています。
CO2NOxの廃除には、EGR(排気帰還装置)、尿素SCRが用いられます。
PM黒煙の廃除には、DPFが用いられます。
VWの不正は、EGRの帰還制御を規制検査だけ最大に稼働させたことが原因です。
ガソリンエンジン並の環境排出量まで削減しているため、クリーンと名付けられています。
ガソリンエンジンとは異なり圧縮自然着火のため、低回転のトルクが強く、エンジン回転数を上げなくても十分走れる特性があります。
【水素燃料電池車】電気自動車ですが、外部充電したバッテリーを電力源とするのでは無く、水素燃料電池を電力源とする車です。
水素ボンベを搭載し、水素と空気中の酸素を直接反応させて電力を取り出します。
必要な電力だけを発電できないため、燃焼電池で発電した電力は一旦バッテリーに蓄えてから使いますから、ハイブリッド車並のバッテリーも搭載する必要があります。
水素を充填すれば即走行できるので、電気自動車の充電時間が長い問題は解決します。
反面、水素管理の安全面、水素生成コストが電気そのものなので電気を外部から充電するよりもコストがかかる点、水素スタンドの設置コストが莫大過ぎる点等の課題があります。
普及の可能性は極めて低い車です。
コミュニティエリアだけで使用するような用途での利用となるでしょう。
(team_taro666さんへ)

2015/10/9 22:16:37

『原発廃炉:消費者に負担転嫁導入、検討入り 経産省』2014/11/26⇒「原発の解体費用;110万キロワット超の大型原発で558億?834億円程度」この金額で本当に済むのか?廃炉の方法もわからずに、いい加減に試算しているのでは?⇒アメリカの設計の原発、設計時の想定は30年では?廃炉費用の積立をするなら、50年ではなく30年で行なうべきでは?なぜ50年なのか?⇒原発を再稼働すれば、発生し増加する核廃棄物、百万年間の管理費用が発生するのでは?その費用はいくらなのか?当初燃料費の数千倍/数万倍?の費用が発生するのでは?廃炉費用の数十倍/数百倍?の費用が発生するのでは?⇒その費用は、積み立てているのか?処理方法も管理方法もわからず、試算もせず、積み立てもせず、発電コストの計算に含めず、ただ子どもの世代に押し付ける気か?⇒バカげている。
原発とは、国家ぐるみの粉飾決算であり、国家経済を根本から衰退させる。
原発の再稼働とは、「犯罪」ではないか?・・・『原発廃炉:消費者に負担転嫁導入、検討入り 経産省』2014/11/26 毎日 「経済産業省は26日、運転終了後の原子力発電所の廃炉費用について、2018?20年に予定される電気料金の完全自由化後も大手電力会社が消費者に負担を転嫁できる仕組みを導入する方向で検討に入った。
発電部門と送電部門を切り離す発送電分離が実施された後、事業所や家庭への送配電を請け負う電力会社の利用料金に上乗せする形で負担を求める案が浮上している。
電力自由化後に予想される価格競争に影響されずに廃炉費用を安定して回収できるようにすることで、電力会社による早期の廃炉判断につなげたい意向だ。
原発を保有する電力大手は、原発の廃炉費用を年度ごとに分割して計上し、電気料金に上乗せしている。
13年7月の制度改正で原発の運転期間が原則40年に限定されたことで、より長期の運転を想定していた老朽原発の廃炉が前倒しされ、電力会社が運転計画期間に分割計上する予定の廃炉費用を前倒しで計上する必要が生じ、多額の損失が生じる可能性が出ている。
経産省は、16年7月に運転期限を迎える原発7基を廃炉にした場合、1基当たりの損失は約210億円と試算している。
原発の再稼働が遅れて財務が悪化している電力各社は多額の損失計上に慎重で、廃炉が円滑に進まない懸念があった。
このため、経産省は、廃炉となった場合も、原発設備の多くを複数年度に分割して計上できるようにし、電力会社の財務が一気に悪化しないようにする方針だ。
新たな仕組みの検討を急ぐのは、18?20年をめどに電気料金の完全自由化が予定され、それに合わせて廃炉費用を電気料金に上乗せする現行の料金制度が廃止されるため。
16年の電力小売り全面自由化後、大手電力会社の電気料金だけに廃炉費用が上乗せされた場合、新規参入の電力小売会社が料金設定で有利となる。
そうなれば、大手からの顧客流出が進み、廃炉費用の回収に困難をきたしかねない。
経産省はこうした懸念を解消することで、大手電力による予定通りの廃炉を後押しする。
◇廃炉2013年7月に施行された改正原子炉等規制法で、原発は運転開始から原則40年で廃炉にすることが決まった。
原発の解体費用は50万キロワット級の小型原発1基あたり350億?476億円、110万キロワット超の大型原発で558億?834億円程度とされ、電力会社は運転開始から廃炉後10年の計50年間かけて費用を積み立てている。
一方、原発の建設・改修費用は1基約4000億?5000億円とされ、部品ごとの耐用年数に応じ分割計上している。
解体費、建設・改修費はともに電気料金に上乗せされている。
廃炉が想定より前倒しされた場合、設備や核燃料の資産価値がゼロになり、複数年度で分割するはずだった損失が一気に発生し、電力会社の財務基盤が悪化する懸念がある。
」・・・◆原発を再稼働する正当な理由など1つもない!原発とは莫大な金額をただ無駄使いする「殺人装置」だ!・地震火山国の日本列島では、原発の安全化は原理的に不可能・川内原発がちっとも安全ではないことは、誰の目にも明らかだ・原発再稼働で、国家の破滅、国民の命が危険にさらされる・国民の大多数が原発再稼働に反対している・原発ゼロでも、九州も関西も北海道も全国で電力はあり余っている(元々、原発4800万kWの代替として、ほとんど稼働しない石油火力4650万kWと揚水2600万kWが準備されていた)・原発ゼロでも、電力10社中9社が黒字・震災後の3年半で、電力需要が減少(10社最大電力で原発37基分)、先端火力が新設(原発十数基分)、太陽光が新設(原発12基分)・その結果、原発ゼロでも、燃料費もCO?も劇的に減少を始めた(中部電力も東電も、フル稼働していた高い石油火力のほとんどをすでに休止)・原発の本当のコストは、太陽光や風力よりはるかに高い※

プロパガンダとは、隠蔽や情報撹乱の為に行う宣伝・広報活動を言うのであり、電力・自民工作員のお前と一緒には、御質問者さんもされたくは無いと考えられて居られるのではないか、良いクリニックを紹介して遣るので入院せよ!(1) 福島第二や柏崎刈羽クラスの大型の原発は、建設コストが当時で概ね2500?4500億円前後の建設コストで在り、その廃炉コストが【解体廃炉】と【地層処分】を前提とすれば、到底558億?834億円で済むとは余りに楽観的過ぎると思うのであります。
廃炉の方法は【解体廃炉】を前提としており、チェルノブイリでの【石棺廃炉】と言う選択肢を何故に、無理矢理に消そうとするのか、その最大の理由が数十年に渡る長期間の【廃炉利権】を得ようとする輩が居り、その圧力によるモノに他成ら無いからであります。
原子力関連固定資産の減価償却法に一番に採用しては成ら無い『生産高比例法』を適用して、停止中の減価償却費を計上しない事から【減価償却累計額=廃炉引当金】を過少計上して、廃炉には到底足り無い積立額しか残って居無い有様では、故意に遣ったか余程にバカしか居ないのか、全く計画性が無い事だけは確かの様であります。
とにかく、少なくとも建設世代が責任を負わず、莫大な【負の遺産】を将来世代に押し付け様としている事は明白であります。
(2) 経済産業省=原発マヒィアが原発の廃炉費用について、2018?20年に予定される電気料金の完全自由化後も大手電力会社が消費者に負担を転嫁できる仕組みを導入するのも無駄な事は判り切っており、既存電力会社の送電設備を使わ無い【直接小売】を成す【新電力会社】や【水素エネルギー】に切替えるのは明白であります。
発電部門と送電部門を切り離す『発送電の法的分離』が実施された後、事業所や家庭への送配電を請け負う電力会社(既存電力会社の子会社)の利用料金に上乗せする形で負担を求めるにも、その事が【離脱需要】を加速させるだけの自殺行為で在るのも明白であります。
故に、電力自由化後に予想される価格競争に影響されずに廃炉費用を安定して回収する事は困難であり、既存電力会社は【即時原発放棄宣言】して、送配電設備を無償供出して廃炉等のバックエンド事業は国営組織に肩代りして貰わ無い限りは企業存続は無理と言明して置きます。
少なくとも、既存電力会社の電力供給時代は終わるのであり、送配電設備を使わ無い【新電力会社】、水素エネルギーの時代に成るのを早め、原発の全廃が前倒しされるだけであります。
(3) 『生産高比例法』による【廃炉引当金】の計上では、総括原価方式でも停止中の発電し無い原発の減価償却費は計上されず、廃炉費用の積立が足りる筈は無く、如何に原発コストを安く見せ掛けて居たのか、そして当前の早い段階での資金回収を可能とする『定率法』を適用し無かった事にも連動したのは明白であります。
廃炉となった場合も、原発設備の多くを複数年度に分割して計上できるようにし、電力会社の財務が一気に悪化し無いとの方針の様でありますが、送配電設備を移した子会社に【新電力会社】への契約変更者にも負担させるのは、【直接小売】と【水素社会の実現】を加速するだけで事実上は無理と言明するモノであります。
つまりは、既存電力会社の顧客は別として、【新電力会社】の顧客の多くが【直接小売】を行う発電会社に雪崩れ込むか、完全自由自足型の自家水素(燃料電池)発電システムに替える等で、既存電力会社の送電設備から絶縁出来るので、2020年前後にはそう言うエネルギー供給体制に成っているモノと思うのであります。
(4) 建設(修繕)コストが110万kW当り5000億円程度で在り、今後は更なる高騰は避けられ無いので、アメリカやヨーロッパ諸国の大半が不採算性とシェールガス革命や再生可能エネルギーの画期的増強の達成から、原発の相次ぐ停止・廃炉が進んでおり、日本国の原発もその例外で在れる筈は無いのであります。
解体費、建設・改修費はともに電気料金に上乗せされているとモノの、当前の廃炉の前倒しをすると、原子力関連設備や核燃料の資産価値は当前にゼロに成って損失が一気に発生して債務超過等の財政悪化に陥るのは自業自得であり、電力需要者は【離脱需要】すれば良く、それで倒産するなら【新電力会社】が更に成長する訳で在り、生き残る事が可能な中部電力(確実)、東京電力(残骸)、北陸電力、(中国電力)、特殊事情から沖縄電力等と【新電力会社】の競争に成ろうかと思うのであります。
(5) 従って、廃炉費用の電力需要者からの詐取は無理で在り、潰れる既存電力会社のを含めて国営で行えば良く、短期集中的に【石棺廃炉】、『乾式キャスク』への使用済み核燃料等の放射性廃棄物の移動→【暫定保管】を速やかに完了させて、30?50年後の【宇宙投機処分】への道筋を着けるのが建設世代の責務と思うのであります。

2014/11/29 01:18:09

以前は日本の空港のイミグレ内にコンビニなんかなかったと思いますが、あれは規制がかかっていたのでしょうか?

今でもイミグレ内にコンビニはありません。
コンビニがあるのは、保税区あるいは制限エリアと呼ばれるところです。
規制ではなく、出店するための費用が回収できるかどうかでしょう。
保税区あるいは制限エリアに店舗を出すと空港管理会社に賃貸し料などを支払いますが、その費用は市内よりも高い。
※保税区あるいは制限エリアにあるコンビニは免税店ではありません。
自動販売機も同様に免税ではありません。
免税店になるには税務署への申請が必要であること。
品物を販売するときにパスポートの確認と免税のための書類の作成が必要となり、その作業が煩雑となるためと思います。

2017/8/25 12:44:36

電力小売り全面自由化2016年が4月から実施されるそうですが、原発推進馬鹿はガス会社や製紙会社といった新規参入社と契約した消費者にも、「原発が稼働しないと電力料金値上げする」と言い続けるのですか?仮に値上げしたら、さらに安い業者に乗り換える事が可能である「自由競争」になるはずなんですが?

自由化されれば原発を抱える電力会社は市場で太刀打ちできなくなり、原発にかかっている諸経費が償還できなくなる恐れがあるとして、経産省は原発経費に対して税金による支援策を考えていると、サンケイ、ニッケイが報道しています。
●自由化で競争が進めば、原発にかかる巨額の費用を回収できなくなる=原発は高価www.nikkei.com/article/DGXNASFS1203E_S4A610C1EE8000/www.sankeibiz.jp/business/news/140611/bsg1406112321016-n1.htmその報道によるまでもなく、すでになされた電力会社の電気料金値上げは、「再稼働前提」のもので、数社を除けば全体に黒字になっています。
また、最近の値上げ主張は、火力燃料が増えていないからには、規制委対策費用が2.2兆円に達してなお増え続けており、電気料金には転嫁されていないことからくるものであるのは明らかです。
サンケイや経団連など推進派による火力バッシングは、経産省による原発経費への国庫支援をごまかし隠そうとするものなのです。

2014/8/2 21:10:53

駅伝ランナーのウェア。
駅伝の各区間を走るランナー達がレース前に中継点(またはスタート地点)へ向かう際、チームのジャージやベンチコートを着て会場入りしますよね。
アップの後、ランパン・ランシャツ姿で走り出しますが、脱ぎ捨てたウェアは誰がどのような手順で回収し、どのタイミングで選手の元に戻るんでしょうか。
走り終えた(タスキを渡した)時点では自分のウェアは前の中継点にあるはずですよね。
自分が走ってる間にレースコースは交通規制されてる筈ですので(レース中は)ウェア類の移送はできません(裏道を使って可能な場合もあるかもしれませんが)。
また、走り終えたランナーの着替え、どうしてるんでしょうか。
次走者のウェアを借りるってのも、ベンチコートくらいは良いけど、チームメイトの汗を吸ったウェアを着るなんてできれば避けたい。
走り終えた後の着替えを、次走者の付き添い者に預けておくのかなぁ。
寒空の下、走り終えた体が冷えてくるのに(自分の衣服が届くまで)レースウェアで過ごすなんて考えられません。
何十年も前、僕が中学生の時は、走り終えた後に次走者のウェアを借りてたような記憶があります。
その頃はそれが普通だと思って特に気にもなりませんでした。
「全国高校駅伝では~」とか「コニカミノルタでは~」とかの大会やチーム個別の事情でも結構ですので、ご存知の方よろしくお願いします。
ただし、憶測による回答はご遠慮ください。
補足前走者からタスキを受ける前に脱ぎ捨てたウェアの回収については予想通りの回答を頂きましたが、どちらかといえば次走者にタスキを渡し終えた後に着るウェアの方が気に掛かってるんです。
bwds98さんも宜しかったら追記ください。

脱ぎ捨てたウェアの回収については前の回答者さんの仰るとおりですが、走り終えた後の着替えやケア用品については、事前に次走者の付添メンバーに預けておくそうです。

2014/1/8 06:55:20

最近世界遺産に興味を持ち始めて、いろんな場所を訪れたいなと思っていたんですが、先日、世界遺産に登録されたことで不利益が出るケースもあるということを耳にしたんです。
それはどういうことでしょうか。
私はUNESCOの世界遺産に登録されることは名誉あるとてもすごいことだと思っていました。
観光客が増え、地域が活性化することを考えればいいこと尽くしじゃないんでしょうか。
問題点と言えば、観光客が増えてごみのポイ捨てが目立つとかそういうことでしょうか。
もしできれば、主な世界遺産とその問題について教えていただきたいのですが、詳しく知っている方はいますか?教えてください!

「世界遺産条約履行のための作業指針」の規定通りに、保全しなければなりません。
ですから大きければ大きいほど、古ければ古いほど莫大な費用が掛かります。
また、地域の開発も規制があり発展が難しい。
富士山が世界文化遺産にしかならなかったのは、ゴミの撤去と便所の設置、年間登山客の制限など厳しい条件になって莫大な費用がかかるので自然遺産を断念したのです。
石見銀山は残す価値のある世界遺産ですが、一時のブームは去り整備にかかつた費用は回収できず今後の保全費用に苦労しています。
この様な事例は海外でもあり、登録抹消や登録断念があります。
軍艦島を申請して登録間近ですが、この島を保全する技術は現在ありませんし、出来たとしても莫大な費用がかかると推測する研究者もいます。
今の若い世代の方にとって負の遺産です。
増税間違いなし。

2015/6/12 21:16:20

こんにちは、私は賃貸に住んでる一般的な家族です。
以前の台風で玄関のドアを開けた拍子に強風で靴箱の扉が飛んで破損し、不動産に報告をして保険会社の回答を伺ったところ今回の破損については修繕費が三万に充たないため自腹になりますとのこと。
三万未満は適用外であることはもちろん聞いてないし、契約書などにも免責などの記載もありませんでした。
聞いてないことを請求されても払いませんと不動産会社に伝えると、直接保険会社に言ってくださいとのこと。
保険会社に問い合わせると報告された内容が家電をぶつけての破損だと不動産会社からあったそうで、再度確認を依頼すると不動産会社が誤った報告していたそうです。
支払いについては双方、相談してくださいと責任転嫁をする始末。
保険会社が気をきかせて不動産会社に問い合わせをしますといってくれ、不動産会社から連絡があり、やはり今回は自腹になりますとの一点張り。
誤った報告をしたことも私は知っているのにそれに対しての謝罪もなく、払っていただく必要がありますでダンマリをきめてしまう。
金額としては15000円程の修繕費ですが、この場合は諦めて払わなければならないのでしょうか。
乱文、長文になりましたm(__)m

不動産屋と保険会社で考え方がゴチャゴチャになっているが、まずその物件は物件所有者である大家のもの。
おたくの過失で物を壊したわけだから、おたくから大家に弁償しなければならない。
これは絶対。
それとは別に、保険に入っているのだから、保険が適用されるのであれば、その分が保険から出る。
つまり、おたく→大家への支払い これは絶対にしなければならないおたく←保険会社からの支払い これは保険が適用されれば回収できるだから、>聞いてないことを請求されても払いませんこの大家への支払いと保険会社からの支払いをごっちゃにしたセリフは通用しない。
保険が適用されようがされまいが、保険会社が善良だろうが悪徳だろうが、大家への支払い義務はあるわけだから。
つまり結局は保険会社との契約書が全てになるわけだから、それをしっかり確認して、記載がないならそれを主張するしかない。
いま厳しく規制されてる保険会社がそこまで堂々と出ないと言い張るってことは、結構細かいところに書いてあるかもしれない。

2014/11/7 16:04:11

デュエマのことで光と水でデッキを作るならどんな感じにしたほうがいいですか?必要ならば自然も入れようと思ってます

基本的にはブロッカーを並べて最後にダイヤモンド系統で殴るが強いです個人的には追加するなら自然より闇つかロードリエスメインのハイドロでいいかと主軸殿堂でも普通に強いです戦っててやる気が消えます必要なカードを並べるとロードリエス…これの中核ウェビウス…↑とのシナジーが酷いブラッディシャドウ…呪文使えばドヤ顔で出現デバウラ…いとも簡単に呪文回収ミルアーマ…次に殿堂入り。
普通に強いそしてハイドロハリケーン。
これがなきゃ話にならないってかこれ書いてる意味がない上記のカードを主軸に程よい所でハイドロさん展開すればするだけ相手の色々な所(特に心)を削れますから相手の手札を充実させてあげロスソをぶっ放せば…俺は半泣きしました←後は自分で考えて組んでもらえればいいのですが俺のオススメを紹介しておきますローズキャッスル…青銅などを一瞬で散らせた悪魔ムルムル…ただでさえ厄介なブロッカーをより強化ダイヤモンドシリーズ… 殴れないブロッカーはただのブロッカーさそれを覆してくれる素敵なカード達ソルハバキ…地味に使える。
終盤に大活躍クイーンアルなんとかさん…キングを規制するだけなんかじゃ、らめぇぇぇと俺に言わせた張本人ほぼ呪文トリガーを封じたようなもん。
戦闘もなかなか。
このババア、マジで憎いエナジーライト…手札は増えますしシャドウさん出ますしと凄いカードこの辺りですかねあと気をつけなきゃいかんのがブロッカー破壊やられればだいたい死にます呪文のはババアで抑えられますがクリムゾン達は無理なのでなんとか頑張って下さいドローし過ぎのライブラリアウトにも気をつけて下さい無謀な過剰ドローのお陰様で何回も勝ちましたからwww

2011/7/5 23:23:43

恥ずかしながらの質問です。
7年程前に自己破産。
金融機関の情報開示をしたところ、約50万の成約残し(長期延滞状態)がありました。
成約残しは総量規制の対象になるのでしょうか。

総量規制対象でしょう。
相当な延滞利息などが付いた状態だと思います、自己破産手続きがなされなかったところですので。
すでに、質問者自身から見た債務は、債権回収会社などへ全てが譲渡されておりますので、借入先においては、一切、管理しておりません。

2013/5/14 09:49:04

商品券、ギフトカードは、扱いは掛けになるのですか。
買掛、売掛、の掛けと言う扱いと同じになるのですか。
①発行元は、借金しているのと同じことなのでしょうか。
②銀行などの間接融資を受けるよりも、得になるのですか。
(金利負担が楽なのでしょうか。
)銀行だったら、「ああだ。
こうだ。
」うるさいけれど比較的簡単にお金を得ることが可能なのでしょうか。
③①に絡んで、急に全部返してくれ。
と言うのがないので商品券はかなりの部分は世間に漂っているので、返済が楽なのでしょうか。
とりあえず返すのは販売店からまわってくる分だけになるのでしょうか。

①債務、という点では同じです。
金銭を返すのか(借金)、商品サービスを提供するのか(商品券、ギフトカード)で異なります。
なお、商品券やギフトカードの売却額よりも、券面に記載された金額のほうが大きい場合、差額について借入金の利息に似た効果が生じます。
②商品券、ギフトカードはそもそも融資ではありません。
商品サービスを提供した店舗にとっては、販売代金に相当する現金を、お客様からでなく商品券等の発行業者から回収することになります。
③商品券、ギフトカードは貸付金ではありませんので「返してくれ」という事態にもなりません。
現金の回収先がお客様でなく発行業者になるだけです。
なお、商品券、ギフトカードの発行は、資金決済に関する法律で規制されます。
自由に発行できるとする回答があるようですが誤りです。

2015/7/21 03:47:47

-回収規制

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ