回収規制

債権回収会社とは?回収規制

アパートを退去した時の家賃の日割りについて3/1に不動産屋さんと立ち会いをしてカギを返却、アパートを退去したのですが保証会社からの請求が「3/1~3/13日割り家賃」として催促通知が届きましたこれを払わなければ法的手続きを取るという内容も記入されています3/1に退去したのに3/13日までの家賃を支払う意味が分かりません何か解決策や、同じ境遇を経験した方いらっしゃいましたら、ご回答お願いします

退去連絡を何月何日にしましたか?一般的な賃貸借契約であれば、一ヵ月前予告が契約条件になっていると思います。
従って、退去連絡から1ヵ月以内に明け渡し義務を履行していたとしても、退去連絡から1ヵ月間は、家賃が発生します。
この1ヵ月前予告とする特約は、法律の規定よりも消費者に有利な条件となっておりますので、法的に有効です。
契約書に、「1ヵ月前」との記載がなければ、民法第617.618条に基づいて、「3ヵ月前」となります。
※借地借家法第38条に基づく、定期借家契約ならば、38条5項により、「1ヵ月前」となります。
しかし、一般的な賃貸借契約は、民法第601条に基づいて締結された契約が大半ですので、その場合には、「3ヵ月前」となります。
また、保証会社が本当に法的手続きによる回収をはかる場合は、債権額から考えて支払督促の申し立て手続きを利用する事が考えられます。
尚、債権回収が行われなかったとしても弁済情報提供事業者制度に基づいて、生涯、その情報が残ることとなります。
単なるカード会社のブラック情報よりも、恐ろしい仕組みであり、民主党政権下に規制をかけるべく法案が提出されましたが、廃案となり今日に至っております。
ここに情報が載ると、自ら抹消申請もできず、時効もないためご注意下さい。
事実確認を早急に行い、債務がある場合には、支払を済ませる事がベストな選択だと考えられます。
以上、参考までに!

2015/5/18 22:14:12

「関係団体が早急に全て回収といっているので、」嘘はいけないですか?警察は、回収ではなく、入れ替えでOKって言わなかった?回収ならとっくに済んでいるはずだと思うのですが?民進党所属の高井崇志衆議院議員が4月27日の衆議院内閣委員会においてパチンコ機の遊技くぎ問題に関する質疑を行った。
答弁は、警察庁生活安全局の種谷良二局長と、国家公安委員会の河野太郎委員長が行い、一連の遊技くぎ問題に対する厳しい見解を示した。
質疑の模様はインターネットサイト「衆議院インターネット審議中継」で配信された。
関係団体が質問のなかで高井議員は、昨年、遊技産業健全化推進機構が実施した遊技機性能調査の結果において検定機と同じ性能の遊技機が1台も発見されなかったという報告を取り上げ、河野委員長の認識を問い質した。
これに対して河野委員長は「この結果は極めて問題のあること。
型式検定を受けた性能と全く違うものしかなかった、というのはあってはならないことだし、由々しき問題だと思っている。
関係団体が早急に全て回収といっているので、警察としては、これがきちんとやられるように監視をしていくと同時に、機構がこれから抜き打ちで性能の調査をすることになっているので、違反がないようにしっかりみていきたい」と答弁。
さらに「よもやないとは思うが、万が一にも同じようなことがあった場合には、メーカーに対して型式検定の取り消し、あるいはホールに対して営業停止処分を含めた行政処分を実施することを含め、厳正に対処していきたいと思っている」などとした。
また高井議員は、遊技機の性能を外部の第三者が確認できる機器の装着を義務付けるよう提案したが、警察庁の種谷局長は「風営適正化法はパチンコ営業者を規制する法律であり、お客さんにおいてパチンコ遊技機が風営適正化法の規格に適合するか否かを確認することができる制度を設けることは想定していない。
そういう装置を法律で義務付けるということは考えていない」などと否定的な見解を示した。
高井議員は3月1日に「ぱちんこ遊技機の射幸性管理に係る規制の在り方とのめりこみ・ギャンブル依存症問題の関係に関する質問主意書」を提出し、一連の遊技くぎ問題で「不正改造が蔓延していることが明らか」「ギャンブル依存症の罹患者や家族に深刻な影響を与えていることが懸念される」などとして、射幸性の管理の在り方などについて政府の見解を問い質していた。
その際の政府答弁が不十分として今回の内閣委員会質問を行ったという。
補足元はと言えば、こいつらが新台入れ替えの際きちんとチェックしてなかったわけでこいつらの責任でもあるわけですか??

どんな状況であれ、嘘はよくないと思いますよ。

2016/5/6 11:26:27

「関係団体が早急に全て回収といっているので、」嘘はいけないですか?警察は、回収ではなく、入れ替えでOKって言わなかった?回収ならとっくに済んでいるはずだと思うのですが?民進党所属の高井崇志衆議院議員が4月27日の衆議院内閣委員会においてパチンコ機の遊技くぎ問題に関する質疑を行った。
答弁は、警察庁生活安全局の種谷良二局長と、国家公安委員会の河野太郎委員長が行い、一連の遊技くぎ問題に対する厳しい見解を示した。
質疑の模様はインターネットサイト「衆議院インターネット審議中継」で配信された。
関係団体が質問のなかで高井議員は、昨年、遊技産業健全化推進機構が実施した遊技機性能調査の結果において検定機と同じ性能の遊技機が1台も発見されなかったという報告を取り上げ、河野委員長の認識を問い質した。
これに対して河野委員長は「この結果は極めて問題のあること。
型式検定を受けた性能と全く違うものしかなかった、というのはあってはならないことだし、由々しき問題だと思っている。
関係団体が早急に全て回収といっているので、警察としては、これがきちんとやられるように監視をしていくと同時に、機構がこれから抜き打ちで性能の調査をすることになっているので、違反がないようにしっかりみていきたい」と答弁。
さらに「よもやないとは思うが、万が一にも同じようなことがあった場合には、メーカーに対して型式検定の取り消し、あるいはホールに対して営業停止処分を含めた行政処分を実施することを含め、厳正に対処していきたいと思っている」などとした。
また高井議員は、遊技機の性能を外部の第三者が確認できる機器の装着を義務付けるよう提案したが、警察庁の種谷局長は「風営適正化法はパチンコ営業者を規制する法律であり、お客さんにおいてパチンコ遊技機が風営適正化法の規格に適合するか否かを確認することができる制度を設けることは想定していない。
そういう装置を法律で義務付けるということは考えていない」などと否定的な見解を示した。
高井議員は3月1日に「ぱちんこ遊技機の射幸性管理に係る規制の在り方とのめりこみ・ギャンブル依存症問題の関係に関する質問主意書」を提出し、一連の遊技くぎ問題で「不正改造が蔓延していることが明らか」「ギャンブル依存症の罹患者や家族に深刻な影響を与えていることが懸念される」などとして、射幸性の管理の在り方などについて政府の見解を問い質していた。
その際の政府答弁が不十分として今回の内閣委員会質問を行ったという。
補足元はと言えば、こいつらが新台入れ替えの際きちんとチェックしてなかったわけでこいつらの責任でもあるわけですか??

どんな状況であれ、嘘はよくないと思いますよ。

2016/5/6 11:25:12

本当に実際、洋服が透けて見えるカメラはありませんか?

昔、赤外線を利用して夜間撮影が出来るカメラがあったそうですが盗撮に悪用して本当に下着等が見えてしまったそうです。
その後、規制が厳しくなりそのカメラは販売禁止になりました。
(回収、押収騒ぎもあったと聞きています。
)いま現在、赤外線カメラが一般に市販されているのかは不明です。

2017/6/29 18:54:35

『太陽光発電、FIT21円でも、蓄電池の利用で、まだまだ収益性がある!』2017/4/12→東芝は原発で破綻し原発を維持すれば、日本国は想像を絶する程に大損する→全国で耕作放棄地が増え地主はアパート投資で騙され未曽有の金融緩和マイナス金利投資信託資金が8割減少株低迷製造業も金融業も元気なし箪笥預金も銀行資金も使い道がなく増加⇒太陽光発電は、日本のあり余る資金の、まだまだ有効な投資先では?・・・『売電収益を最大限に引き上げる、太陽光発電の価値を高める「Looopでんち」』2017/4/12 ITメディア 「太陽光発電の電力を有効活用し、経済的メリットを高める方法の1つに「蓄電池」の活用がある。
太陽光発電のトータルソリューションを提供するLooopは、自社ブランドの蓄電池「Looopでんち」の展開を開始した。
産業用発電所の既設と新設、さらには家庭用の太陽光発電まで、価格と機能の両面でユーザーを支援する注目の蓄電池だ。
太陽光発電の電力をできるだけ有効に活用したい。
こうしたニーズは産業用と家庭用、どちらのユーザーにとっても共通のはずだ。
産業用であれば事業収益の向上、家庭用であれば売電量の増加や、より効果的な節電が図れるに越したことはない。
こうした太陽光発電ユーザーのニーズに応える“カギ”として注目が集まっているのが「蓄電池」の活用だ。
発電した電力を一度貯蔵できるようにすることで、太陽光発電の事業性や、電力の利用方法の柔軟性は大きく改善できる。
ひいては、太陽光発電の普及にも役立つ。
こうした背景から、自然エネルギーの最大普及を理念に掲げ、太陽光発電のトータルソリューションを展開しているLooopは、蓄電池の自社ブランド「Looopでんち」の展開を開始した。
太陽光発電に“蓄電”というプロセスを加えることの価値を最大化すべく、産業用から家庭用まで、単なる製品の提供にとどまらない“蓄電ソリューション”を提供していく。
システムを変えずに売電収益をアップ 産業用向けのLooopでんちは2種類のソリューションを提供する。
1つが既に稼働している太陽光発電所を対象としたものだ。
既設の発電所に対し、土地に余裕がある場合、50kWの太陽光パネル、架台、蓄電池システムなど必要な機器をパッケージ化して提供する。
また顧客のニーズが大きいことから、発電所に応じて太陽光パネルを増量するなど、カスタマイズしたシステムを提供することもある。
太陽光パネルを増設することで生まれる余剰電力を蓄電し、夜間などに売電することによって、売電収益アップさせることができるという仕組みだ。
特徴の1つが、既存のシステムに手を加える必要がないという点だ。
既設のパワコンをそのまま利用できる。
さらに、安川電機や田淵電機など、主要メーカーについては製品保証が継続されるのもユーザーにとってはうれしいメリットだ。
容量195kWhの蓄電池、充放電コントローラ、DC-DCコンバータなどの蓄電池システムは、専用コンテナに格納されており、追加設置する太陽光パネルと併せて、最低でも750平方メートルの土地があれば導入が可能だ。
価格も特徴的だ。
増設分の太陽光パネルと架台、蓄電池システムまでをセットにして、10台限定で1980万円(税別、配送・工事費別)で提供する。
気になるのが、太陽光発電の増設と蓄電池システムの導入によって、どのくらい売電収益が向上するのかという点だろう。
Looopの試算では40円案件の場合15年間の売電で2205万円、32円案件では17年間の売電で1811万円の増収(表面)が見込める。
追加投資となる太陽光パネルの増設と蓄電池システムの費用は、どちらも9年以内に回収できる計算だ。
最新の買取価格である21円案件であっても、20年間の売電で940万円の増収(表面)が期待できる。
Looopの蓄電池システムは日本国内で実績のある企業がエンジニアリングを行っているのも特徴だ。
「蓄電池というと火災や耐久性を懸念する声もあるが、弊社のシステムは日本の太陽光発電の状況や法規制を熟知した国内企業がエンジニアリングを手がけている。
ユーザーが安心して導入できるシステムと体制を整えた」新規21円案件にも大きなメリット 蓄電池システムの導入は、既設のみならず、新設の太陽光発電所にもメリットがある。
FITの買取価格の引き下げが続き、新規案件の場合、買取価格は従来の半分である21円だ。
こうした中で、少しでも事業収益を高められるようにしたいというニーズに、蓄電池システムの導入は有効だ。
Looopは産業向けLooopでんちのもう1つのソリューションとして、こうした新規の低圧発電所を検討するユーザー向けに、太陽光発電システムに必要な機器と蓄電池システムを丸ごとセットにしたパッケージも展開する。
Looop製の100kWの太陽光パネル、架台、パワコンと、蓄電池システムやその周辺機器を全てセットにして、価格は3180万円(税別、配送・工事費別)を実現した。
」※

> 太陽光発電、FIT21円でも、蓄電池の利用で、まだまだ収益性がある!⇒ その通りです。
> 東芝は原発で破綻し> 原発を維持すれば、日本国は想像を絶する程に大損する⇒ その通りです。
> 全国で耕作放棄地が増え> 地主はアパート投資で騙され> 未曽有の金融緩和> マイナス金利> 投資信託資金が8割減少> 株低迷> 製造業も金融業も元気なし> 箪笥預金も銀行資金も使い道がなく増加⇒ その通りです。
> 太陽光発電は、日本のあり余る資金の、まだまだ有効な投資先では?⇒ その通りです。
ご質問の“蓄電池付き太陽光発電所”でなく、単なる100kW太陽光発電所を3000万円で、日本一条件の悪い稚内に設置した場合でも、年間の発電電力量は約11万kWhに達し、20年間の発電電力量は約220万kWhと想定されますから、発電コストは3000万円÷220万kWh≒13.6円/kWhになります。
従って、FIT21円でも7.4円の利益が20年間も出続けます。
ボロ儲けとは言えませんが、建設費3000万円を13年で回収した後、毎年平均231万円と言う7.7%の高配当が7年間も続く計算です。
箪笥預金やマイナス金利の銀行預金に預けるくらいなら、投資額3000万円に対してリターン4620万円は、今でも、手堅く、美味しいビジネスモデルだと考えます。

2017/4/19 10:49:49

北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走、車でのアプローチについて北岳~間ノ岳~農鳥岳の縦走を考えていています。
山梨県のHP等を調べてみたのですが、マイカー規制が厳しいらしく、登山道入り口までどうやって行けば良いのか、いまいち分かりません。
私の住んでいるのは栃木県で、甲府周辺までは自家用車で行きたいと思っておるのですが、もしかして「駐車場⇒バス⇒バス」の路線は厳しかったりするのでしょうか?一般的な自家用車を使っての登山道入り口までのアプローチの方法について、または、自家用車の利が非常に不便だった場合には、電車⇒バス等を利用してのアプローチの方法について、よろしくアドバイスお願い致します<m(__)m>

マイカーでの計画なら前の回答者殿の案に有る【奈良田】が車の回収が楽な点でベストだと思います。
また、JR利用でしたら・・・発地出発JR・・・>甲府駅からバス・・・・>広河原・・・・>北岳~間ノ岳~農鳥岳・・・・>奈良田からバス・・・・>JR身延駅・・・・・甲府駅&富士駅(新富士駅)・・・・発地へ帰着(富士駅方面にコースを取ると新富士から新幹線利用が出来ますがどちらが良いかはご自分でお決め下さいね)因みに・・・10月初め頃からの紅葉シーズンもオススメです。
余談ですが・・・奈良田の湯はいい湯ですのでプランに入れて帰りにどうぞ・・・!好天を祈ります。
お楽しみ下さい!!!

2013/8/21 05:50:39

繰延税金資産とその他有価証券の期末評価に関する質問です。
繰延税金資産が回収される可能性という文についての質問なのですが、繰延税金資産が回収されるというのはどういうことをいうのでしょうか?費用収益の認識のズレの場合の、繰延税金資産の場合は、将来において、税金を支払わずにすむという経済的利益が生じるということ、つまり、繰延税金資産が解消されるということになる、ということになるのでしょうか?貸倒引当金繰り入れの超過額については、毎年、会計上の繰り入れ額が違ってくるので、超過額の変更によって、繰延税金資産の額も変わる、減少の場合は、回収可能性が低くなった、増加の場合は、回収可能性が高くなったというのでしょうか?違う場合は、費用収益の認識のズレにかかわる繰延税金資産の回収可能性および、回収とはどのようなときに回収と認識するのかを教えていただけないでしょうか?その他有価証券の期末評価から生じたところの繰延税金資産の回収というのも、差異の解消による、繰延税金資産の消滅を意味するのでしょうか?お願い致します。

回答しますね。
「繰延税金資産の回収可能性」って、下記PDFをまずご覧ください。
>www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/files/00965-003102.pdf日本公認会計士からの基準で、「繰延税金資産の回収可能性」=「会社区分」(下記①~⑤を参照)と、シビアな区分です。
①期末における将来減算一時差異を十分に上回る課税所得を毎年計上している会社②業績は安定しているが、期末における将来減算一時差異を十分に上回るほどの課税所得がない場合等この2つは、繰延税金資産を毎期計上できます。
お尋ねの通り、「繰延税金資産の回収可能性」は、将来の期において支払法人税等の支払軽減を、指します。
却って、以下の③~⑥区分は、前年まで繰延税金資産が計上できる見通しであったのが、経済環境の変化で、不可能のなった場合を、指します。
③業績不安定…④重要な税務上の繰越欠損金がある場合(…ただし書きを除く。
この「ただし書き」は、金融機関に公的資金を投入した場合の仮受金の5年程度での収益算入を見越してのことで、竹中財務大臣時代に制定されたものです。
普通の会社では、まずないと考えてください。
⑤過去連続して重要な税務上の繰越欠損金を計上している場合。
③、④(ただし書き除く)、⑤は、爾後繰延税金資産が会計上、「減損」になることを指します。
毎年事業計画(利益計画)策定しますが、一度①、②から③、④(ただし書き除く)、⑤になれば、繰延税金資産は、会計上減損が必要になります。
「…評価性引当額の増減(減少しかないですが)」として、損益計算書の末尾に減少を主に記載します。
復活して、「繰延税金資産が計上できる」ことになれた会社は、あまりないのが実情です。
「その他有価証券の評価差額金」にかかる繰延税金資産については、基本別立てです。
日経225が上った、その他の有価証券の対象会社の増益IR等なければ、期末では復活可能性は少ないです。
会計では、繰延税金資産の回収可能性(期末判断に、よるため)の問題がほとんどです。
何か、特別な事実があり、課税標準が決算期(3月決算であれば、基本5月31日まで。
上場企業の場合は、5月15日が、期限です。
)までに確定できれば、回収可能性が高くなったといえます。
基本、公認会計士監査の会社で、会計士判断でなされます。
ここが、税効果会計「繰延税金資産の回収可能性(上記基準 第66号)について、一般の方には難解です。
会計士判断であり、これが問題になる会社って、ほとんど金融機関(Bis規制に、関わってきます。
)なので、ちょっと専門的に勉強が必要ですね。
(期ズレではなく、会計士判断であるため、外見ではわからないです。
)ただ、簿記の勉強でしたら、この第66号基準を知っていれば、まずOKです。
参考にしてください。

2013/12/28 00:37:24

ブレイキング・バッドについての質問です。
物語冒頭に、未来のシーンを挿入したり、プールに浮いたぬいぐるみとか、最初に謎を提示して、複線を設けるエピソードが多いですが、その中で主人公の家の周りに規制線をはり毒マスク付けてる人間達が死体袋を運ぶシーンがあったと思うのですが、あの複線はどうなったのですか?自分的には最終話の複線かなと思っていたのですが、最終話まで見たのですが見当たらなくて、レンタルで見てたので借り忘れがあったのかなと思って気になります。

シーズン3の冒頭で明らかになります。
ウォルターの自宅上空で飛行機の衝突事故が発生し、その残骸(機体の一部や死体などの中にぬいぐるみも有り)が自宅敷地に降って来て、合衆国国土安全保障省(DHS)か国土安全保障局(OHS)が防護服をつけて回収しているシーンです。
事故の原因は航空管制官の誘導ミスで、その管制官はジェニーの死にショックを受けた父親ドナルドです。

2015/1/20 00:49:30

従たる権利(借地権)と建物の競売手元の民法の問題集では、「土地の賃借人の所有する建物に設定された抵当権が実行された場合には、その建物の敷地の賃借権は、その土地の所有者の承諾を条件として競落人に移転する。
」の正誤について「×」とされています。
その理由が理解できません。
民法612条では、「賃借人は、賃貸人の承諾を得なければ、その賃借権を譲り渡し、又は賃借物を転貸することができない。
」とあり、建物の「従たる権利」である土地の賃借権も土地所有者の承諾を条件としない限り、移転することができないと思うのですが・・・競売の場合に土地所有者の承諾が必要とすると、建物を安心して競落することができないので、土地所有者の承諾は必要ない、とされているのでしょうか?

ここでは、競売により買受人に借地権が移転するかということと、移転したとしてそれを買受人は賃貸人に対抗することができるか、という2つの問題があります。
両者の問題を混同したままで区別せずに理解を誤っている方が大勢おられます。
まずは、買受人が抵当建物の競落により、その借地権までも取得するかという問題です。
もしこれを否定すると、買受人は建物を競落したとしても、借地権がないのだから、その建物を所有することにより土地を不法占拠していることとなり、土地所有者から建物収去請求及び土地明渡請求を受けることとなります。
しかし、これは明らかに不当です。
これでは誰も建物を競落しようとは思いませんし、建物の買受価格が著しく低下することとなります(買い受けても取り壊さないといけないので、その材木の価格くらいにしかならない)。
このことはひいては抵当権者の債権回収が著しく困難となり、建物に抵当権を設定した意味がなくなってしまいます。
そこで、建物の競売により、その借地権も移転するという構成が必要となります。
判例は、上記のような問題意識から、建物の所有権とその敷地の借地権は一体として一つの価値を構成しているのであるから、抵当権の効力がその借地権にも及び、抵当権の実行により借地権も当然に買受人に移転するとします。
これが第一の買受人の借地権取得の問題です。
次に、買受人が借地権を取得したとして、それを賃貸人に対抗できるかという問題が生まれます(一般的にも、権利の取得とその対抗は全く別の問題です)。
ここでは、元の建物所有者から買受人へと、借地権の移転、すなわち譲渡がなされていることとなります。
そのため、民法612条1項の規制を受けることとなり、その賃借権の譲渡について賃貸人の承諾がなければ、買受人は賃貸人に対抗することができません。
そして、賃貸人の承諾がもらえないときは、借地借家法20条1項が出てくることとなります。
すなわち、買受人が「賃借権を取得しても借地権設定者に不利となるおそれがないにもかかわらず、借地権設定者がその賃借権の譲渡を承諾しないとき」には、裁判所が賃貸人の承諾に代わる許可を与えることとなります。
これらの段階を経たうえで初めて、買受人は土地を利用することができることとなります。
ちなみに、実務上は、借地上の建物に抵当権を設定するときに、あらかじめ設定者から賃貸人の借地権譲渡の承諾書とるのが慣例のようです。

2014/10/20 05:29:01

債権回収会社とは?

債権回収会社(サービサー)は、弁護士法の特例として特定金融債権の管理や回収を業として行うことができる株式会社を言います。
債権者等から債権回収業務の委託を受けるかもしくは債権者から債権を譲り受け、債権の管理回収業務を行います。
債権管理回収業に関する特別措置法の規制を受け、同法の許可が必要で、法務省が所管します。
許認可上の問題や規制については法務省の下記URLをご参照ください。
↓www.moj.go.jp/housei/servicer/kanbou_housei_chousa01.html

2011/6/25 19:12:51

-回収規制

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ