元利均等返済

ローン返済の時の利息が謎です。 あるカード会社で約47万円借金してい...元利均等返済

11210400=借入金で.年利i=6%年数m=10年年に1回返す場合の毎年の返済額がわからないので教えてください。

元利均等返済の毎回の返済額は次の式で表されます。
P = L × i × (1+i)^m ÷ ((1+i)^m - 1) P:毎回の返済額 L:借入額 i:利率 m:返済回数注意:^の記号はべき乗(るい乗)を表します。
ご提示のケースの場合、次のようになります。
P = 11210400 × 6% × (1+6%)^10 ÷ ((1+6%)^10 - 1) = 1523134.1 円

2012/10/11 14:07:10

アドオン方式とローンについて質問させて頂きます。
仮に借入を150万として、金利が5%、返済期間が6年(72ヶ月)として、5%×6年+1=1.31500000円×1.3=1950000円1950000円÷72ヶ月=27083.3333~この計算式で1ヶ月の返済が27083円になると思いますがこの式は合っていますか?また、年間返済額が324996円なので、年収が93万円あったら、返済比率的には34.945~とギリギリ、ローンが通る可能性があるという事になりますか?もし、まだアドオン方式を採用している会社があれば、是非教えて頂きたいです!よろしくお願いします。

なぜアドオン?アドオンですと、元金の減額に関係なく借入当初金額に対して金利がかかるので、総支払い利息は上がります。
実質的年率の元利均等返済で計算すれば、毎月返済額は、24157円です。
www.eloan.co.jp/sim/payment.php?AMT=150&TRM=72&BPM=0000&BAT=...

2017/5/14 07:40:49

ローンについてですが、オリコさんや、アプラスなんかだど、残債型とか、アドオン型とかありますが、住宅ローンも同じですか?

基本的にローンとは、融資(ゆうし、英語: loan)資金を融通すること。
つまりお金を必要とする者に貸すこと。
(特に消費者金融などを中心として)片仮名で「ローン」と呼ばれる。
元利均等返済 各返済日において、一回の返済額が毎回同額の返済方式である。
毎回同じ金額を返済するが、ローン残高が多い返済初期は、返済金額の内訳における利息分が多くなり、元本返済分が少なくなる。
元金均等返済(アモチ) 各返済日において、一回の元本の返済額が毎回同額の返済方式である。
毎回同じ金額の元金に、利息を加えた金額を返済する。
ローン残高が多い返済初期は、当然利息金額も多くなるために一回あたりの返済金額が上昇する。
元本一括返済方式(ビュレット/ブレット) 元本の返済を借入期間の満期日に一括して支払う方式である。
通常、利息の支払いは一定期間毎に行う。
コーポレートローンにおいて採用されている。
残高スライド方式 元利定額返済方式と同じく、一回の返済額が毎回同額の返済方式ではあるが、元本の残高によって一回の返済額が変動する方式である。

2016/6/13 22:36:21

住宅ロ-ンでフラット35のメリット、デメリットを教えてください。
よろしくお願いします。

回答いたします。
練馬で建築と不動産をやっています。
フラット35のメリットは何といっても返済方法の選択肢が元金均等返済、元利均等返済の二つの方法があることです。
銀行にはその方法が一つしか有りません。
デメリットは建築資材が全て決められてしまっている点です。
ZEHと言って省エネ法が施工されていてコストが右肩上がりになっています。
もう一つのメリットは35年間固定金利という側面です。

2016/8/30 16:24:32

家の新築について。
夫33才・年収320万、妻26才無職、子0才。
70坪の土地を所有。
現在、家賃7万円の借家暮らし、新築費用に当てられる貯金無し。
(カーテン代や引越し費用はある)①建築費、諸経費を全額、ローンで借り入れ今すぐ建てる。
②妻が来年復職予定なので、それから貯金を始めて、諸経費分が貯まったら建てる。
(2?3年後)③諸経費+頭金くらい貯まったら建てる。
(5年後くらい、それまでに第2子が産まれればもっと遅れる)当初は②か③の予定でしたが、諸経費まで込みでローンを組める所もある事を知り、迷いはじめました。
まだ勉強不足なので言えるだけかもしれませんが、家賃を毎月払い続けるのが勿体なく感じ、同じ額ローン払って今建てる方が得なのでは?と思っています。
実際はどの方法がお得なのでしょうか?やはり今の状況で建てるのはキツイでしょうか?

70坪の土地を半分売ってその譲渡益で35坪の土地に建物をローンなしで組むのが一番お得だと思います。
住宅ローンで毎月10万の元利均等返済の場合、半分の5万は金利のみでドブに捨てているようなものです。

2015/3/23 07:09:19

仮払金の決算整理のところで困っています・・・決算整理まで一応たどり着いたのですが、初っ端から困ってます。
お力をお貸しくださいませ。
① 仮払金36000は借入金の返済額で、1月~3月の3ヶ月分である。
なお、借入金240000は平成X1年1月1日に借り入れ、毎月12000を24ヶ月で元利均等額完済する契約である。
解答 借入金 30000 仮払金 36000 支払利息 6000*テキストに載っていた回答へのアプローチ元利均等返済であるので、毎月の返済額=元利返済額+支払利息となるそこで、次のようにして求める。
1ヶ月あたりの返済額 36000÷3ヶ月=120001ヶ月あたりの元利返済額 24000÷24ヶ月=100001ヶ月あたりの支払利息 12000-10000=2000仮払金 → 借入金 10000×3ヶ月=30000 支払利息2000×3ヶ月=6000とのことなんですが、いったいこれは何を、やっているのか具体的に何も頭に入ってきません。
なので少し具体的にどういうことをお互いにやりあっているのかわかりやすく教えてください特に 元利均等額完済、元利返済額なんかが厄介です。
「元利均等返済であるので、毎月の返済額=元利返済額+支払利息となる」の一文も何のことかさっぱりわからないので解説よろしくお願いします。
補足すみませんいくつかの箇所で入力ミスがありました1ヶ月あたりの元本返済額 240,000÷24=10,000でしたこれでも解答は出せないでしょうか??よろしくお願いします

この回答はおかしいと思います。
元利均等返済なのに>1ヶ月あたりの元利返済額 24000÷24ヶ月=10000「元利返済額」>「元金返済額」の誤りだと思うけど、元利均等返済ではこの式は出る幕がないはずです。
この式は元金均等返済方式の場合ですね。
*元利均等返済方式では毎回の返済の元金と利息は少しずつ違います。
この問題文だけで仮払金を元金と利息に分けることは不可能です。
年利と何回目の返済かが判ればエクセルで関数を使って24回分の返済一覧表でも作れば...元金均等返済の間違いじゃないのかな....

2009/7/6 22:49:00

元利均等払いと元本均等払いの違いとメリットデメリットを教えてください。

①元利均等払い返済がしやすいように毎月の返済額が一定になるように設計されています。
返済額のうちの元金部分と、利息分を比べると、返済当初は利息分が多く、返済期間が経過するごとに、元金部分が多くなって利息部分が減少していくという特徴があります。
②元金均等返済元金を返済期間で均等に割って一定にする返済方式のため、当初の返済額は多くなりますが、返済期間の経過とともに利息を含めた返済額はだんだん減額されます。
当初の返済額が大きくなる分、返済計画が立てにくいのですが、元利均等返済と比べると、元金部分が早く減る分総返済額が少なくなります。

2006/3/14 20:58:09

ローンの支払いについてです。
2年近く前に95万円の物を金利16.13%で計120万4600円を3年ローンで買いました。
初回は35600円で2回目以降は毎月33400円でした。
3年間の金利は25万4600円です。
最近大きい収入を得たので残りの16回分を一括で払った所、金利無しの金額が49万4683円でした。
金利有りですと53万4400円です。
これは金利的に金額がおかしいと思いもう1回会社側に連絡した所、「回数が重なれば重なる程金利を減らして購入された金額を増やしている」と言われました。
つまり3年間のうちの金利25万4600円を優先で支払いをして95万を後の方に支払わせるようにしてるみたいです。
こんなのって出来るもんなんですかね?支払う側としては納得できないなと思い質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

ちょっと考え方が違うかな。
元利均等返済が一般的です。
それと比較して元金均等返済を勉強してみて下さい。
納得できると思います。
また、繰り上げ返済しても手数料を取られる事もあります。
銀行も人件費がかかりますからね。

2016/6/22 02:22:46

エクセル計算式の質問です。
元利均等の計算式で、その金利に対して一定の控除(例20%)を行った後で、元本と控除後の金利が一定になるような計算式のやり方をご存知の方がいらっしゃったら、教えて下さい。

残念ながらそれはできませんね。
元利均等で計算した返済額から、各月に含まれる利息の20%分を控除した額も毎月均等、すなわち一定にしたいわけですよ。
控除前に一定額であったものを、控除後も一定額にしたいということは控除額も一定額ということになります。
それがちょうど利息の20%ということですね。
であるならば毎月の利息も一定でなければなりませんが、元利均等返済の場合、毎月の返済額に含まれる利息は毎月変わります。
月が進むにつれて減ってゆきます。
毎月利息の額が変わるので、その20%の値も変わりますから、控除額は一定にはできず、そのため控除後の返済額も一定にはできないんです。
Excelでは計算できないということではなく、数学的にできないんです。
なお、アドオン式で利息の総額を決め、そこから20%引くというようなことならできますが、その場合は実質利率の変更になってしまいます。

2013/5/15 22:59:44

ローン返済の時の利息が謎です。
あるカード会社で約47万円借金しています。
金利18%です。
リボ払いでの返済です。
毎月1万5千円返済していますが、請求書を見ると元金8千いくらで利息が7千いくらでの1万5千円返済ということ。
ちょっと計算が合わないかも知れませんが、そんな中身です。
以前あるカード会社の返済内容も同じでした。
それって、47万円借りてリボ払いだから47回返すんですよね?なのに1万5千円中半分くらいが元金でもう半分くらいが利息みたいな感じで納得が出来ません。
借りた金額の倍、返してる様におもいます。
そしたら金利50%じゃないんですか?私が知らな過ぎてバカなんでしょうか?金利のこと、計算の事バカな私にも分かりやすく教えてください!現在3社から総額約150万円の少額の借金返済で毎月8万円の返済に困りおまとめローンを考えています。
生活にもかなりの支障があり自己破産も考えましたがおまとめローンがあると知りやってみようと思った矢先の疑問でした。
また利息のせいで倍額返済する気がする感覚になるのかな?と。
ちなみに、借金は亡くなった夫が私名義で作った借金です。
幼い子供がいるので少額でも大変なのです。

あなたの勘違いしている回数で完済するには元金均等払いで月々1万円+利息を払わないといけない事くらいは理解するでしょう。
1万×47回は47万円なのだから。
借金だから当然だけど利息が付きます。
元金返済分の1万円と発生する利息を毎月返せば47回で間違いなく終わる。
利息は残高に対して毎月発生するから返済初めが一番高く、最終回は150円程度しか利息は付かない。
↓47万円×18%÷365日×31日=7185円が最初の利息。
1万円×18%÷365日×31日=152円が47回目の利息。
既に46万返済しているから。
これなら納得できるのでしょう?あなたの間違いは、契約上の約定返済の最低金額を元利均等払いで支払っている事です。
1万5千円の返済なら計算式で解ると思うけど確かに半分近くが利息。
でもこれでは真っ当な返済計画とは言えません。
何回で終わらせたいから幾ら返済しなければいけないのか?を正確に計画して初めて完済が見えるのです。
返済1回目に17185円返済していれば翌月は46万に対して利息発生で利息は152円減ったのだから納得できないなんて思いもなかった事でしょう。
金融機関はより長期に利息負担をさせたいのです。
だから約定返済で無理なく返済などとアピールし元金が減らないような返済を設定するのです。
おそらく契約上の最低返済額は残高次第で減っていきます。
返済金5千円減った場合はもっと元金の減りが少なくなるから更に長期返済となります。

2014/11/3 13:12:01

-元利均等返済

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ