元利均等返済

教えて下さい。40万円を、14.5%の年利で3年借りた場合、月の返...元利均等返済

金利に強くなりたいです。
当方金融会社につとめておりますが仕事上そこまで金利を知らなくてもやっていけます。
しかしなにわ金融堂とかよんでるとよく金利の話題になりますがどこがどう高利なのか分かりません、そして悔しく思います。
実質金利やアドオン率の定義くらいは理解したつもりですが、実際利息を含めた総支払額なんてソフト使わないとわからないものじゃないですか?金利を勉強するにはどうしたらいいですか?補足すいません、最後に支払利息は10パーっていうのはどうやってだしますか?あと全体の支払う利息を10パーに固定して計算してしまうのですか?なんか中間の15%くらいかなと思ったのでお願いします

>実際利息を含めた総支払額なんてソフト使わないとわからないものじゃないですか?そんなことはありません。
1円まで細かく計算するには式が高2の数学程度になって、大変なのは事実です。
しかしながら、ざっくりなら頭の中で簡単に計算できます。
(例)1000万円を、金利2.0%、10年の月々元利均等返済で借り入れた場合、総支払額と毎月の返済額は?総支払額は、金利2.0%で10年ということは20%ではなく、最後は残高0になるので、10%が支払う利息。
よって、利息は100万円なので、約1100万円です。
毎月の返済額は、120で割れば出ます。
ここだけは、電卓で。
携帯でもできます。
約92000円となります。
アドオンなら20%そのままですし、元金均等なら、総支払額はあまり変わりませんが、返済初めの利息が多くなります。
結局、頭の中に縦軸に返済額、横軸に返済期間がイメージできるかどうかです。
その面積を計算すればいいわけです。
分かりましたか?

2015/5/2 12:15:00

もし、借りっぱなしで返済しなければ、金利×期間、たて×よこの長方形の面積が利息の総額となりますが、
元利均等返済で最後に残高0になるということは、たて×よこ×1/2の三角形の面積が利息の総額となります。
よって、金利2.0%、期間10年の元利均等返済なら、利息の総額は、
2.0%×10×1/2=10%
金利6.0%,期間5年の元利均等返済なら、利息の総額は、
6.0%×5×1/2=15%
と簡単に分かります。
一度、図を書いてみることをお勧めします。
>

Excelでの金利計算について教えてください。
元利均等方式で年利 2.45%返済期間 60ヶ月毎月の返済額(元本+利息)=50000円この5万円を 元本と利息に分けるような、もしくは元本と利息のどちらかを求めるような計算式はExcelで作れるでしょうか?よろしくお願いします。

特定の期の元金返済分ならPPMT関数で、利息ならIPMT関数で計算できます。
関数を使わないなら、n回目の返済の元金返済分なら=50000/(1+2.45%/12)^(60-n+1)50000円のうち残りが利息ですから、利息分は、=50000-50000/(1+2.45%/12)^(60-n+1)となります。
実際上の話では端数をどうするかという問題をつめる必要があります。
一定の期間の元金、利息ならCUMPRINC、CUMIPMTで計算できます。

2016/12/19 18:53:59

ありがとうございます!仕事で困っていたので大変助かりました。>

銀行から1000万借り入れします。
15年返済で元金均等又は元利均等返済のどちらかにしますが5~8年で繰り上げ返済する予定です どちらがお勧めですか?

どちらがいいかはあなたの資金状況次第かと思います。
単純に15年で借りて元金均等か元利均等かで比較するなら、元金均等の方が総支払額は少なくなります。
これは途中で繰り上げ返済する場合も変わりません。
ただ、元金均等は当初の支払額が高くなります。
金利2%で計算すると元金:72000円、元利:64000円ぐらいの差になります。
この額を支払つつ、繰上げ分の資金を貯めれるなら元金均等でいいのではないでしょうか。
(元金均等は支払額が減っていくので後の方は楽になりますが)更に言えば、元金均等の当初支払額と同額を払い続けられるのであれば、元利均等で返済期間を短くして、15年の元金均等の当初支払額と同額程度にした方が総支払額は減ります。
資金の使い道が書いてありませんが、住宅ローンでしたら減税もあるので、一概に残債を減らすのがいいとも言えません。

2015/2/6 16:08:07

住宅ローンについて相談します。
2380万変動金利で借り入れで26歳既婚で子供が一人年収は480万です。
今後子供を作る予定はありません。
そこで色々と調べてるうちに迷っているんですが元金均等か元利均等かで悩んでいます。
今後金利は上がっていくでしょうから元金均等にして早めに元金を減らした方がいいと考えていますがそれならば繰り上げ返済でもいいのかなとも思います。
ちなみに返済額は元金均等なら約70000円元利均等なら約64000円です。
ご教授のほどよろしくお願いします。

35年ローンなら、今の金利は0.68%位ですね。
繰上返済するのなら、元金均等でも元利均等でも、どちらでも良いと思います。
返済し易さで言えば、元利均等になると思います。
ただ、変動金利の場合、注意点があります。
今後 金利は上がっていくと思いますが、元利均等の場合、以下のルールがあります。
・金利は半年毎にしか変わらない・返済額は5年間変わらないまた、ローンの返済には、以下のルールがあります。
・月々の返済額から、残高に対する利息を先に差し引く・残った分を残高の返済に充て、残高が毎月減るつまり、金利が上がっても 返済額が変わらない、というのは、毎月返済していく上では、一見 良心的に思えますが、毎月支払う利息が高くなり、元金返済額が減ることを意味します。
これは、元金が減らなくなることであり、ローンの返済を統合的に捉えた場合、返済が難しくなることを意味します。
その意味では、元金均等の方が良いのかもしれませんが、金利が上がり、更に返済額が上がっても、元金均等で払えるのであれば..。
家を購入すると、ローンの返済以外にも、支出はあると思います。
金利が低く、これから上がっていく局面で選ぶのは、固定です。

2017/6/6 00:17:46

固定ですか。再検討さして頂きます。ありがとうございます>

夫40歳妻30歳子供0歳の3人家族です。
不動産を購入するにあたり、不安なので質問させてください。
夫は手取り100万程度、妻は手取り20万程度です。
住宅ローンを毎月55万で15年間で返済することは可能でしょうか。
住宅ローンは、減税を受けるため、10年はMAX5000万借入し、その後残りを返済する予定です。
夫はボーナス無し、今後給与は上がることは無いです。
現在その他のローンはありません。
子供は保育園に入れるため、保育料がかかる予定です。
夫には3千万の貯金がありますが、私は250万奨学金の返済をしなくてはなりません(無利子、夫には頼らないつもり)。
また、子供をもう1人産みたいと思っています。
返済可能なのか、わりと楽に返せるのか、それとも一生懸命返さないと難しいのか教えて頂きたいです。
補足みなさまお返事ありがとうございます。
銀行からは9000万借入予定です。
夫はこれ以上収入は上がらない予定です。
私も子供がもう1人できたら働くことが出来るかわかりません。
(今は一生働くつもりでいます)月々の返済をしながら生活出来るのか、全く想像出来ないでいます。
返済出来ても、レジャーや外食など犠牲にするものも大きいのではないかと思っています。

借入金額5000万円で期間15年なら金利2%でも元利均等返済で毎月32万円ちょっとですが・・・手取り120万円と3000万円の貯金があれば問題ないです。
むしろ、住宅ローン控除を目一杯受けるなら期間35年で組んで10年後に完済してはいかがでしょうか?

2018/1/7 01:52:02

不動産投資と法人税の関係について質問があります。
一般的に「どんどん繰上げ返済をして、なるべく負債を少なくしておいたほうがいい」と言われていますが、元金をどんどん減らしてゆくということはバランスシートのうえでは資産がどんどん膨らんでいくということになるのではないでしょうか?それにひきかえ、物件はどんどん古くなっていくので、減価償却は減って行きます。
となると、法人税が高くなるということになるのではないでしょうか?負債をどんどん減らすことは必ずしもいいことばかりではないということなのでしょうか?無借金経営の会社って、法人税とかどうしてるんだろう?

借入金を繰上返済する場合、現金という資産が減り、借入金という負債が減りますので、資産と負債両方が減ることになります。
ただし、自己資本の額は変わらないので自己資本の割合が上がることで、自己資本比率が上昇します。
自己資本比率は企業の安全性(倒産しない可能性)を見る指標で、高いほど安全です。
繰上返済をすると元利均等返済の場合、月々の返済額は変わりませんが、返済している金額の内の元本と金利の割合が変化し、金利の割合が減ります。
これにより、月々の支払は変わらないのに会計上の利益が増えてしまい法人税が繰上返済前より多くかかります。
(借入金の元本の返済は実際にお金は出るが、費用としては認められなく、金利分のみ費用として認められる。
元本の返済額が多かろうが少なかろうが利益には一切影響しない)上記より、借入金を早めに完済するなら問題ないですが、中途半端に繰上返済すると法人税の支払いが増え、逆に資金繰りを圧迫することになりかねません。
また、未払い金や買掛金なども負債になりますが、実際には短期間無利息で借入しているのと同じ効果があります。
こういった負債はなるべく返済しない方が資金繰りには有利です。
減価償却費は実際に現金が出ていかないのに、費用として計上できます。
資産を償却し終えると、利益の額が上がりますので実際の現金の出入りは変わらなくても法人税の負担が増えます。
会社の状態で一番いいのは、資産も有利子負債も少ないが、高い収益を生み出すことができる状態です。
無借金の会社は法人税の支払いは負債のある会社に比べて多いですが、そもそも借入金の返済がないので、法人税を払ってもキャッシュフローは無借金の方がいいです。

2015/12/22 11:29:38

イオンカードのキャッシングリボ払いについてイオンカードのキャッシング時、リボ払いという項目で引き出しました。
①例えば10万円借りたとして、このリボ払いの請求はどういった形で来るのでしょうか?(月々分割請求と聞きましたが)②分割の場合、月に10万円借りたとしたらそれを一括で返すという事も可能なのでしょか?以上二点について教えてください。
宜しくお願い致します。

①実質年率18%として、キャッシング利用日によって総額は多少変動しますが、、毎月5千円の返済(元利均等返済)返済回数24回程返済総額119772円程(うち利息分は19772円程)になるかと思います。
②リボ払いお支払い額増額サービスを利用すれば可能です。

2012/2/6 10:17:42

元利均等払いの元金と利息に分けて金額を知りたいのですが、計算の仕方がわかりません。
どなたか教えてください。
借入金2,590,000円利息総額181306円契約日:H23.6.3\51406*1回\46100*59回一回目の支払日H23.9.5

借入金2,590,000円利息総額181306円契約日:H23.6.3\51406*1回\46100*59回この条件であれば、借入の利率は実質年率2.7%ですね。
利息は、その月の元金残高に月利(2.7%の12分の1)をかけて求めます。
毎月の返済額のうち、利息を引いた分が元金の返済に充てられます。
その月の元金残高から、元金の返済分を引いたら、翌月の元金残高になります。
ご質問のケースについてExcelで返済予定表を作成しましたので、参考にしてください。
返済回 // 元金残高 // 返済額 ( 利息 / 元金返済 )1回目 // 2590000 // 51406 ( 5827 / 45579 )2回目 // 2544421 // 46100 ( 5725 / 40375 )3回目 // 2504046 // 46100 ( 5634 / 40466 )4回目 // 2463580 // 46100 ( 5543 / 40557 )5回目 // 2423023 // 46100 ( 5452 / 40648 )6回目 // 2382375 // 46100 ( 5360 / 40740 )7回目 // 2341635 // 46100 ( 5269 / 40831 )8回目 // 2300804 // 46100 ( 5177 / 40923 )9回目 // 2259881 // 46100 ( 5085 / 41015 )10回目 // 2218866 // 46100 ( 4992 / 41108 )11回目 // 2177758 // 46100 ( 4900 / 41200 )12回目 // 2136558 // 46100 ( 4807 / 41293 )13回目 // 2095265 // 46100 ( 4714 / 41386 )14回目 // 2053879 // 46100 ( 4621 / 41479 )15回目 // 2012400 // 46100 ( 4528 / 41572 )16回目 // 1970828 // 46100 ( 4434 / 41666 )17回目 // 1929162 // 46100 ( 4341 / 41759 )18回目 // 1887403 // 46100 ( 4247 / 41853 )19回目 // 1845550 // 46100 ( 4152 / 41948 )20回目 // 1803602 // 46100 ( 4058 / 42042 )21回目 // 1761560 // 46100 ( 3964 / 42136 )22回目 // 1719424 // 46100 ( 3869 / 42231 )23回目 // 1677193 // 46100 ( 3774 / 42326 )24回目 // 1634867 // 46100 ( 3678 / 42422 )25回目 // 1592445 // 46100 ( 3583 / 42517 )26回目 // 1549928 // 46100 ( 3487 / 42613 )27回目 // 1507315 // 46100 ( 3391 / 42709 )28回目 // 1464606 // 46100 ( 3295 / 42805 )29回目 // 1421801 // 46100 ( 3199 / 42901 )30回目 // 1378900 // 46100 ( 3103 / 42997 )31回目 // 1335903 // 46100 ( 3006 / 43094 )32回目 // 1292809 // 46100 ( 2909 / 43191 )33回目 // 1249618 // 46100 ( 2812 / 43288 )34回目 // 1206330 // 46100 ( 2714 / 43386 )35回目 // 1162944 // 46100 ( 2617 / 43483 )36回目 // 1119461 // 46100 ( 2519 / 43581 )37回目 // 1075880 // 46100 ( 2421 / 43679 )38回目 // 1032201 // 46100 ( 2322 / 43778 )39回目 // 988423 // 46100 ( 2224 / 43876 )40回目 // 944547 // 46100 ( 2125 / 43975 )41回目 // 900572 // 46100 ( 2026 / 44074 )42回目 // 856498 // 46100 ( 1927 / 44173 )43回目 // 812325 // 46100 ( 1828 / 44272 )44回目 // 768053 // 46100 ( 1728 / 44372 )45回目 // 723681 // 46100 ( 1628 / 44472 )46回目 // 679209 // 46100 ( 1528 / 44572 )47回目 // 634637 // 46100 ( 1428 / 44672 )48回目 // 589965 // 46100 ( 1327 / 44773 )49回目 // 545192 // 46100 ( 1227 / 44873 )50回目 // 500319 // 46100 ( 1126 / 44974 )51回目 // 455345 // 46100 ( 1025 / 45075 )52回目 // 410270 // 46100 ( 923 / 45177 )53回目 // 365093 // 46100 ( 821 / 45279 )54回目 // 319814 // 46100 ( 720 / 45380 )55回目 // 274434 // 46100 ( 617 / 45483 )56回目 // 228951 // 46100 ( 515 / 45585 )57回目 // 183366 // 46100 ( 413 / 45687 )58回目 // 137679 // 46100 ( 310 / 45790 )59回目 // 91889 // 46100 ( 207 / 45893 )60回目 // 45996 // 46100 ( 103 / 45997 )支払合計 2771306利息合計 181305元金合計 2590001元金合計が1円オーバーになりましたが、これは端数処理に起因するもので、上のやり方では利息側ではなく、元金側に付加されてしまいましたが、これはご愛敬ということで。

2012/2/23 01:42:05

借入額と毎月の返済額と利息から、合計返済回数を求めるにはどうすればいいでしょうか?

利率が分らなければ返済回数は求まりません。
それが分るなら、元利均等返済であれば次のような式で求まります。
返済回数 = log{ 月返済額÷(月返済額-借入額×利率) } ÷ log(1+利率)毎月の返済なら、利率は年利率の12分の1とします。
Excelが使えるならNPER関数を使いましょう。
=NPER(利率-月返済額借入額)こちらに計算機を用意していますので、ご利用ください。
keisan.casio.jp/exec/user/1366788609

2014/9/29 21:21:03

教えて下さい。
40万円を、14.5%の年利で3年借りた場合、月の返済額は、どの位ですか? 教えて下さい、お願いします。

元利均等返済で、月々13768円(最終回のみ13781円)です。
※元金均等返済なら、月々11249円(最終回)~15944円(初回)です。

2017/7/7 13:29:26

-元利均等返済

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ