元利均等返済

ローンの計算なのですが、元利均等返済のローンで、支払い期間途中の...元利均等返済

ローン計算ソフトで、おすすめのものがありましたら、教えてください。
レビューを見てみてもよくわからないので、質問させていただきます。
返済のシュミレーションが色々と試算できるソフトがいいです。
Excelで使えるソフトで、お願いします。

住宅ローン返済に関して、様々な試算、シミュレーションができるExcelソフトがあります。
返済シミュレーション、ボーナス返済、変動金利、繰上返済、グラフ表示、償還表などの作成ができます。
最大40年までの元利均等返済ローンについて、ローン試算ができる、簡単操作の便利なツールです。
自分に合ったローン計算ソフトを選択して、有効に活用しましょう。
Excelのローン計算のソフトを試してみてください。
操作も簡単なので、初心者でも大丈夫です。
一度試してみてはどうですか。
詳しい情報は以下を参考にしてください。
for-excel.osusume-soft.com/insurance3.

2017/1/29 11:13:03

「【フラット35】S、繰上げ返済は早いと損?オールアバウトの記事「【フラット35】S、繰上げ返済は早いと損//allabout.co.jp/finance/gc/324090/10年間1%の金利優遇がある【フラット35】Sの場合、以下の条件で試算すると、約200万円を繰上げ返済した場合の利息軽減効果は3年目で約88万円。
11年目で約132万円。
11年目に繰上げ返済した方が約44万円も得とのことです。
条件・借入金額:3000万円(ボーナス払いなし)・借入期間:35年・返済方式:元利均等返済・金 利:表示金利2.16%(当初10年 1.16%、11年目以降 2.16%)でも、私の試算だと、約200万円を繰上げ返済した場合の利息軽減効果は3年目で約156万円。
11年目で約125万円です。
3年目に繰上げ返済した方が約31万円得です。
ローン借入残高に対して毎月利息を払っているという事だと思うので、同じ金額を繰上げ返済するなら、いくら当初10年間の金利が低くても、なるべく早い時期に繰上げ返済したほうが有利のはずです。
オールアバウトの記事は間違っているのではありませんか。
でも、記事を書いた人はFPなので、私の方が間違っているような気もします。
どうなのでしょうか。

あなたの考えが正しいと思います。
このFPはひどい勘違いをしています。
ひどすぎる。
私もシミュレーションしてみましたが、若干異なりますが、ほぼあなたと同じくらいの値になりました。
このFPが大きな勘違いをしているところは、繰上げ返済による利息の削減額として、1ページ目の「繰り上げ返済時期による効果比較」という図の説明でも分かるとおり、繰上げ返済で充当される元金の該当する期間の利息分を足し合わせているんです。
図の「2年目の利息部分」というのと、「16年目の利息部分」というのがそれです。
そんなことしてもまったく意味はありません。
繰上げ返済による利息の軽減額の計算はもっと複雑です。
このFPは元利均等返済のカラクリをしっかりと理解していないのでしょう。
このFPの間違った考え方で2ページ目の例を計算すると、ほぼFPがいう通りの値になりました。
まったく困ったもんです。
『 FPの妻と共に「夫婦FP」として顧客の自己実現をサポート。
』ですって、とほほ…。
まぁFPといっても色々いるようですね。

2010/10/20 02:23:58

住宅ローンの金利についてお願いします。
初心者です。
元利均等返済か元金均等返済の違い、固定金利か変動金利の違いは理解できました。
がその組み合わせが理解できません。
利息と金利の意味が理解できてないんだと思いますが。
銀行員さんとの話で元金均等か元利均等かを選らんだ後固定金利か変動金利かを選んでと言われました。
元利均等返済で利息と元金を一定にした上で、固定金利で金利を固定するもしくは変動金利で調節する???利息は、金利から計算されるものではないのですか??分かりやすくお願いします。

簡略化して一から回答をしてみます。
おおざっぱなので枝葉に間違いがありますしすでにわかっている内容もあるかもしれませんが理解をするために書きます。
まずお金を借りることについてお金はただでは借りれません。
たとえば1000万円1年間借りるとします。
返す時は1010万円で返します。
この10万円が金利です。
いわゆるお金のレンタル料です。
住宅ローンも一緒です。
たとえば3000万円の住宅ローンを借りると返済は3000万円(元本)+金利分です。
金利=利息=レンタル料です。
レンタル料がもらえるから銀行が貸してくれるのです。
というのはともかくローンは元金分と利息分で構成されています。
ここで一つ目の回答ローンの返済は元本と利息をバランスよく一緒に返します。
その払い方に2つのコースがあります。
元金均等:元本をより多めに返済します。
そのため早めに返済を終えることができます。
ただ月々の負担額が大きくなってしまいます。
元利均等:利息をより多めに返済します。
そのため月々の返済額がずっと一定です。
ただ総返済額が大きくなってしまいます。
そしてこの金利の部分についても大きく2つあります。
変動金利:世の中の動向に応じて金利が変わります。
そのため将来の負担額が増えるリスクもあります。
固定金利:世の中の動向にかかわりなく金利を最初に決めてしまいます。
そのため将来の負担額が最初にわかります。
ただ金利を固定するため私たちのリスクがなくなるわけです そのリスクをなくすために金利が上乗せされます。
たとえば今時点で変動金利であれば1%で借りれるとしても固定金利の場合2%の金利でないと借りれないという感じでこの1%が銀行のリスク負担分の費用となるわけです。
理解できる内容でしたでしょうか?

2015/3/17 16:03:51

住宅ローン金利の計算式を教えてください。
3000万円を0.82の金利で40年間の返済の場合の月々の支払いを教えてください。
いろいろ調べてみたのですが、サイトでは数字を当てはめて、金額が出るだけだったので、なぜ利子の金額がそうなるのか、、、なかなか納得できません

1か月目の利息額は、借入額(残高)3000万円、年利0.82%から、3000万円×0.82%×1/12=2万500円となります。
毎月支払額は元利均等返済の場合73330円になりますので利息20500円をひくと元本部分は52830円になります。
ということは2か月目の返済時の借入残高は3000万-52830円=29947170円になっています。
これに対する利息計算は同じく29947170円×0.82%×1/12=20464円になります。
元本部分は52866円あとは完済まで上記の繰り返しになります。
※返済額の計算は元利均等返済の場合に複雑ですが借入額、金利、返済回数で毎回が同じ返済額になるように計算されています。

2018/2/8 10:51:32

73330円はどうやって計算したのでしょうか?>

ローンの返済方法教えてください。
Aさんは元利均等35何返済での借り入れを計画してます。
月々の返済を80000円以内、ボーナス返済を130000円以内で返済と考えている。
金利を2.0%とした時、いくらの借り入れができるか??・融資額は10万円単位とする。
・金利2.0%、返済期間35年の元利均等返済における100万円あたりの毎月返済額は3313円とする。
・金利2.0%、返済期間35年の元利均等返済における100万円あたりの1回のボーナス返済額は10万円とする。
どなたかお願いします。

30,672千円。






2017/8/10 18:59:09

SBI住宅ローン(SBIモーゲージ株式会社)の8疾病保険と元金均等返済と元利均等返済についての質問です。
宜しく、御願いします。
先日、フラット35への申し込みをしてきたのですが、8疾病保険特約は有料となっていました!住信SBIネット銀行では無料となっています。
これって何故ですか?会社が違うのでしょうか!後、元金均等返済と元利均等返済のメリットとデメリットを教えてください。
知り合いいわく、元金均等の方が最初の返済はキツイがあとになれば楽だと言われました。
いかがな物でしょうか?ベストアンサーを御願いします。

車の保険もそうですが店舗は建物や人件費が掛かる分高くネットは安いです。
ローンも金利が低いか無料サービス付いてるのでは?元金均等は最初の返済額額は多いが元金が減るので利息も減ります。
借入金と収入関係で昔ですがうちは駄目だと言われました。
元利均等は返済額が均等なのは良いのですが、初めのうちは利息だけ払う感じで元金あまり減りません。

2011/9/28 19:28:26

ローン返済(元利均等返済)を組んでいて、現状の返済が厳しく毎月の返済額を軽減したい場合、期間を変えずに返済額を落とすことは可能なのでしょうか?元利均等なので、返済額を落とした分の期間を延長するか、元金均等返済に切り替えるしかないと思うのですが… ローン返済のままで可能なのでしょうか?

銀行で金融円滑化を担当していました。
現在、金融円滑化法により、住宅ローンで返済に支障をきたしている場合には、可能な限り条件変更の応じるよう努力義務が銀行に課せられています。
その方法としては、返済期間の延長や元金据え置きがよく行われています。
金利の引き下げは金融円滑化の対象外ですので、銀行は応じる義務がありませんのでご注意ください。
条件変更の内容としてできることは、各金融機関のシステムで可能な範囲です。
銀行窓口で相談して、ベストな方法を検討されてはいかがでしょうか。

2012/4/15 09:32:30

FP2級について質問です。
毎月返済(返済額7万円)のみの元利均等返済の住宅ローンに対して100万円の一部繰上げ返済を行い、返済期間が3年短くなった場合トータルの利息軽減額は?答え、(7万円×12ヶ月×3年)-100万円なのですがなぜ100万円を引くのでしょうか???利息系減額の意味もイマイチわかっていません。
ご回答よろしくお願いします。

利息軽減とはある行為によって利息が減ったことを指します。
今回のケースではその行為は繰り上げ返済のことを指しますから、つまり繰り上げ返済によって幾ら利息が減ったのか?というのが質問の内容になるわけです。
で、、3年間で支払う額べき額が7x12x3=252万になってそれを支払わないで済むわけですけど、一方繰り上げ返済として100万を逆に返してしまっているわけですから、それは引かないと軽減額は正しく計算できないということになります。

2014/8/8 07:36:19

返済金額について質問です。
貸付金額 100万 年利率13.500返済方法 元利均等返済84回払いにすると月々の支払いはいくらになりますか?計算方法もお願い致します。

元利均等額=1000000*(13.5/12/100)/(1-(1+13.5/12/100)^-84)=18465円 総額=18465*84=1551060円利息=551060円

2013/1/16 16:57:40

ローンの計算なのですが、元利均等返済のローンで、支払い期間途中のある時点でそれまでの元本合計額と金利合計額を求めるにはどうすればいいのでしょうか?知りたいのは金利9%で期間は毎月払いの25年、金額は80000ドルです、10年目終わりまでに支払われる金利合計額と元本合計額です。
それから50ヶ月目の支払いの元本の金額と金利の支払いの内訳も知りたいです注意:知りたいのは計算方法であり、どっかの計算サイトではありません

先ず元利均等返済額の計算80000$*0.09/12(1+0.09/12)^300/[(1+0.09/12)^300-1]=80000$*0.0075*9.4082603/8.4082603=671.35839$10年間支払い済み元本80000$*(1+0.09/12)^120-1/(1+0.09/12)^300-1=80000$*1.4513411/8.4082603=13808.716$10年間支払い済み利息671.35839$*120-13808.716$=66754.29$50月目の内訳は明日中に回答します。

2015/6/13 21:33:50

次に49回支払済み残高は
80,000$-80,000$[(1+0.09/12)^49-1]/[(1+0.09/12)^300-1]
=80,000$-80,000$*0.4421373/8.4082603=75,793.306$
50回目の利息は
75,793.306$*0.0075=568.44979$
50回目の元本は
671.35839$-568.44979$=102.9086$
8桁100円電卓で計算しました。
以上>

-元利均等返済

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ