元利均等返済

元金均等返済と元利均等返済に関する次の文章のうち,正しいものをす...元利均等返済

住宅ローンを組むには、元金均等返済と元利均等返済のどちらがおすすめですか?

元利均等返済での総返済額>元金均等返済での総返済額となります。
ただし元金均等は当初返済額が多くなります。
それを払っていけるだけの経済的余裕があればその方が利息が少なくて済みますよ。

2012/2/3 19:05:44

金利の計算について教えてくださいものすごくはずかしい話なのですが、ぜひ、わたくしにもわかるように教えてください。
例えば、変動金利で、4000万円を35年ローン、変動金利の0.57%で借りたとします。
定率計算、定額計算そういった違いはあると思うのですが、ここでいう金利0.57%というのは年利ですよね。
なので、1年目 4000万円の元金に対して0.57%=約23万円二年目 減った元金例えば(そんなに減らないと思いますが)3500万縁の元金に対して0.57%=約20万円・・・・・みたいな形で、35年間で計算したものが、よくシミュレーションサイトで出てくる計算結果と思っていれば良いのでしょうかちなみにイオン銀行のシミュレーションサイトで上記の条件でやったところ、総支払金額4413万円利息合計413万円と出ました。
(ボーナス支払い無し)質問2シミュレーションサイトの下に諸費用ランというのがあり、そちらに112万円という数値がでましたが、これがいわゆる事務手数料2.1%や保証料といったものの合計だと思うのですがこちらは、ローンの中には組み込まれないつまり、キャッシュで事前に払うということなのでしょうか。
一般論で良いので教えてください。
また、良く言う、実質金利というのはこの、諸費用を含めての計算をしたものを言うのでしょうか。
いま、地銀のローンを検討しているのですが実質金利というのが出ていないため、どうしたらそういうのがわかるかなぁと頭を悩ませています。

元利均等返済だとして考えます「毎回の返済額となる元金と利息の合計が、返済開始から決められた期間の終了まで均等となる利息の算出方式。
」ここで問題になるのは毎回の返済額がどのように算出されるのか?ということです。
当然ながら返済額はn年で元金4000万が完済できるように設定する必要があります。
1回目の返済では元金残額は「4000万×1.0057-毎回の返済額」です2回目では、「4000万×1.0057×1.0057 - 毎回の返済額×1.0057 - 毎回の返済額」です。
3回目では「4000万×1.0057×1.0057×1.0057- 毎回の返済額×1.0057×1.0057- 毎回の返済額×1.0057×1.0057-毎回の返済額」です。
n回くりかえした後の元金残高は「4000万×1.0057^n - 毎回の返済額×1.0057^(n-1) - 毎回の返済額×1.0057^(n-2) -…- 毎回の返済額×1.0057 - 毎回の返済額 」となります。
これがちょうど0円になればn回で全額返済できたことになるので「上の式=0」となるように計算すると毎回の返済額は4000万×0.0057×{1.0057^n÷(1.0057^n -1)}となります。
nに35を代入すると、1.0057^35≒1.22であるため、1264363円です。
35年間の総支払は44252705円となります。
だいたいシミュレーションと合致しますね。
月払いで計算するともっと正確になります。
上記の計算は「元金残高に利息率をかけたものがその月(あるいは年)に払う利息になる」なおかつ「決められた回数で元金が払い終わる」ように毎回の支払額が決定されているのです。
参考urlnote.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n133975次に実質金利についてですが実質金利とは物価の変動あるいは貨幣価値の変動を考慮した金利です。
実質金利は名目利子率-インフレ率で算出されます。
もし毎年10%のインフレが起こっていくなら毎年、借金の残額が10%づつ減っていくのと同じ効果があります。
10%のインフレ=10%の貨幣価値の低下ですからね。
日本は失われた20年間、デフレーション下にありました。
実質的に金利が高くなっていたのです。
借りた時には大した金額じゃなくても、貨幣価値が高まるせいで負担が重くなります。
デフレから脱却するために政府と日本銀行は2013年からインフレ・ターゲティング政策を行ってインフレ率2%を目標に掲げています。
政府はインフレ率の指標としてコアCPI(生鮮品・食品を除く消費者物価指数)を使っています。
他の指標としてはGDPデフレーターや東大物価指数なんてのもあります。
こうしたデータから見るに、効果はそれほど芳しくないもののデフレ脱却の傾向が見えてはいます。
最後に、現在の金利は日銀のゼロ金利政策によって低い水準に抑えられています。
しかし、インフレ率2%が達成され、景気が過熱気味になってくると日本銀行は金融政策の出口戦略を考え始めます。
今後35年間に金融引き締めが一度もないと言いきることはできません。
したがって、実質金利を考えなくとも変動金利ですら予想することは困難です。

2015/7/22 17:17:52

金利3.0%で50万の5年ローンで金利はいくらになりますか?計算式も教えて頂けたら助かります。

元利均等返済か元金均等返済かで計算式は違います。
一般的には前者が多いですが、計算式は複雑です。
それぞれ検索すると自動計算してくれるサイトもありますからそれで計算かけてみましょう。

2018/6/27 11:32:54

住宅ローンの元金均等返済と元利均等返済のメリット、デメリットを教えてください。
3000万の借入れを35年で変動金利0.975%だと、TOTAL40万くらいしか変わらないような?返済に余裕があるなら元金均等返済でしょうか?補足元利金等で繰り上げ返済してもTOTAL支払はあんまり変わらないですか?

take0157さん>住宅ローンの元金均等返済と元利均等返済のメリット、デメリットを教えてください。
元金均等返済のメリット:元金の減少が早いので支払利息の総額が少ない。
終盤の負担は少ない。
デメリット:初期のころの返済額が多いので初期のころの負担が大きい。
元利均等返済のメリット:返済額が常に一定。
デメリット:初期のころ元金がほとんど減少しないので支払利息の総額が多い。
>3000万の借入れを35年で変動金利0.975%だと、TOTAL40万くらいしか変わらないような?私の計算では29万412円の差でした。
>返済に余裕があるなら元金均等返済でしょうか?そうでしょうね。
追伸安倍さんが首相になったら、変動金利は危険かもしれません。
早時期に固定金利に変更していくのが賢い選択かもしれません。
補足への回答>元利金等で繰り上げ返済してもTOTAL支払はあんまり変わらないですか?元利均等払いは、元金均等払いに比べ、繰り上げ返済の効果は大きいです。
どちらにしても、トータルの支払利息額は減少します。
ただ、金利が低い場合は、元金均等も元利均等もトータルの利息はあまり差はないです。
金利が高くなると、差は開いてきます。

2012/12/12 11:24:50

「元利均等返済」と「元金均等返済」はどちらがお得でしょうか?住宅ローンでどちらを選択しようか迷っています。
変動金利と固定金利は後からでも変更可能ですが、「元利均等返済」と「元金均等返済」は最初しか選べませんよね?(例)・借り入れ額は2200万円・返済期間は27年・変動金利を選んだ場合色々とネットで調べた結果、現在私の頭ではこう理解しました。
「元利均等返済」・月々の返済額が一定(5年間)・返済額が変わらない分、支払う元金が少なくなり返済期間が長くなる?・繰り上げ返済をしない場合、元金均等返済を選んだ場合よりも最終返済額が2~300万円高くなる。
「元金均等返済」・支払う元金が一定なので最初の内(10年程)の月々の返済額が大きくなる。
・最終返済期限が近付くにつれて月々の返済額も少なくなる。
こんな感じに理解しているのですが、合ってますでしょうか?ネットでは「元金均等返済」の方が最終返済額が「元利均等返済」を選んだ場合よりも200万円程お得になる。
ということで今注目されているようですが、月々の返済額が「元利均等返済」を選んだ場合よりも大幅に高くなるデメリットがありますよね。
私たちは今年から妹が専門学校に通うこともあり、月々10万以上はちょっと辛いです。
逆に妹が学校を卒業する2年後、就職もすれば余裕も出ると思います。
その際に繰り上げ返済(例えば50万~100万円ほど)を数年に一度出来たらいいなと思っています。
なので私的には「元利均等返済」の方がいいのではないかと考えているのですが、どうでしょうか?皆様の意見もお聞かせいただけると幸いです。
「元利均等返済」には5年ルールと125%ルールがあるみたいですが、この5年ルールで金利が上昇した場合、月々の返済額が大幅にあがる事があるのでしょうか?(例えば月々の返済額が75000円だったのが140000円になったり…)125%ルールもありますが、これは単に最終返済額に回されるだけで、結果最終返済期限日に大金を支払わないといけない、なんてことにならないのでしょうか?両親があまり難しい日本語が得意ではないので、こういった事は私が調べて説明しています。
噛み砕いて説明してあげられるように、アドバイス頂けると嬉しいです。
長々と失礼致しました。

正しく理解されてると思います。
>「元金均等返済」の方が最終返済額が「元利均等返済」を選んだ場合よりも200万円程お得になる。
>ということで今注目されているようですが、月々の返済額が「元利均等返済」を選んだ場合よりも大幅に高くなるデメリットがありますよね。
そのとおりです。
当然ながら、借入額と金利が同じで返済ペースが同じなら、総返済額も同じになります。
元利金等と元金均等の違いは単に返済ペースの違いであって、損も得もありません。
好きな返済ペースを選べばよいのです。
元利金等で契約しておけば、繰上げ返済によって返済ペースを元金均等に合わせることもできますから、繰上げ返済のコストを無視するなら、元金均等を選択する理由はないでしょう。
>結果最終返済期限日に大金を支払わないといけない、なんてことにならないのでしょうか?可能性としてはありえます。
月返済額が利息に満たなければ、借入額が減らないどころか、ふくらむことになりますね。
allabout.co.jp/gm/gc/10400/2/

2015/2/24 19:16:13

元金均等返済と元利均等返済の違い

前者は確実に元金が減っていくが、後者は、思っているほど減らず発生する利息分が多くなる

2015/12/4 12:28:23

金利の計算なんですが、分かる方教えてください。
10万円借りて、毎月11000円ずつ10ヶ月で返したら、金利は年利で何%になりますでしょうか?

元利均等返済(元本と利息を合わせて毎月同じ額だけ返済する方法)として「21~21.5%」ぐらいです。
計算式はややこしいのですが、上記のように元本と利息を毎月払って10ヶ月でなくなるように返済するという計算になります。
毎月返済すると元本も減るので「残った元本に金利をかけて残りの利息を算出」します。
だから毎月払う利息が減って、返済額が同じならその分返す元本は増えます。
毎月返済額が一定でも元本と利息の金額が変動するので計算しにくいのです。
で、たとえば金利21%で計算すると毎月の返済額は10987円初回元本元本9237円・利息1750円2回目元本9399円・利息1588円3回目元本9564円・利息1423円・・・最終回元本10799円・利息188円これで支払う利息の総額が9870円なので、10万円借りて利息1万円ならこれよりは少し金利が高いことになります。
普通の借入は「金利が○%の時に〇円を〇ヶ月で返済すると毎月の返済額がいくらになるか」と最初に金利が決まっていて返済期間によって毎月の返済額が変わるので、そこで返済期間を決めることが多いです。
もちろん返済期間が変われば同じ金利でも返済額と支払う利息は変わります。

2018/4/6 09:38:02

ついでに、個人間で貸し借りするときはサラ金の上限金利は関係ありません。金利21%でも違法ではありません。>

融資額15800000円 貸出利率2.675%利息はいくらになりますか?自分で計算すると500万程度の利息になるのですが、、計算の仕方が間違ってましたら教えてください。
補足返済期限は35年です。

元利均等返済だと¥8550374 が利息合計ですかね。
元金均等返済だと¥7413985 です。
500万くらいの利息合計だと1.65%位の金利になるかと思います。

2018/5/16 22:01:54

回答ありがとうございます。返済が必要なのは融資額と利息合計の2400万程度ってことになりますよね?>

住宅ローンについて質問です。
住宅ローンの返済方法で元利均等返済と元金均等返済があると思うのですが、これはどちらか選択出来るものだと思っていたのですが、銀行で個人への貸付の場合元利均等返済しか出来ないと言われました。
これはどこの銀行もそうですとゆーのですが、本当でしょうか?私がFPの勉強をした時にはそんなことは書かれていなかったのですが、暗黙のルールとかなんでしょうか?

元利均等しか取り扱っていない銀行の方が多いように感じます。
元金均等の場合、当初の返済額が多いので審査は厳しくなります。

2017/5/30 21:50:40

元金均等返済と元利均等返済に関する次の文章のうち,正しいものをすべて選びなさい. ただし,これらの文章において,特に明記しない限り,返済方法(元金均等返済あるいは元利均等返済)以外の条件 (元金,単利複利,年利,返済額,返済年数など)は同じであるとする.また,年利は正の実数であるとする. 1.元金均等返済と元利均等返済とでは,元金均等返済の方が支払利息総額が高くなる 2.元金均等返済では,返済するたびに返済額は低くなる 3.元利均等返済とは,毎回の返済額(利息を含む)が同額になるようにした返済方法である 4.元金均等返済とは,毎回の元金返済額が同じで,それに元金残高に対する利息を加えた額を毎回返済する方法である 5.元金均等返済では,毎回の返済額は異なる

2345.........

2014/11/29 18:58:50

-元利均等返済

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ