代位弁済

「不当利得返還請求」と「損害賠償請求」の違いについて教えてくださ...代位弁済

信用金庫、信用保証協会の債権の時効について信用金庫の債権の時効は10年で、信用保証協会の債権は5年で時効になると聞きました。
例えば、最初は信用金庫から融資を受けたが(個人として)、支払が滞ったため信用保証協会が代位弁済した場合、10年で時効になる債権が信用保証協会に代位弁済されたために5年で時効にかかる債権になるそういうことがあるのでしょうか?よろしくお願いします。

こんばんは。
信用金庫の債権だから時効は10年、信用保証協会から代位弁済された債権だから5年と言うものではありません。
債権者が信用金庫に限らず個人への貸付債権は民法上の消滅時効は10年です。
また、法人や個人事業主などへの貸付債権は商法上の消滅時効は5年となります。
ですから、代位弁済された債権だからと言って消滅時効に影響を及ぼす事はなく、期間が変わる事は通常ありません。
信用保証協会からの代位弁済は保証債務履行に過ぎません。

2011/5/11 20:29:42

弁済による代位の代位者相互間の関係について質問です。
基本的なところで躓いてる気がするのですが以下の2点についてわからないのでご教授お願いしたいです。
①主債務者所有の不動産に抵当権が設定されてる場合の代位者相互間の関係例えばAはBから1800万円の融資をうけ、A所有の甲土地(1500万)および、C所有の乙土地(300万円)に抵当権が設定された。
さらにDがAの連帯保証人となった。
このときCがBに1800万円の弁済した時にCはDにいかなる請求をすることができるのかまたDがBに対して1800万円を弁済した時はDはCに対していかなる請求ができるのか。
という点がわかりません。
また②保証人と物上保証人と、第三取得者が並存している場合の代位者相互間の関係例えばAはBから1800万円の融資をうけ、A所有の甲土地(1500万)および、C所有の乙土地(300万円)に抵当権が設定された。
さらにDがAの連帯保証人となった。
DがBに対して1800万円を弁済した時はDはAから甲土地を譲り受けたEに対していかなる請求ができるのか。
またその時、Cに対してはいかなる請求ができるのか。
という点がわかりません。
長文になってしまい申し訳無いのですが、回答よろしくお願いします。

問題文しか書いてなく『と言う点』とやらが書いてない99%はバカなだけでなくクズな怠け者だろう既に推定が働いとるからまともに相手をする気はない違うなら『と言う点』を推定を破れる程度に明示しろ

2018/1/17 22:10:33

いかなる請求ができるのか という点。
です。
>

抵当権に基づく賃料債権の物上代位について。
初歩的な質問ですみません。
抵当権者は設定者の賃料債権を物上代位することができますが、これは、設定者が弁済を滞納したなどの理由がないと出来ないのですか?普通に弁済していれば、設定者は抵当物件の使用収益ができますよね?賃料債権に物上代位できるとは、民法371条の場合を指すのでしょうか?稚拙な文章で申し訳ありません。

そうです。
被担保債権に債務不履行がないと賃料債権には物上代位できません。

2016/2/29 22:34:09

早速のご回答に感謝いたします。ありがとうございました^o^>

住宅ローンを銀行と住宅金融支援機構とに返済しています。
①銀行ローンの方だけ代位弁済になった場合、住宅金融支援機構のローン返済にどういう影響がでますか?②また銀行ローンが代位弁済になっても銀行ローンの団体信用生命保険を継続する方法はありますか?お手数ですがよろしくお願いいたします。

1 その代位弁済をだれがしたかによりますね。
保証会社がされれば、当然ですが求償権を使って、抵当があるので、一括返済なり、競売を望まれます。
そうなると、恐らくどちらも抵当1位で付いているはずですから、銀行の方も同じことになります。
一括返済を求められるでしょう。
貸しては銀行と、支援機構ですが、一つの所から借りているとして考えてみればわかるかと 2 ご家族が代位弁済されて、求償権を行使されておらずもう一つをきちんと支払っていれば、契約しだいです。
ただこちらも恐らく①と同じになる可能性が高いが交渉しだかと。

3 代位弁済になれば団信は使えません。
これはどこでも同じです。

2015/5/16 23:06:25

ご回答ありがとうございました。>

保証人と返済について質問です。
保証協会を通して保証人2人を付けて借入をしてます。
事業が上手く行かず廃業しようと思っています。
廃業して恐らく保証協会の代位弁済になると思います。
代位弁済になって保証協会との話し合いになると思うのですが、保証人さんに金銭的な迷惑をかけずに僕ら夫婦で働いて返して行くのは可能ですか?保証人の一人はとても高齢で持家は誰の名義かは聞いていません。
もう一人の保証人さんは持家が有りますが、その方の事業も上手く行っていなくて売りに出しているようです。
同じ信用金庫から借入をしていて条件変更もしているようです。
この場合僕が毎月少なくても何とか働いて返すと言っても保証協会は聞く耳持たずですか?補足因みに借入したのが1500万で残りが750万弱です。

聞く耳もたず、です。
とりやすいところから取ろうとします。
貴方が返すと言って聞き入れたとしても、それは聞いたんじゃなく、他の連帯保証人から回収するより貴方から回収したほうがよいと、結果的に判断したからです。
廃業して代位弁済?まぁだ払ってるの?払わないで代位弁済となっても、保証協会が訴訟とかを本格的に始めるのはズーと先。
払わず自己資金回していれば、まだまだ事業続けられるのに。
もちろん保証人に連絡いくけど、貴方にそれ相応の知識があれば、どうせ返そうという気でいるなら保証人にきっちり説明し、不安と“負担”を取り除けます。
保証協会の傾向と対策学んでください。
事業なんかね、畳む時が一番重要なのに、下手くそ過ぎます。

2012/11/21 03:55:02

親が知り合いに借金をして借用書も書いたそうです。
利息は支払ったと聞きまして、元金が100万円ぐらい残っているようですが、肩代わりする子どもの立場から借用書を確認してから返すと知り合いに伝えましたが、向こうは現金を受け取ってから見せると一点張りです。
写真で送るもの嫌だっと言っています。
過払い金があるかも確認したいのですが、まったく話が通じません。
こういう場合はどのようにすればいいでしょうか?

親が亡くなって財産を相続したという場合や、親の借金の連帯保証人になったという場合を除き、親の借金を子が肩代わりしなければならない法律はありませんので、「払う必要がないので払わない」で解決する問題です。
それでも親が借金返済に苦しんでいるから、助けてあげたいという気持ちなのでしたら、せめて「借りた証拠」「返した証拠」の二つくらいは確認しましょう。
「借りた証拠」は、貸した本人が、あなたの親から受け取って持っているはずの借用証を確認することです。
現物じゃなくても、とりあえずはコピーでもいいので、発行してもらいましょう。
でも「向こうは現金を受け取ってから見せると一点張りです。
」ということは、借用証は「ない」のではないでしょうか。
普通、借用証を見せろと言われたら、代位弁済の期待が持てるわけですから、大喜びでコピーを手渡すはずです。
それなのに見せないの一点張りということは、「ない」可能性が極めて高いと予想できます。
または法的に不備か、法的に無効な借用証である自覚があるのかもしれません。
その場合、「ない」前提で交渉してみましょう。
その前に一度くらいは「コピーがほしいもっともらしい理由」を伝えて、もう一度お願いしてみてからでいいと思いますが。
「全額返済しようと思っているが、借用証の原本のコピーがないと利息計算ができないのでこのままでは返済できない」という、相手がコピーを出したくなるような、もっともらしい理由でも伝えて再度催促してみればいいと思います。
それでも出してこなければ、かなり怪しいということになるので、「みせられないということは、親は金を借りたと誤解していただけで実際には借りていなかったのではないか。
そうだとしたら、今まで親が払っていた金は利息をつけて全額返すように。
返さないなら訴訟を起こす。
それがいやなら今すぐ借用証を見せろ」とでも脅してみればいいと思います。
それでも出してこなければ、本格的に借用証はない可能性が極めて高いので、銀行振り込みで貸してもらったなどの状況証拠が残っている場合を除き、本当に借金は最初からなかったことを法的に確定してしまうことです。
債務不存在確認訴訟でもいいですし、借金があると誤解して払った金を利息付きで全額返せという返還訴訟でもいいでしょう。
相手は借用証などで貸した証明ができなければ借金は最初からなかったことが法的に確定してしまいます。
逆に借用証を出してきて、こちらが負けてしまったとしても借金の存在が確定するだけなので失う物はなにもありません。
でも、その前に渋々でも借用証のコピーを出してきたなら、その内容次第で次の作戦を考えればいいと思いますが、法的に問題のない借用証であるかどうか、確認するのに弁護士に法律相談をするのも悪くないと思います。
「返した証拠」のほうは、実は借用証騒ぎの前に、こちらのほうを調べる方が先だと思いますが、親が銀行振り込みで返していた場合は銀行に記録が残っていますが、直接返した場合は相手が発行した領収証などが証拠になります。
いずれもない場合は、これから作ればいいと思います。
いままで返済した内容の記録を日付と金額の書かれた履歴書にして相手に確認させ、確かにこれだけの金額をこの日付で毎回受け取ったと認める日付住所入りの署名でもさせればそれが証拠になります。
その際、元金がいくらで利息がいくらという内訳は書かずに合計金額だけで履歴書にします。
利息のことを指摘されたなら、「利息の計算は借用証を見せてもらえなかったのでできなかった」とでも言っておけばいいでしょう。
あとで借用証を確認してみたら、利息制限法に触れた金利だった場合は、過払分は元金に充当できますので、場合によっては元金はすべて消えて、過払金が発生している可能性もありますから、いまは利息については軽く流す程度でいいと思います。
そういうことをする場合は、今にでも相手の請求額を全額返済するかのようなそぶりで、ニコニコ顔で近づいてお願いすればいいのです。
でも確認してみたら、法的にも問題のない、利息制限法もしっかり守った借用証が存在していて、逆に返した証拠は証明力の弱いものしかないということでしたら、あなたには返済義務がないのですから、あくまでも親が返済できる範囲で返済して残債は免除するなどの和解交渉をしてあげる程度にとどめ、あなたが直接肩代わりして返済するのはやめておかれることをおすすめします。
あなたにその交渉が無理なら、その返済してもよいと思っていたお金は、弁護士を雇う金に使い、弁護士に交渉してもらいましょう。
弁護士なら和解話が成立したら、法的に問題のない証書にして取り交わしておいてくれます。
相手は和解に応じなければ、返済能力のない親からは、残債の回収は一切できなくなる可能性が極めて高くなるのですから、少しでも回収できるならその方がいいのではと弁護士が説得すれば渋々でも応じてくるでしょう。
あなたがポンと全額返済してしまうと、親は子供というのは親の借金をかわりに返してくれる存在なんだと誤解してまた新たな借金を始めてしまいます。

2017/9/22 11:45:32

私は病院に入院している人(義理の妹)の入院時に連帯保証人になりましたがこの場合の法律関係に対しては主たる債務者が支払できない時の代位弁済という債務責任だけで病院側のケースワーカーに教示請求権はないの?

無い と言う他はありません。
なお代位弁済の代位とは債権者の地位に取って代わる と云う意味で債務者に代わって と云う意味ではありませんので

2013/10/2 01:46:07

現在、住宅ローンが1000万程度あります。
8月から返済できておらず、1月の支払いができなければ、2月中旬以降には、代位弁済→住宅債権回収機構(サービサー)の担当者が訪問してきて、任意売買になると銀行担当者から聞いています。
①その際、適切な価格で売買されたとしても、地域相場では、300万程度の残債が残ります。
この残債については、交渉によって結構減額されるのでょうか、また、免除されるケースもありますか?②住宅ローンの連帯保証人には、元妻の名義になっています。
元妻は、任意売買になった場合には同意はしてくれるとは思いますか、残債の支払いは、連帯保証人にも支払い命令が下りますか、また、私が残債の支払い交渉で何色を示すと、連帯保証人に負担がかかりますか?③任意売買を行う際によくネットなどで、任意売買業者の存在がありますが、このような業者は、どのような事を行ってくれるのでしょうか、1 不動産の売買業者の選定2 残債の免除の交渉3 各種書類の作成など、その際の手数料はどの程度でしょうか、このような業者の方にお願いする事はメリットは大きいでしょうか?いろいろ、わからない事がります。
ご存知の方何方かお教え下さい。

>地域相場では、300万程度の残債が残ります。
競売となれば、相場より価格は少し落ちます。
>この残債については、交渉によって結構減額される・・・・>また、免除されるケースもありますか?残債について支払請求されると思いますが、直ぐに減額とか免除されることは先ずありません、サービサーであり少しは期待できます。
>住宅ローンの連帯保証人には、元妻の名義になっています。
>元妻は、任意売買になった場合には同意はしてくれるとは>思いますか、残債の支払いは、連帯保証人にも支払い命令・・・・連帯保証人としての義務は離婚した、不仲である、別居している、などは何の関係もなく支払義務がありますから、残債について法定代位弁済を要求されます。
>また、私が残債の支払い交渉で何色を示すと、連帯保証人に>負担がかかりますか?アナタか連帯保証人が支払すべきものであり、銀行は都合のいい方に請求します、また、連帯保証人は催告と検索の抗弁権がありませんから請求されたらツベコベ言わず支払をしないといけません。
>任意売買業者の存在がありますが、このような業者は、どの・・・・そのようなことをする専門でしょうから、足元を見られて相場より更に下がると思います。
300万円であり売却せずサービサーと真剣に分割払いについて協議したがいいと思います「300万円は支払できないが○○○万円であればどうにか支払できそうだ」この提案も大事です、この○○○万円をいくらとするかはよく考えてください。

2016/1/4 00:05:59

至急!簡易裁判所からの特別送達について教えてください!私の兄の事なんですが…今日、兄の自宅にて郵便局からの不在票が入っており、簡易裁判所からの特別送達だという事がわかりました。
一応、明日受け取る予定でおります。
本人の事になるので、私がとやかく言うべき事ではないのは重々承知しております。
ただ、兄が病気で長期入院をしているために、家族の私達が兄の郵便物などを管理している状態でして、今回の件もそのために分かった次第であります。
おそらく訴状だろう…と親は言うのですが、この場合、もう裁判をするほかないのでしょうか…?ちょっと漠然とですが、色々ありすぎて困惑しております。
どなたかご存知の方はご回答の方を宜しくお願い致します。

入院中なら裁判は無理でしょうね、出廷しなければ敗訴、支払という流れになるでしょう。
相手方に病院の証明を送り敗訴しても支払はしばらく延期してもらうしかないでしょう。
もしくはあなた達家族が代位弁済をする旨を通知するか。
督促裁判は放っておいて敗訴するのが一番です、裁判に出ることなく終わります、後は相手方と支払条件を話し合うだけです。

2015/2/15 23:43:20

「不当利得返還請求」と「損害賠償請求」の違いについて教えてください。
債務者Aは債権者Bに対して債務Xと債務Yがある。
債務者Aの代位弁済者A2はあらかじめの合意の下債務Xについて弁済を行ったところ、債権者Bが債務Yへの充当を主張したので、裁判の結果、債権者Bに違約があったと判断された。
このとき、「不当利得返還請求」であった場合には、債権者Bが代位弁済者A2に受取り済みの金員(債務X相当)を返還して、結果として、債務者Aは債権者Bに対し債務Xと債務Yが残ることになると思われる。
一方、「損害賠償請求」の場合、債務Xについて充当されなかったことへの賠償だから、債権者Bが代位弁済者A2に対し受取り済みの金員(債務X相当)を支払った後でも、債務Yについては支払い済み、ということになるのか?

不当利得返還請求の場合、本来弁済すべき債務Xではなく債務Yに充当したことが不当なので、受け取り済みの債務Yへの弁済金を返還します。
なので債務Xも債務Yも残っていることになります。
A2が再び債務Xに弁済するか、あるいはBとの合意により振り替えさせるかは当事者の自由です。
損害賠償請求は、債務Yに弁済されたことによって、債務Xへの弁済がされなかったことになっている、その事実を前提としてA2に生じた損害を賠償するものですから、債務Yは弁済されています。
たとえばA2がAに債務Xの弁済を事前通知していたのにその弁済がなされず、AもA2からの通知を信じて履行期を徒過してしまい、遅延損害金が発生した場合、A2はAから賠償請求を受けますが、A2はその損害をBに請求する、ということになります。
なお、不当利得返還請求でも悪意の受益者は損害賠償義務も合わせて負いますから(704条)、たとえば債務Yの弁済金を取り戻した上で、なおかつ損害賠償請求することは可能です。

2015/5/2 15:42:22

-代位弁済

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ