代位弁済

母親の変わりに7年前に一括支払いで車の購入費用を立て替えはらいまし...代位弁済

通販サイトで、ブラック扱いになると解除されるまでの道のりは、長いですか?

全国銀行協会が設置、運営している個人信用情報機関。
銀行系の信用情報機関。
ブラックリストから消えるには事故の解消から下記の期間が必要となります。
延滞:5年代位弁済:5年任意整理:5年自己破産:10年

2017/4/2 07:43:08

民法501条1号について、代位弁済した保証人が抵当不動産の第三取得者に対して債権者に代位するにはあらかじめ代位の付記登記をしておかなければならないと規定されていますが例えば一般債権者や物上保証人、後順位担保権者が代位弁済した場合は代位の付記登記をしなくても抵当不動産の第三取得者に対して債権者に代位することができるということでしょうか?

(1)法定代位権者が債務者に代わって弁済をすれば、法律上当然に抵当権者に代位します。
民法500条の代位(法定代位)による権利(債権)の移転については、原則としては、債務者その他の第三者に対する対抗要件を必要としません。
(大審院判例昭和2年10月10日)ただ、法定代位権者相互の関係で、優先関係とその要件が501条後段に定められているのです。
(2)一般債権者は、判例(大審院判例昭和13年02月15日・大審院判例昭和17年05月21日)によれば、法定代位権者です。
物上保証人が、「自分が代位弁済したから、○番抵当権者の地位を取得した」という事を第三者(例えば第三取得者)に対抗するには、代位登記で公示する必要があります。
これは、501条1号ではなく、177条の対抗要件です。
(3)物上保証人も、法定代位権者です。
(大審院判例昭和4年01月30日)物上保証人(不動産所有者)が代位弁済した後にその事を黙って(抵当権の付いたまま)第三者に当該不動産を譲渡し、後になって「実は、あなたに売る前に私が代位弁済をしていて、私が○番抵当権者の代位権者です。
」と言うのも変な話ですが、これも、177条の対抗要件を要します。
(場合によっては、信義則違反に問われるケースも出て来るのではないかと思います。
○番抵当権の債権額は売主において承知しているのですから。
)(4)後順位担保権者も、法定代位権者です。
(大審院判例昭和6年12月18日)これも、177条の対抗要件を要します。
第2順位の抵当権者と第3順位の抵当権者が二重代位弁済をしたときの優劣は、先に代位登記を受けた者が勝ちます。
(5)この不動産が競売になった場合に、代位弁済者が配当に際して「債権額計算書」を出しても、代位登記が無い以上、書記官は配当表に代位弁済者を債権者として載せる訳にはいきません。
(便法としては、抵当権者が配当を受け、受領した配当金を代位弁済者に交付するという事になるでしょう。
)又、代位弁済者が抵当権実行をしようとしても、代位登記をしていなければ、代位弁済者が担保権を有する事を証明出来ないので、申立は却下されます。
但し、民事執行法181条3項は、『担保権について承継があつた後不動産担保権の実行の申立てをする場合には、相続その他の一般承継にあつてはその承継を証する文書を、その他の承継にあつてはその承継を証する裁判の謄本その他の公文書を提出しなければならない。
』 と定めています。
(「判決書」まであれば、判決による登記で代位弁済者は代位登記を単独申請出来ますが、登記完了までの1週間ほどを待つ事無く早く申立が受理されるという事にはなります。
)(6)当該抵当権の被担保債権が第三債務者によって弁済され第三取得者が抵当権者(代位権者)になれば、抵当権者=所有者となるので権利混同を生じて抵当権は消滅します。
この場合に、便法として、抵当権者(抵当権の代位権者)と第三取得者との間で、「合意解除」(ないし「抵当権解除」)を登記原因として抹消してしまう事は出来ます。
第三取得者が、登記上の抵当権者に弁済(代位弁済)をして、当該抵当権を(便法により)抹消してしまおうとしたところが、「既に、○さんから代位弁済を受けておりまして、私どもに弁済いただいても、(不当利得かつ○さんに対する権利侵害になるので)抵当権を抹消出来ません」と言われた場合は、被担保債権の移転自体は(1)のとおり、代位弁済者は対抗要件無く第三者に対抗出来ますから、第三取得者は代位弁済者に弁済して、代位弁済者から抵当権者に「抵当権を抹消して構わない」旨の承諾を与えてもらって、抵当権者が抹消書類を第三取得者に交付するという事には なるのでしょう。
(第三取得者としては、「代位登記の代位登記」を求める事は出来ますけれども。
)なお、抵当権者が悪い奴で黙って弁済金を受領し、抵当権を抹消してしまえば、民法177条により第三取得者は○さんに抵当権の抹消を対抗出来ます。

2008/4/12 13:18:08

習い事教室での退会手続きに関して相談です。
あえて実名書きますが、EYS音楽教室というところに7か月ほど前に入会しました。
元々長く続けるつもりはなかったですし、コスパも悪かったので、3ヶ月ほど通いまして、退会したいと申し出ました。
教室からの返答は「直接来校頂かないと退会できないルールになっている」と言われました。
しかし、私は家が遠いので、今日は行くことはできない。
また、翌日から出張に出てしまい戻りが当分先になってしまう為、翌日以降になると月が変わって、さらに1月分の月謝が発生してしまうので、メールでも何でもその日中に退会手続きをさせてほしいとお願いしたところ、「それは規則なのでできない。
とにかく来店して届けを出してもらわないと受け付けられない」の一点張りでした。
私はなぜ、メールで受け入れられないのか?サインでいいならスキャンでもいいし、そこまでして来店して直接サインする事になんの意味があるのか質問しましたが、それが規則の一点張りでして、これ以上話しても無駄だと思い、規定通り翌月分の月謝までは支払って、「電話でも伝えましたが、退会させていただきます。
」というメールを送り、引き落としをストップしました。
それから3ヶ月ほど経ち、本日までの3か月分の月謝の請求書とさらに、「引き落とし出来ない3か月分を払っていただかないと【代位弁済】になります。
また、今回は特別にメールでの退会を認めますので、書類に記載の上お戻しください。
」という案内がきました。
すぐに電話して、なぜ今になってメールで退会届が来るのか?退会届がどうしても必要なら出しますが、お金は出せないと言ったところ、「今回は特別メールで認めます。
お金に関しては、あなたでは埒があかないので、法律家に相談してください」とか言われ、本当に腹が立ってます。
法律の事はよく分からないのですが、これは無視しても良いものでしょうか?

>これは無視しても良いものでしょうか?支払う必要はないでしょう。
実際に教室に行かないと退会できないという退会の規定は、一方的に消費者である質問者さんに不利なものですし、内容も不合理です。
>引き落とし出来ない3か月分を払っていただかないと>【代位弁済】になります。
代位弁済とは、債務者(質問者さん)以外の第三者が弁済して、その結果、支払った人が支払った額を債務者である質問者さんに請求することができるタイプの弁済です。
契約内容が不明なので、相手はどのような意図でこのような主張をしているのか理解できませんが。
いずれにしても、支払いを拒否しておくべきです。
一度払ってしまうと、後で取り返そうと思っても時間も手間もかかりますから。
とりあえず案内や請求書、メールなどは保存しておき、心配なら無料法律相談で弁護士に相談してもよいかと思います。

2016/9/30 21:10:36

家賃保証会社で債権管理に従事してる者です。
入居者の賃料や原状回復費用が未納の際に代位弁済し、債務者に請求をしています。
先日、取引先より退去後の原状回復費用の代位弁済を依頼されました。
ほどなくして債務者の代理弁護士より債務整理受任通知が届きました。
弊社では受任通知が来た時点で特に弁護士との交渉はせずに請求を停止するスタンスを取っており、取引先にその旨を伝え支払能力のない方の代位弁済は行わないと説明しました。
しかし、契約書にはそういった文言は謳ってないと指摘を受け納得のいく説明をするように言われています。
当方が無知で恥ずかしい限りなんですが、契約書に記載はなくとも納得頂く説明はあるでしょうか。
また今回のケースで、契約書に記載する必要がない旨の説明が出来るのであれば是非ご指南頂きたいです。
宜しくお願い致します。

契約書に記載されていないなら説明義務はあるでしょう。
会社のスタンスなら上司にでも確認して、会社としての回答をすべきです。
取引上の信用問題にも関わる重要な事だと思いますので、の意見は参考程度に留めておく方がいいと思います。
取引先からすれば、債務者が債権整理したところで連帯保証人の場合は保証人の債務は消えませんから、その代わりの保証会社に説明もなく弁済できないと言われても納得できる訳がないと思います。

2017/9/14 10:00:20

民法 事前求償権この場合の求償できる範囲は決まっているのでしょうか?

代位弁済しようとしてる額だろ。

2015/11/19 08:01:47

時効中断の効力発生時期物上保証人に対する債権者の競売開始申立てにより競売開始決定され、債務者にその決定正本が送達された場合には、その正本送達時に時効中断の効力が生じる。
また、原債権の担保権実行後に、委託を受けた保証人が代位弁済(500)し、差押債権者の承継申出をした場合、上記承継の申出について主債務者に対して民法155条所定の通知がなされなくても、求償権の消滅時効は、承継の申出の時から不動産競売の手続終了まで中断する。
平成18年11月14日この判例の意味がわかりません・・・・

保証人が、債務者に代位して弁済してから、5年を経過しているので、その「求償権」は、時効で消滅したと、債務者が主張したのに対して、代位弁済してから競売が終了するまでの間は、時効は中断しているので、消滅時効は成立しないと争った裁判で、時効の中断が認められた判決です。
その理由として裁判所が示したのは、「代位弁済による差押債権者の承継があった場合でも原債権の消滅時効について主債務者に不利益は生じない」「原債権は求償権を確保することを目的として存在するものであるから求償権の消滅時効についても当てはまる」というものでした。
承継がなければ差押債権者の債権の消滅時効は中断するのに、差押債権者の承継をしたら、求償権だけが独立して消滅時効は中断しないなんて理不尽ですから、この判決は一般の常識にも合致する、まっとうな判決だと思いますね。
よけい、いみわかんないか・・・

2015/4/28 14:26:40

なぜ時効が5年?
保証人は商人だったのですか?
>

すみません。
至急お解りの方おわれますか!?住宅ローンの仮手続きでOKだったのですが、本審査で通らなかったんですが突然すみません。
住宅ローンの仮手続きが一度、通っている状態から数ヶ月たちましたが、旧自宅を倒し、いざ本審査を開始しましたが、住宅ローンが通りませんでした。
心当たりを考えるとファミマカードの借り入れが数十万残っていたので、まとめて返済したのですが、ETC利用の支払いを忘れ、数ヶ月間滞ってたらしく、代位弁済の通知が届きました。
あわてて数千円でしたが、返済しました。
この場合は、もう住宅ローンはく目内のでしょうか?現在のローンは一銭もありませんが、事情を説明しローンノ本審査ヲウケタイノデスガ・・・。
旧家も解体しましたし、どうすればいいのでしょう??すみません。
お解りの方おしえてくだい。
補足現在も住宅ローンの審査をして頂いてますが、これから審査が通らないず、家が建てられなかった場合、建築申請も降りたし、ローン審査も問題ないので、旧宅の解体をして下さい、と私に指示した住宅メーカーには責任はないのでしょうか?せめて旧家があれば、五年かん待つこともできたのですが

代位弁済は金額に関わらず異動情報として取り扱われるため返済後5年間は個人信用情報に登録されます。
信用情報に異動情報があれば、住宅ローン審査ではNGの可能性が非常に高いです。
旧家の解体等は金融機関にとっては関係ないので恐らく本審査は通らないでしょう。
仮審査が通ってもその後、信用状態が変われば本審査は通りません。
補足読みました。
通常、仮審査が通っていれば本審査も落ちないし住宅メーカーの支持を聞かなければならない責任もあなたにはないので住宅メーカーに非はないでしょう。
住宅メーカーが勝手に解体してしまったのなら責任はありますが。
またローン否決の原因はあくまでETCの支払い忘れです。
住宅メーカーにとってもあなたの家を建てられなくなったことは大きな損害です。
その分儲けがなくなるわけですから。

2012/2/11 19:44:00

根抵当権元本確定請求通知書と記載された配達証明が届きましたが、これには民法398条ノ19により下記根抵当権の元本確定を請求いたします。
と会社所在地が記載してありました。
その他、被担保?債権の範囲として、銀行取引・手形債権・小切手債権と記載されておりました。
私は現在、会社の債務を支払えておりません。
これはその為に代位弁済に入る手続きと理解すれば、宜しいでしょうか?補足ご回答ありがとうございます。
ということは保証協会から請求される物では無く、銀行が単独で私の会社に請求をかけて来たということでしょうか?今後、どのようになって行くのか?もう少し詳しく教えていただけませんでしょうか?宜しくお願いいたします。

元本確定手続き自体は、根抵当権を転抵当する前段階にする手続きですね。
これは、請求では無く、単に根抵当権の被担保債権を確定するものです。
これをしないと根抵当権を移転した時に被担保債権が無い状態になるからです。
代位弁済か債権譲渡が行われると予想されます。
銀行自体が請求するだけならば、競売手続きをすると元本確定されるので、このような手間はかけません。
保証協会がついているならば保証協会の代位が考えられますし、その他債権回収会社への債権譲渡の二つが一般的な金融機関が相手であれば考えられます。

2013/2/13 04:08:35

代位弁済完済後について教えて下さい。
結婚後、ETCカードが作れなかったりして主人に借金がある事がわかりました。
借金当時仕事をしていなかったようで、支払い能力がないと代位弁済の手続きをしたようです。
それから既に数年経っていました。
問い合わせをしたところ返せない額ではなかったので、直ぐに一括返済をしました。
知識がなく返済すればローンが組めると思っていたので、新車を購入しようとしたところローンが通らず…主人の父親名義でも通らず…結局、私の父親名義で購入させて貰いました。
結婚で姓が変わったので、私のクレジットカードの名義変更をしましたが再審査で通りませんでした。
これはいわゆるブラックリストだと思います…完済から2年経ちましたが、この状態は何年続くのか教えて下さい。
主人は現在29歳で年収400万ちょっと。
貯金も200万ほど貯まったので家の購入を考えています。
よろしくお願いします。
補足回答ありがとうございます。
債務整理はしてないようです。
銀行からの借入れ一つで、支払い能力ないと判断があってからは請求がこなかったようです。
借金があるとわかって、借入れのあった銀行に連絡をし支払いました。
支払った日から7年と思っていたほうがいいでしょうか。
よろしくお願いします。

補足に対して信用情報機関にどう載るかは、完全に金融機関の処理なんです。
7年の可能性(貸倒償却処理)もあります。
ただ、代位弁済だとすると、おそらく5年の処理がされています。
その後のことですが、信用情報がまっさらな状態になります。
感のするどい金融機関関係者であれば、今29歳、33になりますかね?5年と考えると。
そんな人間が、クレジットカードの1枚も作っておらず、信用情報がまっさらなのはなぜなのか?という勘ぐりを入れる可能性は否定できませんが…今の年収と貯金であれば、その勘ぐりをひっくりかえすくらいの判断材料になると考えます。
あと数年。
頭金の貯金期間と考えませんか(^^)?-----------------------------------------------元債務整理事務員です。
カテゴリーマスター様の上塗りをするようで、恐れ多いのですが、代位弁済があったということは、支払いができない状況が2ヶ月以上続いたため信用情報に事故登録されたという扱いになります。
その後債務整理されたのでしょうか?それによっては、5年のはじまりがいつなのかズレます。
場合によっては7年の処理をされる場合もありますので。

2013/2/24 23:42:18

母親の変わりに7年前に一括支払いで車の購入費用を立て替えはらいました。
母が毎月返済をしてくれる約束の元、父も自分(母)が払っていけるならと父名義で購入しました。
(母は破産してローンなどが組めませんし、保険なども父名義で家族にしてると安かったので)本題ですが、3年前に私が結婚する為にお金がいるので母に車代の一括支払いをいいましたが返済してもらえなく父が銀行で借り私に返済をしてくれました。
それから1年後(2年前に父、母離婚)し、今、勝手な母から父が財産分与の調停をかけられています。
借金も半分なはずです。
家族関係でも代位弁済は通用するのでしょうか?できるなら法敵に通る 文面を教えていただけたら助かります。
ご解答、宜しくお願いします

別に財産分与であろうがなかろうが、代位弁済に応じるならそれで書類を作ればいいんですよ。
○×車の支払い代金につき、残債の半分を請求された本件において、相手方○○(母親の氏名)の代わりに、○○の長男こと△△(あなたの氏名)が肩代わりして支払うことで和解したい。
なお、和解金額は******円とし、両者においてその後一切の債権債務はないこととする。
なお、支払い期日は調停委員に一任することとしたい。
と書けばいいんです。
調停は裁判じゃないんです。
あくまで、申立人と相手方との話を調整し、調停委員からこうしたらどうでしょうか?と双方に妥協案を持ちかけるためのものであり、納得がいかなければ調停不成立で終わるだけで、TVで見かけるような訴訟の争いで裁判官が判決を下すわけではないのです。
稚拙な文章でも構いません、最低、チラシの裏で手書きでもいいんです。
ようは書いてある内容の問題を精査し、調停委員が相手からこういう主張がありますが、申立人はそれで納得できますか?とお尋ねするだけの効力しかありませんので。

2016/10/18 13:33:03

-代位弁済

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ