代位弁済

中古分譲マンションを購入しようとして、契約時に現状抵当に入ってい...代位弁済

住宅ローンが11月に保障会社にて代位弁済されます、その際 登記簿は差し押さえになるのは判るのですが 所有権が移転されるのは いつでしょうか?競売で買い手と交渉がまとまってからなのでしょうか?今 現在 自宅を売却するとの事で市営住宅を申し込んであるのですが、仮審査時に登記簿が差し押さえ状態でもよいらしいのですが入居前に所有権移転の証明書が必要ですと言われましたので…近日中に弁護士無料相談に行くのですが いち早く知りたいのでどなたか判る方の回答お待ちしております。
カテ違いでしたらスミマセン。

差押、競売開始決定から期間入札までおよそ5カ月~6カ月位です。
入札締切日から7日後に開札、裁判所から許可が下りて代金納付(所有権移転)ができるようになるまで2週間くらい、所有権移転の登記が完了するまで1週間くらいです。
ただし代金納付の期間が1カ月くらいありますので買受人の都合により登記簿の所有権が変更されるのが1カ月くらい前後する可能性があります。
「競売で買い手と交渉がまとまってからなのでしょうか?」とありますが競売の場合、交渉などなく落札者が裁判所に代金納付(残代金納付)を行えば強制的に所有権が買受人に移転します。
代金納付されたか否かはスケジュールが決まっていますので開札後、2週間くらいしてから定期的に裁判所に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

2013/8/25 16:29:00

チップ500枚です。
住宅ローンの連帯債務者です。
他の銀行のカードローンが代位弁済となった場合、住宅ローンの方にも何か支障がありますか?一括返済とかになりますか?

ほかの銀行なら直ちに影響があるとは思えませんが、代位弁済した保証会社が自宅持ちとなれば、押さえてくる(仮差押)可能性はありますね。
そのうえで分割返済を求めてくるでしょう。
職務に忠実な担当者なら当然そうします。
すると、住宅ローンに回せるお金が減るかも知れませんね。
仮差押だけでは銀行も黙っているかも知れませんが、延滞したらすぐ動きますよ。

2016/8/23 21:03:22

親戚(叔母)が住宅ローンを滞納してしまい代位弁済がされてしまうようです。
競売か任意売買を選ぶように話が進んでいるようですが、土地はなくなった祖母名義らしいのです。
住居は叔母名義ですがどうなりますか住宅を競売なり任意売買しても借金残るのでしょうし自己破産も視野にいれる方向で進んでますが、祖母が亡くなってから名義変更していない土地は相続の対象なので借金返済時に処分させられるのですか?相続対象は叔母の兄弟3人です。
そして、住宅が建っている土地も名義変更せず祖母のままのようです。
この場合は競売に関わるのでしょうか?

誰の名義であるかは関係ありません。
亡くなった祖母名義であろうと、法定相続人全員に所有権のある不動産であろうと、それこそ、全く知らない他人の名義であったとしても、叔母の借金の抵当権が設定されている不動産は、全て差押えの対象になります。
住宅ローンであるなら、たぶん土地建物両方とも抵当権が設定されているはずです。
登記簿を見ればすぐにわかりますので、確認してみることです。
そうなると、相続人が叔母以外にいたとしても全く関係なく土地建物一括で競売により処分され売上げ金は借金返済金の一部として没収されます。
任意売却の場合は相続人全員の協力が必要になりますが、たとえ売れたとしても、差押え物件ですので、やはり相続人には配当はありません。
法律上は、それでとばっちりを受けることになる他の相続人は、叔母に対して弁償するよう求める権利、つまり求償権がありますが、財産を失う人に、そんな権利を持っていても無意味です。
抵当物件を売却してもローン残がある場合は、伯母に相続権のある別の不動産があると、そちらも裁判の後に差し押さえられる可能性が極めて高いと思います。
ただし、その場合は、法定相続人などの、共有名義人がいる物件の場合は、共有部分のみが差押えの対象になります。

2013/9/25 07:47:29

銀行で借り入れし、返済困難になり先日代位弁済を保証会社にされました。
間に司法書士に入ってもらい、借り入れ金を一括払いできましたので、2社は一括払いを行い、和解しましたが1社50万程の借り入れ分も司法書士の口座に入金済みです。
しかし、司法書士から1社50万程の借り入れが残っていた銀行の調査表には遅延損害金が30万あると言われました。
利息年率18%だとしても30万はあり得ないと思うのですがどうですか?ちなみに初回借り入れは2年程前で、返済が可能なときには返済していましたが、難しいときは入れていませんでした。
補足補足というか追記です。
銀行の調査表では30万程になっていますが残債50万一括払いで行っても、この遅延損害金は司法書士に入ってもらって任意整理しても発生するものですか?また、和解を行うためにはやはり遅延損害金を支払いしなければいけないのですか?

こんにちは。
利息18%で、延滞利率14.5%だとすると、利息9万円+延滞利子7万円ちょっと、それが2年なので、大体2年で30万円くらいになりますが・・・?taka36140414捕捉に対して消費者金融の場合は過払いがって、利息を引き直した場合、支払い金額が減ることもありますし、延滞金がなくなることもありますが、銀行の場合法定金利でかしつけていますので、交渉に応じる可能性は低いです。
延滞金はこれから発生するのではなく、すでに発生している金額ですので、、裁判になっても支払いが命令される可能性が非常に高いです。
そのように司法書士から説明はありませんでしたか?

2013/4/24 20:56:07

第三取得者は代位できない?第三取得者が債権者に弁済した場合、債務者には求償できるが、その弁済がなくても保証人には請求できない。
債務者へ請求できるなら、代位できてるのでは??と思ったのですが、債権者へ代位できてるんじゃ、、代位を勘違いしてるかもしれません。
なにか認識が違うようでしたらお教えいただけますか。

弁済による代位(499.500)のこと?代位には債権者代位(423)ってのもあるからちゃんと書いて>第三取得者は代位できない?いいえ(567Ⅱ)担保目的物の第三取得者は「弁済を為すにつき正当の利益を有する」(500)>第三取得者が債権者に弁済した場合、債務者には求償できるはい>その弁済がなくても保証人には請求できない?弁済してないなら請求できるはずなし弁済したなら請求できる場合あり(保証の規定に従う)>債務者へ請求できるなら、代位できてるのでは??はい君の言う「第三取得者」が取得した目的物が担保目的物でないなら代位はできない(この場合は第三者の弁済474。
求償はできるが根拠は702)

2017/7/3 22:51:56

住宅ローンについて…住宅ローンについて詳しい方に教えを頂きたいのですが。
恥ずかしながら、事業に行き詰り、銀行の住宅ローンが滞りました。
ずっと放置してしまってました。
半年くらい経ったら、銀行の債権回収会社から連絡があり、一括返済を求められました。
仕方なく任意売却と言う方法で売却を進めておりますが、ここで質問です。
通常ですと、住宅ローンを一括で精算するという事は、繰上げ返済するのと同じですよね。
となると戻し手数料が発生するかと思うのですが如何ですか?繰上げで返済しても長期金利はそのまま取られるなんてありますか?宜しくお願い致します。

銀行の個人ローンは通常利息後取りです。
ですから繰上げ返済しても戻り利息は通常発生しません。
戻ってくるのは、保証料です。
しかも、あなたの場合、既に保証会社が銀行に対して代位弁済し、保証を行使しているので、戻ることはありません。
むしろ、銀行に代位弁済した元金・利息・延滞手数料+保証会社の経費手数料を請求されているのだと思います。
戻し利息が発生するのは、手形貸付や当座貸越等で利息前払いの分です。
事業をされているので、それらと混同されているのでは。

2016/7/13 16:27:13

弁済による代位について。
民法499条(任意代位)、民法500条(法定代位)の制度は求償権を確保するためのものだと、書いてあったのですが、弁済をした人が原債権を取得するのであれば、求償権という権利を考える必要はありますか?取得した債権をそのまま行使したらいいだけで、求償権を持ち出さなくてもいいですよね?そもそも求償権は債権ではなくて、単なる請求権ですよね?

半可通、という感じですね。
求償権は、各種の規定によって発生する債権ですね。
もともと債権を弁済する義務を有する主債務者に代わって、保証人などが弁済した場合に、主たる債務者に対しての求償権が取得されます。
仮に保証人が弁済したのなら、保証人⇒主たる債務者、の求償権が発生します。
じゃあ、代位って何だろう。
誰に代位するのかと言えば、債権者に代位するわけです。
債権者⇒主たる債務者の間にあった債権債務関係が移転してきます。
たとえばその債権者が抵当権を持っていれば、随伴性で抵当権も移転してきます。
上の例では、保証人は求償権の範囲内で、債権者に代位できるんですよ。
何の勉強しているのか知りませんが、勉強するんなら基礎からちゃんと。

2017/7/20 16:46:40

弁済による代位について質問です。
保証人と第三取得者間、保証人と物上保証人間、第三取得者相互間、等の内容はほぼ理解できたのですが、確認したいことがあります。
仮に以下のようなケースだとどうなるのでしょう。
①BはAに対して債務を負っている。
②この債務の保証人として、CDがいる。
③また、物上保証人としてEがいる。
④Bからの第三取得者としてFもいる。
このとき、Cが全額の弁済をした場合…・CとDE間では501条5号に従い処理し、CF間では501条1号で処理をする。
つまり確認したいのは、保証人と物上保証人と第三取得者の三者が同時に登場したケースであっても、「弁済して債権者に代位する者」と「代位により権利を行使される者」の関係を個別的にみていけばよいのか、という点です。
なかなか質問文自体うまく伝わるかわかりませんが、どうかよろしくお願いします。

そうです。
というか・・・・他に仕切り方がありません。

2016/6/6 16:43:18

ありがとうございました。>

個人再生の申請内容は債権者にも公開されるか連帯保証人として債権回収会社に対して代位弁済をしています。
金額があまりに大きいので、今まで家計の事情などを書面などで説明して、分割返済額を少なくしてもらったり返済自体を待ってもらったこともあります。
しかしこのままでは完済のあてがないので個人再生を考えているのですが、実際に個人再生を申請する際に、債権者に対して今まで説明してきた収入や貯蓄の状況に比べ、裁判所への申請の際に申告する正確な内容だと、どうしても実際の収入・貯蓄額が多くなってしまうので、問題にならないかと心配しています。
再生が認められなかったり、最悪の場合、債権者に詐欺として告訴される可能性などはないのでしょうか?教えていただけますと幸いです。

債権者は個人再生手続きの当事者ですので、裁判所に申請すれば、申立書と添付書類の一切を閲覧することができます。
ですから、可能性としては、債権回収会社がそれまで把握していた状況と、申立時点での状況が異なることが発覚する恐れはあります。
しかし、現実にはそこまでして調べることはないと思います。
仮に調べた結果、それまで実際に支払可能な金額より少ない金額しか支払っていないことがわかり、それを民事なり刑事なりで訴えたとしても、飛躍的に大きな金額が回収可能になるわけではありません。
実利が期待できないなら、手間暇かけるとは思えません。
その債権回収会社1社で全債権額の過半を有しているのであれば、その会社が反対することにより再生計画がぽしゃることはあるのですが、そんなことしても回収できる債権額が増加する訳ではありません。
一般的には再生手続きがダメなら破産手続に移行します。
再生手続きでは破産手続で回収できる以上の額を保証していますので、合理的な思考が出来るなら、あえて再生手続きに反対する債権者はまずいないです。

2018/5/30 17:48:12

中古分譲マンションを購入しようとして、契約時に現状抵当に入っている物件となるが、受け渡し時には抵当を外すという契約内容で手付金を払い契約しました。
が、いざ受け渡しになると。


売り主さんが不動産業者で会社の業績が悪く抵当が外せないので、受け渡しを一年後にしてほしいと仲介に入った不動産屋から言われて、一年待っつことも出来ないので契約解除というお話しで進めましたが、一向に仲介に入った不動産屋から連絡ないので、問い合わせてみると、自分で売り主さんからお金を回収してくださいとの事で。


このような場合どうしたら良いのでしょうか?

売買契約書の条文を確認してください。
売主が引渡時に抵当などの権利が抹消できない場合、白紙解約と記載されていませんか。
その場合、この契約は不成立です。
不成立ですので、仲介会社等への支払いは発生しません。
無利息にて手付金等は返還しないといけません。
ここで、売主が文無しで払えない場合、払える者から回収します。
売主業者がダメなら、「仲介会社」です。
理由は、このような事態に備えて仲介業者は「保全義務」があるからです。
それを怠ったためです。
この責任は追及可能ですよ。
さらに、この仲介業者も文無しの場合、所属する団体に代位弁済させることができます。
重説か契約書の所属団体を確認してください。
即、求償をするのです。
団体経由の場合、半年~1年くらいの時間は考慮してください。
正式な認定までに時間が必要になるからです。

2018/6/5 10:36:31

-代位弁済

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ