代位弁済

SMBCコンシューマーファイナンスへ代位弁済中ですが収入がなくなり払...代位弁済

抵当権の持分って何ですか?債権の持分とは別の概念ですか?

抵当権も物権ですから準共有の対象になります。
たとえば、被担保金銭債権の一部譲渡や一部代位弁済では債権は単有になりますが、抵当権は準共有になります。

2016/12/1 08:46:10

助けてください。
H21・2.20に保証協会で代位弁済になり家を仮差押されています。
その後、返済する余裕もなく、1度も返済していません。
先日保証協会の方が来て、仮差押解除をしたいので、署名と住民票と印鑑証明を用意して欲しいと言われました。
素直にサインしてもいいのでしょうか?保証協会の方いわく、「うち以外の借金は時効です。
」と言われましたが、保証協会のも時効でしょうか?どなたか教えてください。

>仮差押解除をしたいので、署名と住民票と印鑑証明を用意して欲しいおかしな話ですね。
債権者が一方的に為した行為を取り消すのに、債務者の協力が必要な筈がありません。
取り下げれば(裁判所が)職権で抹消できるはずです。
何か他の事情があるのでしょうかね?署名する書類の内容(意味)をよく把握することですね。
「うち以外の借金は時効です。
」と言うのですから「うちは時効ではありません」と解釈するのが相当でしょう。

2017/2/2 10:52:45

民法の代位の付記登記について。
A:主たる債務者(甲土地に抵当権設定)、B:債権者、C:保証人、D:第三取得者の場合、①Dが甲土地を取得する前にCがBに弁済した場合は、Cは代位の付記登記が必要。
なぜなら、Dは抵当権者の変更(B→C)を知らない為、Dを保護する必要がある、と記載されています。
②一方、Dが甲土地を取得後、CがBに弁済した場合は、代位の付記登記は必要なく、CはDに抵当権を実行できる、とあります。
②の場合なぜ付記登記は必要ないのでしょうか。

不動産登記には公信の原則が適用されないという点、また取引の安全という点がポイントとなるでしょう。
不動産登記簿に記載されている権利は、それが「存在する物」だと信じてもその信頼は保護されません。
ということは、Dが甲土地を入手する時に登記簿を確認したとして、乙区に抵当権の存在が登記されていたとしても、それは「弁済済み」である可能性もあります。
そして、取引の関係者としては「弁済済みですよ」ということは購入希望者であるDに伝える可能性があります。
しかし、もしかしたら細かい事情(保証人であるCが弁済したので、Cが抵当権を行使するかもしれませんよという事)までは伝えないかも知れません。
だとすると、「細かい事情を追及しなかったDに過失が有る」と言えるかどうか、非常に微妙です。
過失が有るとするなら甲土地を売った(仲介・媒介した)側により大きな過失があることでしょう。
つまり、Dとしては売り手(仲介・媒介した側)を信頼するより他に無く、またその信頼をしたことについてまで「Dに過失が有る」とはいいがたい物があるので、「あらかじめ付記登記をしておけ」という論法になる訳です。
これに対して、すでにDが甲土地を入手したあとに保証人Cが債権者に代位して抵当権を行使することについては、Dは入手した時点ですでに「抵当権の存在」を判った上で買っていたはずなのです。
(そして、抵当権の付いたままの不動産は、たいていの場合二束三文で買いたたかれます)また、Dはその結果生じるであろう「抵当権の実行」の結果を購入時点で推測することができたはずなのです。
売り手(仲介・媒介した側)としてはDが甲土地を取得する時点では「まだ抵当権が存在する」ことを伝えるはずなので、Dとしては「知らなかった」と言う余地がありません。
このためDとしては抵当権の実行について、Cが債権者に代位しても文句を言う立場に立たないのです。

2014/12/9 14:43:42

物上代位権とはどんな権利でしょうか?また差し押さえるとはどんな意味なのでしょうか。

物上代位性とは目的物が売却、賃貸、滅失などによって、「代金」「賃料」「保険金」などに価値を換えた場合、その価値に対しても担保物権の効力が及ぶ性質を言います。
例えば、AがBに100万円を貸したとします。
100万円 A――――→B貸金債権このことで、Aは「Bに対する貸金債権」を有します。
ここで、Aとしては、100万円が返ってこないと困るため、B所有の建物に抵当権を設定してもらいました。
A――――→B \抵当権 B所有建物その後、B所有の建物が落雷で火事になり滅失してしまった。
この建物には火災保険がかけられており、保険金がおりる予定です。
そんな時、抵当権は物上代位性があるため、建物が価値を換えた「保険金」から優先弁済を得られます。
この物上代位を行使するためには、保険金が払い渡される前に差押える必要があります。

2016/11/4 00:44:23

個人 民事再生の住宅ローン特例について、ご教示下さい。
売主の住宅ローンの債権が、代位弁済を受けた保証会社にあり、1ケ月後には、不動産競売申請を予定している状況では、債権者が住宅ローン特例に合意する可能性はあるのでしょうか?債権債務に詳しい方の回答をよろしくお願いします。

抵当権実行の中止命令を申立、これを裁判所が認めたときは競売手続きは中止されて住宅ローン特例を利用できます。
それ以外の方法では中止できません。
最終的に民事再生に同意するかは債権者判断ですが、銀行傘下の保証会社はほぼ同意します。

2015/2/3 09:53:55

お願いします。
諸事情が有りまして、詳しくは書く事が出来ない事をお許しください。
昨年、お金に困った息子がサラリーローンでお金を30万ほど借りた経緯が有りました。
結局、本人に支払い能力が無く、親が代弁しております。
そして、現在、行方不明になっている息子が再びサラリーローンからお金を借りる事を危惧しております。
この場合、なにかしらの方法で借りる事を不可能にする手段等が有れば教えて頂きたいです。
免許証保持者の22歳です。

詳しい内容が分からないので、確実とは言えませんが、御両親が弁済しているという事は、代位弁済という事で事故情報、つまり息子さんはブラックリストに載っているのではないでしょうか?www.adire.jp/blacklist/02how2.htmlローン会社に息子さんに支払い能力が無く、御両親が代わりに弁済している情報がいっているなら、大丈夫だと思います。
心配ならこちらのURLのやり方なども試してみてはいかがですか?www.ypp.info/cresarabank/04_kinnyuu1/108.htm

2015/8/3 14:47:04

弁済により代位をなすべき者が複数で、一人が全額支払って弁済したとき、その人は残りの人にどういった決まりでそれぞれ請求できるのでしょうか?G銀行がS企業に対して一億円の債権を有しており、その担保としてS企業の経営者Aとその親族B及び信用保証協会Cを保証人とし、さらにDの有する3000万円相当の不動産とEの有する2000万円相当の不動産について抵抗権を有した。
Sが履行しないのでGがCに全額請求し全額支払った場合CはAに対して2000万円の範囲で保証債権CからBは同じCからDは2400万円の範囲で抵当権CからEは1600万円の範囲で抵当権これってどういう決まりで金額と権利が決まっているのでしょうか?

ねこのはなです.質問記載のケースにつき、Cが予め抵当権につき代位の付記登記をしていることも記載されているのではないかと思います.連帯保証が通常ですので連帯保証人とします.これらの前提で質問記載の通りとなります.質問のケースは連帯保証人が3名、物上保証人が2名です.民法501条5号6号の適用となります.5号は「その数に応じて」即ち5人、「債権者に代位する」ですので、1億円の5分の1は2000万円となります.AとBは連帯保証人ですので各2000万円となります.「ただし物上保証人が数人あるときは保証人の負担部分を除いた残額について、各財産の価格に応じて債権者に代位する」わけですので、保証人(A、B、C)の負担部分6000万円((2000万円×3人)を除いた残額(4000万円)について、各不動産の価格に応じて(D所有不動産3000万円相当、E所有不動産2000万円相当)債権者に代位すると、Dについて抵当権の2400万円分(4000万円の5分の3)、Eについて抵当権の1600万円分(4000万円の5分の2)となります.民法501条5号6号の定めを適用するだけですので、難しいわけではありません.教科書に説明事例が書いてあると思います.では、物上保証人DとEが連帯保証人も兼ねていたらどうなるのですか.これも教科書に書いてあるはずですので確認下さい.

2016/1/17 18:21:05

信用保証協会より代位弁済を受けていますが、新たな借入は可能でしょうか?信用金庫からの借入金が返済できず、代位弁済を受けています。
保証協会への債務が残っていますが、運転資金を新たに他の金融機関より借入はできますか?

いや、無理でしょでも、担保があれば担保付でプロパー融資は受けられるかもしれませんね信用情報は全ての金融機関が共有しているので信金でダメなら他もダメです。
また、保証協会付きの融資は言うまでもなくムリですこれを機会に事業計画を見ないされてはどうでしょう(代位弁済になっている事で債務は減っていますから事業の見直しをされる良い機会です)仮に個人破たんしても代位弁済については免除されません

2013/5/19 00:05:32

保証協会に、代位弁済金額6000万円+損害金4000万円があります。
月々20000円の返済で話が付きましたが、条件として、自宅(私6:妻4)に私の持ち分に担保設定をすると言われました。
ローン残高より評価額が低いため売却をしないで暫く様子を見ましょうという事になったのですが、担保設定は通常の行為なのでしょうか?拒否することはできますか?また売却や名義変更時に障害になりますか?その他、何か良いアドバイスがありましたらお願い致します。

オーバーローンで一億の借金なら、もはや、返済不可能なのではありませんか?月返済は20万でなくて、2万でいいのですか。
それなら、払っている間は住める家というかんじじゃないかと。
基本的に、あなた方夫婦からみると、どちらにしても、その自宅は債務の弁済に充てられることにはかわりないのですが、債権者からみると、他の借金に最優先して押さえられるというメリットがあります。
あなた方の側では、抵当権がつけられていないほうが、自由に売りやすい、という面はあります。
売却額が債務総額を上回らないと意味ありませんが。
とりあえず、結論を先延ばしにしながら、住めるだけ住む、という状態になるとおもいます。

2009/12/7 11:30:31

SMBCコンシューマーファイナンスへ代位弁済中ですが収入がなくなり払えなくなりました、2012,8.2から月1,5000払ってました。
元金37。
6万円遅延利息27,4万円ほどです。
先月分から払っていませんが今日7月30日に、催告状が来ました。
ほっておいて大丈夫でしょうか?良いお知恵を、お願いします。

下村が憎くてしょうがない

2016/7/30 14:48:11

-代位弁済

© 2020 とりあえず住宅ローンを終わらせたいわ